So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
時事問題 ブログトップ
前の10件 | -

続 アベ川柳 [時事問題]


⑨ 悪法を 次々と産む アベ政治

⑩ 過労死も ギャンブル依存も 自己責任?

⑪ 子どもらや 一家の不幸 など知らん!

⑫ 大金で 開く国会 中身無し

⑬ 憲法無用 軍事同盟 こそ大事!

⑭ 三選で 参戦果たすぞ 米軍と!

⑮ ジミン党 巨悪をかつぐ 小悪党

⑯ コーメー党 悪党の一部に なりにけり

 まったく困ったもんです!

 これだけでも殺風景なので・・・毎日車で眺める田圃の景色です。6月28日撮影
IMGP2821.jpg

IMGP2822.jpg

 駐車できる場所がないので脇道に入って。そこも停めておくスペースがないので、車中より急いで撮りました。
 この暑さでは今年は生育が早いのでは・・・と思っていましたが、梅雨が明けたらしいので、水枯れの心配もありそうです。

 

nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

戦争ホウキについて書こうと思ったのですが・・・ [時事問題]

 ご無沙汰しました、ちょっとハワイに・・・ではなくて、いつものように家事・育児・雑務に追われてました。

 まずは近所の公園のアジサイから(これ17日の写真です)

 なぜかわかりませんが、写真をアップロードできませんので、予定を変更します。

 今朝、寝床で川柳を考えました。

① 外交も 経済もダメ アベ政治

② 圧力外交 どの面下げて 話し合う

③ ウソばかり どこがいいのか アベ政治

④ 加計問題 妻も知ってる 悪だくみ

⑤ トランプに シンゾウと呼ばれ 得意顔

⑥ なあシンゾウ カジノを作れ 儲かるぞ

⑦ 膿出さず 三選するのか 自民党

 以上です。お粗末!





 
nice!(14)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

法案を審議する資格もない人たちが・・・ [時事問題]

 ありましたよ、昨日、熊谷平和市民連絡会の結成総会が。
 その模様をお伝えする前に、今朝がた書いたことがありますので、上げておきます。以下です。


終盤国会、カジノ解禁法と参議院の定数是正法が重要法案で、会期を延長してまでやるそうです。

絶対多数の与党が、法案を提出したり審議したりもちろん採決したりする資格もないのに、なぜないか、向けられている疑念に少しも答えられていないからです、信頼できない人たちだからです。でもそんなことには一向構わず、問題だらけの法律を作り続けています。

ストップ国会!

国会を止めなければいけません、どうすりゃいいの・・・?

国民が大声を上げるしかない?




nice!(10)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

腑に落ちないお役人の仕事 [時事問題]

 今日も家事雑用の多い日でしたが、暗くなって少しばかり時間ができました。
 さて何を書こうかと思ってみると・・・どうも未だに納得がいかないのが大阪地検の下した佐川氏ら不起訴処分です。

 日経新聞5/31は次のように伝えています。

【 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書の改ざん問題で大阪地検特捜部は31日、虚偽公文書作成などの疑いで告発された佐川宣寿前国税庁長官を不起訴(嫌疑不十分)とした。また、売却額を約8億円値引きし損害を与えたとして、背任容疑で告発された迫田英典元理財局長を不起訴(嫌疑なし)とした。財務省職員ら36人も不起訴となり、昨年2月に発覚した問題を巡る一連の捜査は終結。

 告発人は不起訴処分を不服として、来週にも検察審査会に審査を申し立てる方針。

 改ざんがあったのは佐川氏が理財局長だった17年2~4月で、国有地取引に関する14の決裁文書。特捜部は売買契約の内容などが変更されていない点を重視。「虚偽の文書を作成したとまでは言えない」と判断した。

 国有地の格安売却を巡っても、幹部や職員に自らの利益を図ったり、国に損害を与えたりする意図は認められず、背任罪は成立しないと結論付けた。

 特捜部は31日夕、佐川氏ら38人の不起訴処分について報道陣に説明した。大阪地検では通常、不起訴の場合は報道陣への対応をしていない。山本真千子特捜部長は異例の対応について「財務省が文書の改変を公表したことや、世間の耳目を集めていることなどの特殊性に鑑みた」と話した。不起訴処分の詳しい理由は明らかにせず「捜査の内容は答えられない」などと繰り返した。  】

 地検の判断とは別に財務省は内部調査の結果を6月4日に発表しました。その要旨を朝日新聞デジタルは次のように伝えています。(長いのでお読みにならなくて結構です。内部でまとめた調査発表の要旨ということで貴重と判断し、ここにコピーを貼っておきたいと思ったまでのことです。)

【 なぜ改ざん、なお晴れぬ疑惑 森友問題の財務省報告書
         2018年6月4日23時13分

 決裁文書の改ざんが発覚してから約3カ月。財務省が4日に発表した調査報告書は、改ざんに至る詳しい経緯を明らかにした。ただ、身内による調査で、解明されない点も多く残る。改ざんによって隠したかったことは何なのか。国有地の大幅な値引きの経緯は正しかったのか。森友学園との土地取引をめぐる問題の本質は、なお疑惑が晴れぬままだ。

 本件は決裁文書の書き換えと表現してきたが、経緯や目的を踏まえれば「改ざん」が適当だ――。

 1枚目の欄外の注釈にそう書かれた全51ページの報告書。学園との交渉記録(応接録)の廃棄と、文書の改ざんがどんな経緯で行われたかが記されている。

 報告書によると、まず省内で進んだのは記録の廃棄。起点となったのは「私や妻が関係していれば首相も国会議員も辞める」という昨年2月17日の安倍晋三首相の国会答弁だ。

 「総理夫人の名前が入った書類」があるのか。首相答弁の後、理財局の中村稔総務課長は部下の田村嘉啓国有財産審理室長らに確かめた。さらに森友学園との土地取引の記録に出てくる政治家関係者らのリストを作るよう指示した。

 報告を受けた佐川宣寿前理財局長は、交渉記録の扱いは「文書管理のルールに従って適切に行われるものである」との考えを示した。規則では、交渉記録は「事案終了」をもって廃棄できる。売買契約は前年の6月。中村氏は「廃棄するよう指示された」と受け止めた。

 佐川氏の「態度」を中村氏が「受け止め」、指示を出す――。佐川氏が「方向性を決定づけ」、中村氏が「中核的な役割を担った」と報告書が認定したように、その後の改ざんも同じ構図で進められた。

 首相の妻、昭恵氏や元閣僚の秘書らの「形跡」は、情報公開の可能性がある文書にもあった。2015年5月、売却を前提に学園に土地を貸す「特例」に関する2通の決裁文書だ。

 佐川氏は「そうした文書を外に出すべきではなく、最低限の記載とすべきだ」との姿勢を示した。中村氏と田村氏は「記載を直す必要がある」と認識した。

 昨年2月26日、日曜日。理財局で改ざんの具体的な作業が始まった。近畿財務局の職員にも出勤を求め、同様に実行させた。佐川氏は翌27日、2通のほかに貸し付けや売却の決裁文書についても報告を受けると、「このままでは外には出せない」との反応を見せた。

 佐川氏の指示はあいまいだが、報告書は、3月20日には改ざんを認識していたと判断した。佐川氏を交えて改ざんの議論が行われ、そこで佐川氏は「積み重ねてきた国会答弁を踏まえた内容とするよう念押し」していたからだ。

 報告書で浮かび上がるのは、近…

 財務省が4日に公表した、森友学園との国有地取引をめぐる決裁文書の改ざん問題についての調査報告書の要旨は次の通り。

佐川氏が改ざんの方向性 財務省が調査結果、20人処分

はじめに

 森友学園案件に関する決裁文書の改ざんなどについて財務省が自ら調査し、明らかになった事項をまとめた。行政文書を改ざんし、国会などに提出したことは遺憾だ。改ざんした時期には、各種応接録についても、国会などとの関係で極めて不適切な取り扱いがなされた。真摯(しんし)に反省し、二度と起こらないよう全省を挙げて取り組む。

調査の経緯等

 財務省は、計14件の決裁文書(2014年6月~16年6月)について、改ざんしたことを確認し今年3月に公表した。公表以降も職員からの聞き取りやコンピューターに残されたファイルなどを調査してきた。今後、新たな事実関係が明らかになった場合、更に必要な対応を行う。

背景事情

 近畿財務局が13年6月から大阪府豊中市の国有地の取得要望を受け付け始めると、森友学園から小学校用地として取得したいと要望があり、15年5月、貸付契約を締結した。森友学園は小学校建設工事に着手したが、16年3月、大量の地下埋設物が発見されたと近畿財務局に連絡があり、不動産鑑定評価による更地価格から埋設物撤去費用を差し引いた価格で売ることにして同6月、売買契約を締結した。

 この後、豊中市議や報道機関から情報公開請求などの動きがあり、理財局の国有財産審理室は17年2月初旬、理財局長に概略を説明。同9日、「売却額は同じ規模の近隣国有地の10分の1」「同校の名誉校長は首相の妻」などとする報道があった。同13日、麻生太郎財務相に経緯などを説明した。

 同15日に国会審議で森友学園案件が初めて本格的に取り上げられ、同17日に安倍晋三首相が「本人や妻が事務所も含め、この国有地払い下げに一切関わっていない」という答弁をした。

 地下埋設物の撤去費用については同20日、理財局長が国会審議で「相手方が適切に撤去したと聞いている」と答弁。国会議員団が同21日に国有地を視察することになり、理財局は森友学園理事長らの発言で国会が混乱しかねないと懸念。「理事長は出張で不在」との説明ぶりを提案したり、「撤去費用は相当かかった気がする、トラック何千台も走った気もする」という言い方を提案したりした。

 森友学園案件が国会審議で大きな議論となる中、同22日には理財局から菅義偉官房長官へ、取引価格の算定は適正で、首相夫人付や政治家関係者からの照会に回答したが、特段問題になるものではないと説明した。

 国会審議では、個別事案にかかわる質問は担当局長らが答弁することが通例。森友学園案件についても財務大臣に逐一報告せず、理財局長が答弁した。

応接録を廃棄した経緯

 ◇政治家関係者との応接録の廃棄などの経緯

 森友学園に関する応接録の保存期間は財務省で「1年未満保存(事案終了まで)」と定められた。具体的な終期は「売買契約が結ばれて事案が終わった」と考えた職員もいる一方、「当面は保存し続けるのだろう」と考えた職員もいて、認識は統一されていなかった。17年2月以降、理財局は売買契約で「事案終了」にあたると整理し、近畿財務局にも伝えた。

 同月17日の首相答弁以降、首相夫人の名前が入った書類があるか、理財局総務課長が国有財産審理室長と近畿財務局の管財部長に確認した。管財部長は夫人本人からの照会はないことや、夫人付から理財局に照会があった記録はあるが、内容は特段問題となるものではないことを確認した。管財部長は、政治家関係者からの照会状況に関する記録の扱いについて相談し、総務課長は照会リストを作るよう依頼。リストは国有財産審理室長に送られた。

 総務課長は、政治家関係者からの照会に絞り込んだリストを作るよう指示し、理財局長に報告した。その際、理財局長は「応接録の取り扱いは文書管理のルールに従って適切に行われる」という考えだったことから、総務課長は政治家関係者との応接録を廃棄するよう指示されたと受け止め、その旨を国有財産審理室長、管財部長に伝えた。

 近畿財務局は理財局の指示で、紙媒体、電子ファイルの応接録を廃棄した。理財局でも応接録の廃棄を進めたが、サーバー上の共有フォルダーには、廃棄されずに残された電子ファイルもあった。

 ◇森友学園側との応接録の廃棄の経緯

 同月22日、国会議員から学園側との応接録の存否について確認があった。翌23日には、一部政党から学園関係者との接触記録について、「無いなら無い」と書面で出すよう要求があり、理財局は「事案終了」と整理していたため、24日に「そうした記録はない」と書いた書面を出した。

 同日の衆院予算委で、理財局長は「売買契約に至るまでの学園側との交渉記録はございません」「面会等の記録は(中略)16年6月の売買契約締結で事案が終了しているので、記録が残っていない」と答弁した。

 この答弁までに、総務課長と国有財産審理室長は、学園関係の応接録が実際には残っていることを認識していたと認められる。理財局長は実際の存否を確認しないまま、保存期間が終了した応接録は廃棄されているはずだと認識していたと認められる。答弁後、理財局長から答弁内容を踏まえた文書管理の徹底について念押しがあり、総務課長は残っている応接録があるなら適切に廃棄するよう指示されたと受け止めた。

 文書管理を徹底すべきだとの趣旨は、管財部長に伝えられた。管財部長は部内職員に「廃棄せよ」と具体的な指示まではしなかったが、「適切な文書管理を行うべきだ」という旨を繰り返し周知した。これを受け、応接録の廃棄が進められた。他方、個々の職員の判断で、手控えとして残された応接録も存在した。

 ◇廃棄されなかった応接録の取り扱い

 17年3月以降には財務省職員を刑事告発する動きが報道され、同5月には東京地裁に証拠保全の申し立てが行われ、それ以上の廃棄はされなかった。

 会計検査院の検査で、廃棄していない応接録などを提示するよう繰り返し求められたが、理財局は、国会審議などで存在を認めていない文書の提出に応じることは妥当でないと考え、存在しないと回答し続けた。情報開示請求も相次いだが、「文書不存在」を理由に不開示決定をした。

 理財局は17年7月、理財局長が交代するなどの人事異動があったが、転入してきた幹部職員には、応接録が廃棄されずに残っている実態は説明されなかった。

 ◇売買契約を結んだ後に作られた応接録について

 売買契約を結んだ後も、近畿財務局と森友学園側のやりとりの応接録を作ることがあった。17年2月9日の報道以降、同13~14日にかけて報道対応を相談した際も、詳しい応接録を作った。これらも「1年未満保存」の文書で、終期は「16年度末」とされた。

 3月15日の衆院財務金融委員会で、国会議員から2月8日以降、数日間の学園側との接触記録を出すよう求められた。総務課長は管財部長に「位置づけをよく整理しなければならない」と相談した。近畿財務局側は、応接録を「作っていない」「廃棄済み」とするのは無理があると考え、報道対応に関する13、14日付の応接録を提出した。

 ただし、作成済みだった応接録は中身が詳しすぎることから、要旨に圧縮した応接録を作り直し、理財局経由で提出した。

決裁文書の改ざんなどの経緯

 ◇「特例申請」「特例承認」の改ざんの経緯

 森友学園案件に関する決裁文書のうち、理財局が作ったのは、貸し付けの特例承認の決裁文書(特例承認)の1件。15年4月30日に電子決裁が完了した。残りは、近畿財務局で作成され、紙媒体で決裁された。

 近畿財務局と理財局の国有財産審理室長が対応した17年2月21日の国会議員団との面会を受けて、対応者の間では、貸し付けの特例申請の決裁文書(15年2月4日付「特例申請」)と「特例承認」などでの、政治家関係者の記載が問題となり得ることが認識された。理財局の国有財産審理室長から総務課長に問題提起があり、両者から理財局長に報告された。

 理財局長は文書の位置づけなどを十分に把握しないまま、そうした記載のある文書を外に出すべきではなく、最低限の記載とすべきだと反応した。理財局長からそれ以上の具体的な指示はなかったが、総務課長と国有財産審理室長は文書の公表を求められる場合に備え、記載を直す必要があると認識した。この認識は国有財産企画課長にも共有された。

 「特例承認」は2月26日の日曜日、理財局の国有財産審理室長と配下の職員が国有財産企画課長にも報告のうえ、政治家関係者からの照会状況などが記載された部分を削除するなどした。「特例申請」も同日、国有財産審理室の職員が近畿財務局管財部の職員に書き換えを行うよう指示した。近畿財務局は、管財部次長と統括国有財産管理官以下の職員が作業をした。

 「特例承認」は電子決裁が完了した文書で、システム上で更新する権限は一部職員にしかなかった。国有財産審理室長らは、更新処理をどのように行えばいいか分からず、それ以上の処理はしなかった。その後、文書管理担当者権限を設定されたアカウントであれば更新できると知り、4月4日夜、権限がある国有財産審理室の職員にログインするよう依頼し、この職員のコンピューターを借りて作業した。この職員は改ざんをまったく知らなかった。

 ◇「貸付(かしつけ)決議」「売払(うりはらい)決議」の改ざんの経緯

 「特例申請」の書き換え指示が行われた2月26日、理財局の国有財産審理室長と配下の職員は近畿財務局に対し、貸し付け決議の決裁文書(15年4月28日付「貸付決議」)や、売払決議の決裁文書(16年6月14日付「売払決議」)の、経緯が記された部分の短縮化などを指示した。

 当時、理財局には、遠からず決裁文書の公表を求められ、国会審議などで質問の材料となりかねないとの認識が共有されていた。このため2月27日、国有財産企画課や国有財産審理室から理財局長に「売払決議」の内容を報告した。理財局長は「このままでは外には出せない」と反応したため、配下の職員の間で記載を直すことになるとの認識が改めて共有された。また、理財局長から総務課長や国有財産企画課長に「担当者に任せるのではなく、しっかりと見るように」との指示があり、両者は記載内容を整えた上で理財局長の了解を得ることが必要になると認識した。

 3月2日の参院予算委で、国会議員から森友学園案件に関する決裁文書を提出するよう要求があった。このため、国有財産審理室の職員が決裁文書の送付を求め、近畿財務局はスキャンして同月6日から8日にかけて本省に送った。理財局ではまず「貸付決議」「売払決議」について総務課長、国有財産企画課長らが検討を始め、8日にかけて理財局次長、さらには理財局長に、複数回にわたって検討状況が報告された。

 7日未明、国有財産審理室の職員から近畿財務局に「貸付決議」などの書き換え案が送られたが、この段階では小幅な書き換えにとどまっていた。その後、理財局長を含めた議論を踏まえ、8日にかけてまずは「売払決議」の作業を先行して提出・公表する方針とともに、貸付契約までの経緯の記述を全て削除するほか、国交省大阪航空局の対応状況を削除するなど、更なる書き換え案が近畿財務局に示された。

 近畿財務局の統括国有財産管理官の配下職員は改ざんへの強い抵抗感があり、理財局からの度重なる指示に強く反発し、8日までに管財部長に相談した。理財局の総務課長と近畿財務局管財部長も相談した結果、近畿財務局の統括国有財産管理官の配下職員にはこれ以上作業に関与させず、理財局が国会対応の観点から作業をするなら一定の協力をすると整理された。

 理財局では「売払決議」の書き換え内容について3月20日の祝日、理財局長を含めて改めて議論することになった。その際、理財局長から、2~3月に積み重ねた国会答弁を踏まえた内容とするよう念押しがあった。遅くともこの時点までには理財局長も、決裁文書の書き換えを認識していたと認められる。翌21日までに売り払いに至る経緯を加筆した案が作成され、近畿財務局に共有された。「貸付決議」についても同じ作業が必要になることは、理財局の幹部職員の間で認識され、20日に理財局長も含めて議論した上で、書き換え案が近畿財務局に共有された。

 だが、近畿財務局側では統括国有財産管理官の配下職員による反発が強まっていた。理財局では決裁文書の書き換え案として近畿財務局に送った内容がどの程度反映されているのか、確認できない状況が続いた。

 理財局の総務課長から理財局長に対して4月上旬、近畿財務局側には強い抵抗感があると報告された。理財局長は必要な書き換えは行う必要があるとの反応だったため、総務課長から国有財産審理室長や近畿財務局の管財部長に対し、最低限、政治家関係者からの照会状況の記載とそれまでの国会答弁との関係が問題となりかねない箇所については書き換えが必要であることが伝えられた。国有財産審理室長から近畿財務局管財部次長に対してもこの内容が伝達された。

 近畿財務局管財部次長は4月8日の土曜日、理財局の指示を踏まえた作業をした。その上で同月10日、国有財産審理室長と管財部長に報告をした。国有財産審理室長から理財局総務課長にも報告がされた。

 ◇その他の決裁文書の改ざんの経緯

 予定価格の決定についての決裁文書は15年6月、当初添付されていたメモが抜き取られた。この文書は森友学園理事長から情報公開請求を受けており、理財局の国有財産業務課との相談内容が記されたメモを開示することで、森友学園側から理財局に働きかけが行われることを懸念した。

 近畿財務局は政治家関係者に関する記載の取り扱いに問題意識を持ち、理財局とも相談した上で、「特例申請」のほか、別の決裁文書の冒頭にもあった「鴻池祥肇議員からの陳情案件」との記載の削除を行った。

 理財局で、一連の改ざんの過程で理財局長まで相談した決裁文書は「貸付決議」「売払決議」。事後的な報告は「特例申請」「特例承認」だった。残る文書については、総務課長も十分認識しておらず、これらの文書との整合性を確保するため、国有財産企画課長にも相談しながら、国有財産審理室長や国有財産審理室の職員が作業を進めた。

 ◇国土交通省大阪航空局と共有していた決裁文書の取り扱い

 大阪航空局との間で、近畿財務局が作成した「貸付決議文書」などの決裁文書の一部が共有されていた。

 17年3月以降、会計検査院が森友学園案件の会計検査を行うことが決まり、理財局の国有財産審理室の職員は国土交通省航空局に対し、大阪航空局から会計検査院への資料提出の時期や、すでに提出しているのなら近畿財務局の文書が含まれているかを照会した。未提出との回答があった。

 4月下旬頃、航空局から近く会計検査院に資料を提出すると連絡があり、理財局の国有財産審理室の職員が国土交通省に出向いて、近畿財務局が作成した決裁文書の差し替えを行った。だが、国土交通省側では差し替えを行った資料ではなく、別途準備していた資料を会計検査院に提出したため、結果として財務省と国土交通省から、内容の異なる文書が提出された。

 ◇改ざん後の決裁文書の取り扱い

 近畿財務局は会計検査院の求めに応じ、4月21日、改ざん後の決裁文書を提出した。5月上旬には会計検査院から財務省と国交省が提出した文書の内容に相違があると照会があった。国有財産審理室は総務課長らと相談し、財務省から提出されたものが最終版であると回答するよう、近畿財務局の担当職員に伝達した。

 情報公開請求に対して改ざん文書を最初に開示したのは5月2日。同月8日、参院予算委理事会に改ざん後の文書を提出した。

一連の問題行為の総括

 ◇問題行為の目的

 応接録の廃棄や決裁文書の改ざんは、国会で森友学園案件が大きく取り上げられる中、さらなる質問につながり得る材料を少なくすることが主な目的だった。国会対応を担う理財局が近畿財務局の文書を十分把握しきれず、精査する余裕がなかったことも影響した。

 保存期間が終了した応接録は廃棄するとされていたが、実際には残っていた。国会議員から確認を受け、本来は残っているものは提出し、質問には丁寧に答弁すべきだった。だが、理財局長は存否を確認せず、ほかの幹部も国会が紛糾することを懸念して、保存期間を終えた応接録は廃棄したと説明するにとどめた。

 理財局長以下の幹部は、決裁文書の作成目的に照らして必要な記載は残すとしつつ、政治家関係者からの照会状況に関する記載など決裁内容に直接関係がなく、国会で厳しい質問を受けかねない記載は含めない▽森友学園を優遇したと誤解され、さらに厳しい質問を受けかねない記載は極力含めない▽理財局長の答弁について誤解を生じさせかねない記載は極力含めない――といった考えで改ざんした。

 理財局長は17年2月下旬以降、審議をさらに紛糾させかねない対応は避けるべきで、資料を提出する前には中身をよく精査すべきだと指示していた。他方で、近畿財務局が作った文書の位置づけや全体像を正確に把握しておらず、誤った判断の一因になったとも考えられる。

 理財局の次長、総務課長、国有財産企画課長、国有財産審理室長らは改ざんにためらいはあったが、決裁文書には、決裁に不要な情報が多く含まれていると考えた▽改ざん後の文書であっても決裁の本質的な内容が変わるものではないと考えた▽連日の国会対応で職員が疲弊し、議論の材料を増やしたくなかった――ことなどから、改ざんを止められなかった。

 近畿財務局では、応接録の廃棄が必ずしも徹底されず、決裁文書の改ざんにも多くの職員が反発したが、主に管財部長や次長が理財局の立場をおもんぱかり、作業に協力した。

 ◇問題行為の評価

 国権の最高機関である国会への対応として、決裁文書を改ざんし、提出したことはあってはならない対応だった。決裁を経た行政文書について、事後的に誤記の修正などの範囲を超える改ざんをしたことは、公文書管理法の趣旨に照らしても不適切な対応だった。

 応接録の取り扱いも、国会への対応として不適切だった。保存期間が終了した応接録を廃棄すること自体は法令に基づく取り扱いであり、幹部職員からその徹底を求めることに問題はない。だが、国会審議などで存否が問題になった後に廃棄を進め、存在しないと答えたことは不適切だ。

 会計検査院に残された応接録の存在を明かさず、改ざん後の文書を出したことも不適切だった。会計検査が参院予算委員会の要請で行われていることを踏まえれば、国会との関係でも問題のある対応だった。情報公開請求に対して応接録を「不存在」と答え、改ざん後の文書を開示したのも不適切だった。

 ◇理財局における責任の所在の明確化

・当時の理財局長=停職3カ月相当。応接録廃棄や文書改ざんの方向性を決定づけた。全般の責任を免れない。

・当時の理財局次長=戒告。一連の問題行為を承知しており、監督責任は免れない。

・総務課長=停職1カ月。理財局長に最も近い立場で中核的な役割を担った。

・当時の国有財産企画課長=減給20%(3カ月)。総務課長とともに改ざん作業を事実上監督した。

・当時の国有財産審理室長=減給20%(2カ月)。理財局長や総務課長の下で配下職員と改ざん作業をし、近畿財務局にも指示した。

・近畿財務局長=戒告。近畿財務局の管財部から報告を受ける立場で、監督責任がある。

・管財部長=戒告。理財局総務課長や国有財産審理室長との調整役を担った。全体像を把握しており、監督責任が認められる。

・管財部次長=戒告。理財局との調整役を担った。全体像を把握し、改ざん作業にも従事した。

・当時の統括国有財産管理官=口頭厳重注意。理財局の指示で、配下職員と一定の改ざん作業に従事した。

 ◇理財局の現幹部の責任

・現理財局長=文書厳重注意。問題を認識していた職員が配下にいながら有効な対応をできず、問題の公表が遅れた結果責任がある。

・現理財局次長=口頭厳重注意。問題を認識していた職員が配下にいながら有効な対応をできなかった。

 ◇理財局職員・近畿財務局職員以外の責任

・当時の事務次官=減給10%(1カ月相当)。事務方トップとして理財局長らを適切に指揮すべき立場で、監督責任を免れない。

・当時の大臣官房長=文書厳重注意。国会対応や文書管理に責任を負う立場で、一定の責任は免れない。

その他の決裁文書に関する調査

 ◇本省の調査結果

 17年度中に電子決裁された2万878件のうち124件(0・6%)は決裁後の更新履歴が確認された。うち120件は誤記の修正などで、2件は修正について改めて決裁を取っていなかった。残る2件は別の決裁済み案件に追加・差し替えを行う形で処理しており、不適切だった。職員2人のほか、直属の上司と秘書課長を「口頭厳重注意」とする。

 ◇財務局の調査結果

 17年度中に電子決裁された16万9708件のうち、436件(0・3%)について、決裁後の更新履歴が確認された。434件は誤記の修正など。残る2件は不適切な取り扱いだった。

再発防止に向けた取り組み

 ◇国有財産の管理処分手続きの見直し

 取引にかかる基準の明確化や価格の客観性を確保することが重要。18年1月、財政制度等審議会国有財産分科会で、「公共随契を中心とする国有財産の管理処分手続き等の見直しについて」がとりまとめられた。

 公共随契のすべての事案で、契約金額の公表や見積もり合わせを実施することや、地下埋設物の撤去費用などは国自らが見積もることはせず、価格の減価が大きい場合には有識者による第三者チェックを実施するなど見直しをする。

 ◇公文書管理の徹底、電子決裁への移行加速化、コンプライアンスなど

 公文書管理については、17年末に内閣府のガイドラインが見直され、財務省でも18年4月に行政文書管理規則と細則を見直した。今後は幹部も含め、総合的な研修を行い、電子決裁への移行を加速する。修正が必要な場合は決裁の取り直しを原則とするなど、決裁ルールの見直しを検討する。内部統制は内外のベスト・プラクティスを踏まえ、専門家の意見を参考にしつつ、態勢整備を進める。時代にふさわしい財務省の仕事のやり方や価値観の持ち方について、取り組みを進める。  】

 以上で引用は終わりです。


 一応事実関係を抑えておくため長い文章を引用させてもらいましたが、細かいことはともかく、この膨大な出来事は何なのですかね。
 森友問題では「私や妻が関係していれば首相も国会議員も辞める」という昨年2月17日の安倍晋三首相の国会答弁が起点となって、加計学園問題では「2017年1月まで加計学園の獣医学部新設計画を知らなかった」という総理発言が不可侵の基準となって、これほど多くの国家公務員が長期にわたり、過去の記録を調べ直し、修正し、廃棄し、また、それがだれのどのような指示で、あるいはだれがどうその指示を受け止めたことにより、何がどう書き換えられたり廃棄されたりしたのかが仲間内で調べ直され、責任者を処分するという収拾策が綿密に練られ・・・これはみな何か国民のためになることなのですかね? ことの全体が総理発言が元の国政の無駄、国家公務員の無駄使いではありませんか。

 これらがすべて不起訴とは、それを判断した地検も含めて、国家とは壮大なる無駄としか言いようがないではありませんか?

 ってことを是非一度は言っておきたいと思って・・・。

 では本日のおまけの写真です。

 また窓辺にムクドリが・・・
IMG_4890.jpg

IMG_4891.jpg


 ビワの木にオナガが
IMGP2743.jpg

IMGP2744.jpg

 このあとビワを大きめのだけいくつか採って食べました。まだちょっと酸っぱかった!

 柿の木にアメリカシロヒトリが
IMGP2747.jpg

 さっそく枝を切り捨てました。

 ヒロの会のチケットを作りました、B4色画用紙に8枚プリントします。
IMGP2749.jpg


 今日もお付き合いありがとうございました。

nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

不正タックルは政界も同じ! [時事問題]

 以下は今朝、早起きし過ぎて書いたものです、途中までですが。

 例のアメフット不正タックル問題、乗りかけた船ですからその後に触れますが・・・

 一昨日日大アメフット側が記者会見しました。謝罪会見ではありましたが、責任を潔く認めるものではなく、もっとも認めると刑事事件の責を負うことになりますからね、言葉巧みに責任の所在を誤魔化す会見でした。
当然、会見を受けた記者からは質問がたくさん出ます。それに対して納得のいく答が出されるどころか、司会者が強引に質問を遮り、質疑を打ち切る形となりました。

 そんな、しても意味のない会見をしたことにより、今は、日大アメフト部の指導体制の問題から日大そのものの体制が問われ始めました。
 まったく日大ってどんな大学なんだ?と。

 ちなみに、朝日新聞デジタルは
「大学の不誠実さ知らしめた」日大教職員組合支部が声明
5/24(木) 19:24配信

【 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で、日大選手が関学大選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大教職員組合文理学部支部は24日、声明を発表した。アメフト部の内田正人前監督らの会見について「司会者の不遜な態度を含め、大学側の不誠実さを広く世に知らしめた」と批判している。

 声明は今回の問題を「競技反則のあり方にとどまらず、大学法人本部の危機管理能力欠如を露呈させている」と指摘。法人本部に対し、再発防止や抜本的改革の明言▽経緯解明と再発防止のため第三者独立委員会の立ち上げ、などを求めている。

 同支部の初見基支部長は「前監督の会見以降、これまでよりもさらに、指導力や管理のまずさが露呈していると感じる」。学生の中には就職活動への影響を懸念したりする声もあるという。「学生たちに、今回のことで萎縮することはなく、こうやって動く教員もいることを伝えたいという気持ちもある」と話した。(円山史)・・・】
との記事を掲載しています。

 今朝のTBSTVより
IMGP2653.jpg


 以下は、夜書いています。

 今日は日大の学長さんの会見が開かれました。本件に直接関わりのある人ではないので、教職の責任者として無難な謝罪の会見だったと言えると思います。
 どうも問題がありそうなのは、経営者の組織、つまり金と人事を握る理事会のようです。詳しいことは知りませんが、かなりブラックなワンマン経営の可能性があります。そこからあのようなダーティなスポーツ指導が行われたと見ることができるようです。

 日本大学といえば、日本最大級の高等教育機関ですからね、輩出している卒業生も、現役大学生も多いですし、様々な学会を通じて日本中の学問研究の多くに関与していますから、影響力は大きいですよ。この事件をきっかけに、理事会の膿まで出されて、浄化されるといいですね。

 この件はそんな思いで見ていますが、ここ数日、世界が、また日本の国会が大きく動いていますね。

 米朝会談の開催が怪しくなってきました。トランプさんは、核攻撃の可能性も持ち出しているようです。あり得ないことです。脅すだけでも、大国のやることではありません。話し合いのテーブルで話し合わなければいけません。核攻撃力で物事を決しようというのは、あまりにも理不尽、稚拙に過ぎます。
 まして、隣国日本が、そんな強硬策を支持するようでは、とても平和外交をモットーとしている国とも思えません。

 国会は「働き方改革」法案が、今国会の最重要法案だそうで、その成立に向けて激しい攻防が行われています。あれほど嘘答弁で疑惑を隠し通している政権に、新法を作る権利が、資格があるのでしょうか?

 アメフットの反則タックルどころではない重大な被害を国民に与えているのですよ、苦しんで自殺している人までいるのですよ。反則タックルみたいに分かりやすい映像こそありませんが、森友へ与えようとした優遇措置、加計だけに与えた「国家戦略特区」、都合の悪い書類は廃棄させたり改竄させたり、セクハラもパワハラも理解しない感性の政治家が役人を統括していたり・・・日本の政治の現状は、毎日あちこちで不正タックルが行われているようなものですよ。

 怪我をさせられて半身不随になる前に、ルールを守る監督、コーチに変えようではありませんか、新法どころではありませんよ!

 本日は以上です。
 以下はおまけの写真です。
IMGP2629.jpg

IMGP2630.jpg

 また巣作りを始めたようです。


nice!(11)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

加害選手記者会見:エリート官僚と雲泥の差! [時事問題]

 夕方のTBSの番組より拝借
IMGP2651.jpg

IMGP2652.jpg


 そう、宮川選手の記者会見がありました。これ3時ごろ、生でじっくり見ちゃいました、市内の病院の休憩室で。
 病院の用事は、C型肝炎の治療の件です。その後に触れてなかったので簡単にご報告を。
 8週間、高額の薬を月1万円の負担で毎日呑み続けます。3月4月に服用しました、私の場合は毎夕食後に。これといった副作用もなく、6週ぐらいでC型ウイルスはマイナスになったと先生はおっしゃってました。完治したのだと思います。今は一月間隔で血液の状態を経過観察しているところです。

 さてさて、その診察も終わり出口に向かっているときに、休憩室のテレビが、記者会見の模様を映していました。
 まだ始まったばかりのようで、弁護士がこれまでの経緯と記者会見の場を設けたことの意図を話していました。
 その後、宮川選手が相手選手とその関係者、及び関学関係者に深々とお詫びをし、あのようなラフプレーをしてしまった経緯を語りました。その後質疑応答となりました。終わりまでは見られず途中で席を立ちました。

 そこで受けた印象ですが、彼が追い詰められてあのタックルをやってしまったこと、やったあとの後味の悪さ、謝罪しなければいけないという相手選手への思いなど、心境の変化が、実によく伝わる会見でした。監督やコーチの言動に影響されてやってしまったことではありますが、すべてを周囲の人間のせいにしようとするのではなく、それに左右されてやってしまった自分の心の弱さへの反省も十分に感じられる会見でした。

 あれだけ激しい身体のぶつかり合いをするアメフットの選手は、さすがに気持ちもしっかりしているんだなと、そんな思いも浮かびました。そんな選手たちを集めて指導する監督・コーチが、なんと本末を転倒していたことか、その悪辣さを改めて感じました。
 それにしても、要領に走らず、よく真相を語ることを選んでくれたものです、この二十歳の青年は。

 大人の世界は、エリートの紳士(の恰好をしている人)が、(20日TBS時事放談より拝借)
IMGP2639.jpg

IMGP2635.jpg

IMGP2634.jpg

IMGP2636.jpg

IMGP2637.jpg

 こんなザマですからね。前川さんぐらいなものですから、政府関係者で真相を語ろうって人は。自殺者まで出しても、しらばっくれちゃおうというのですから、宮川選手を見て、襟を正しましょうよね!心打つ会見をしなければダメですよ!

 本日は以上です。
 ご訪問に感謝します。みなさまのご感想もお聞かせください。
nice!(15)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

不祥事続くスポーツ界も政界の影響! [時事問題]

 「最終盤の国会、与党は委員長「職権」連発 野党も対抗」(朝日新聞デジタルより)

【 与党が重要法案の今国会成立をめざし、委員長による「職権」をてこに審議を加速し始めた。野党は、早くも担当閣僚への不信任決議案を出して対抗する。会期末まで残り1カ月あまり。来週には最大の対決法案である働き方改革関連法案の衆院通過に向けた山場を迎える。最終盤の与野党攻防が幕を開けた。】
 だそうです。

 ジョ、冗談じゃないよ、妻が名誉園長していて明らかに関与していた森友問題の責任はどうなっちゃったんだ?総理も議員も辞めるはずの人が、未だに「重要法案」を通そうってか?
 加計問題も、内閣府幹部が現地視察の際、加計学園の車を使っていた問題が新たに追加されたじゃないか、どう見たって総理親友の加計ありきの「国家戦略特区」騒動じゃないかい!

 こんな泥まみれの汚い政権をジミン党はまだ何の反省もなく支持し続けるのか? こんな歴史を刻んで恥ずかしくないのか、罪の意識はないのか、ジミン党員は?コウメイ党員もイシンの党員も?


 話は変わるけど、最近スポーツ界に不祥事が時々起こります。

 今は日大アメフットの関西学院戦での危険なタックルが問題になっています。テレビで何度か見ましたが、あれは本当にひどい。あんなふうに虚を突かれて強烈なタックルをくらったら、腰椎や脊椎を損傷して下半身付随などの重大な障害を起こしかねません。これはもう傷害事件ですよ!

 その原因が、なんと監督の「壊してこい」という指示にあったというのです。

【 問題の悪質なタックルは日大・内田監督の指示とされる。日大広報部は完全否定しているものの、新事実が明らかになった。

 アメフト専門誌「HUDDLE」(電子版)は17日、「日大蛮行プレーは監督とコーチの指示 複数関係者が証言」と題する記事を掲載。それによれば、内田監督は6日の関学との定期戦の前日に当該選手に対し「試合に出場したかったら、1プレー目で相手のQB(クォーターバック)を壊してこい」と指示。試合開始直前にも同監督から再度、同様の指示を受け、さらにコーチからも「やらないというのはないからな」と念を押されたという衝撃の内容だ。  】
 と日刊ゲンダイDIGITALは伝えています。

 スポーツの指導者ともあろう人がルール違反の危険なプレーを選手に命じたり、勧めたりするようなことは、そう滅多にあることではないでしょう。そのスポーツがスポーツとして成り立たなくなってしまうからです。

 そうは言っても、コーチや監督が勝つことに夢中になるあまり、反則ギリギリのラフプレーを選手に要求するようなことはたまにはあるのかもしれません。しかしそんなことが発覚した時は、当事者もそのチームやそのチームが所属する団体も、速やかに反省・謝罪をするものです。

 しかし今回は違います。この内田正人という人物は、単なる日大アメフット部の監督ではありません。日本大学の幹部で、同大の保健体育事務局長や人事部長などを兼務。昨年9月からは常務理事を務めており、田中英寿理事長の側近の一人でもあるのです。

 この人、一介のスポーツクラブの監督さんではないのです。大きな団体のお偉いさん、権力者なのです。

 少し前に、女子レスリングの伊調馨さんに対するパワハラ問題がクローズアップされました。加害者として指摘された、伊調さんの元コーチの栄和人という人も、一介のレスリング選手のコーチではありませんでした。レスリング協会の強化本部長をしており(当時)、至学館大学(愛知県)で谷岡郁子学長から強い信任を得ている人でもあるのです。

 こうしたことが、あり得ないほど強引な選手への威嚇となって表れているのです。
 このように一つの社会で権力を持った人たちが、利己的な思いや偏見を周囲に対するはばかりもなく行なってしまう事件・事案は、今までにそうあるものではありませんでした。首を傾げたくなるようなことが最近起こるのは、他でもありません、一国の総理大臣のやっていることがそうだからなのです。

 力のある人が、周囲をはばかることなく思いを実現している様を見て、己が思いを大胆に実現すべく行動を起こしてしまう巷の権力者が増えているのではないかと思われます。

 権力を持った人はそれで自分の思いを叶えようなどと思ってはいけません、高い地位にある人ほど、公正・平等を志さなければなりません。

 こんなことは、まったく当たり前の心掛けだと思うのですが、こんなことをテーマにブログ記事を書かなければならない、ちょっと情けない時代が続いているんですよね、早くなんとかしなければ・・・

 おまけの写真を少々
 麦秋です。毎日(月~金)麦畑を見ながらバイトに通っています。だんだん穂が出てきたなと思ったら、もう色づいてきました。
IMGP2614.jpg

IMGP2615.jpg

IMGP2616.jpg

 ヒバリも鳴いていましたが、姿が見えず写しようがありませんでした。

 代わりにムクドリの親子です。近所で繁殖したようです。
IMGP2624.jpg

 網戸越しで空が背景のためシルエットだけ!

 本日は以上です。ご訪問に感謝します。

nice!(24)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

総理秘書官の義理人情 [時事問題]

 一昨日ヤナセ元総理秘書官の参考人招致がありました。
 簡単に言えばお粗末極まりなかったですね。報道ステーションのコメンテーター氏は「語るに落ちるってヤツですね」と言ってました。まったく同感です。

 ただそれにしてはヤケに落ち着き払って言葉遣いも丁寧で、自信に満ちているという感じでした。そこが気を引きました。
 態度が堂々としていたので、上司を守る役人の鑑を世に示したつもりなのかなあと思ってしまいました。また見ている人がそう感じて感心してしまう恐れもあるなあと思った次第です。

 でもそれは、大いなる勘違いですよね。
 あんな答弁は、折角ですけど、やはり恥でしかありませんよ。
 なぜかと言えば、幾ら何でも嘘がバレバレですからね。
 加計の代表者と会ったことはあるが、その時に随行者として愛媛や今治の関係者がいたという認識がなかった!?
 総理秘書官ともあろう人が官邸で人と接見するのに、相手が誰だか知らなかった!
 いくらついてしまった嘘の言い訳にしても、こんな言い訳が通用するはずがないではありませんか。

 加計の問題は総理に一切報告をしていなかったというのも、秘書官が総理の分身としてしている仕事を報告しないはずがないではありませんか。
 明らかに「知らなかった」という総理発言を意識した口裏合わせです。

 誰が聞いても信じられないことを平気で堂々と言えるのは、当人は内心、それなりに正当化しているからなのでしょう。それは「秘書官としての務めを果たす」ということ、しかもその手本を示すという誇りさえあるのかもしれません。
 義理人情、浪花節の世界を思わせます。

 義理人情、浪花節の世界がまったく悪いということではありません、心打つことも時にはあります。ですがそれは、弱者が強者に対するとき、あるいは正義が理不尽に対するときです。
 時の総理を庇うのに見え見えの嘘をつきまくるということに褒められる要素は何一つありません。権力と一体となった悪あがき・見苦しさしかありません。孫子のためにも(もしいるなら。いないならご先祖様のためにも)一日も早くそのことに気づいて、これまでの詭弁を潔く認め、それこそ堂々と謝罪すべきです。

 偉そうなことを言ってしまいましたが、一介の庶民の目にもそう見えているということを明かしておきたかったのです。

 世界が大きく動こうとしているときに、日本の国会はいつまでこんな体たらくなのでしょうか?言っておきますが、これにこだわる野党が悪いのではありませんよ、明らかな不正が正せない政権と与党が悪いのです。見過ごすことはできないのです。こんな政権が、憲法改正をやろうとしているのですから、先には進めません。

 美しくない話を書いてしまいましたので、今朝、旬の薔薇を撮影してきました。
 薔薇って次から次へと咲くので見ごろは長いのですが、一つひとつの花の見ごろとなると「花の命は短くて・・・」なんですよね。

IMGP2548.jpg

IMGP2550.jpg

IMGP2551.jpg

IMGP2554.jpg

IMGP2559.jpg

IMGP2560.jpg

IMGP2561.jpg

IMGP2562.jpg


 どんな薔薇園かとお思いでしょう?実は道路端
IMGP2557.jpg

IMGP2563.jpg

 もっと引くと・・・
IMGP2564.jpg


 以上です。ご訪問に感謝します。あと「埼玉県信連」さんにも m(_ _)m

 そうそう追伸となりましたが、gonntan さんの次の記事
 http://lotus2245.blog.so-net.ne.jp/2018-05-08
 お時間ありましたら是非ご覧ください。日本の政治の無責任さと閣議決定の恐さが書かれています。



nice!(17)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

アンマンで憲法改正に触れるアベ総理 [時事問題]

 日経新聞デジタルによると

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 首相、憲法改正で「自衛隊を明記」議論の深まり期待
【アンマン=重田俊介】安倍晋三首相は1日午後(日本時間同日夜)、訪問先のヨルダンの首都アンマンで開いた内外記者会見で、憲法改正について「平和主義をはじめとした基本原則を変えるつもりはない。そのうえでわが国の独立と平和を守る自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打つことは、今を生きる政治家の責務だ」と強調した。
96958A9F889DE1E2E2E6EBE2E2E2E2E3E2E7E0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXMZO3005067001052018000001-PB1-3.jpg
 1日、ヨルダンの首都アンマンで記者会見する安倍首相=ロイター

 今後の国会での改憲論議については「党内の改憲議論はいよいよ煮詰まってきている。今後、憲法審査会で建設的な議論が深まっていくことが期待されている。スケジュールありきではなく、まずは議論が深まっていくことが大切だ」と語った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 国内では党首討論もせず逃げ回っている感のある総理がまたまた外遊、中東ヨルダンにまで出かけ、首都アンマンで気炎を上げたようです。

 首相の改憲への熱意は揺らいでいないようでなかなか立派です!と思う人もいるのでしょうが、この人に憲法をいじる資格はありません、絶対にいじらせてはいけません、と思う人も多勢います。

 さてどちらが正解か、つまり日本のためか・・・?

 総理は、改憲にこだわる理由・必要性として二点を挙げています。
 一つは
「わが国の独立と平和を守る自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打つこと」であり、もう一つは
「自民党は結党以来憲法改正を党是にしてきたこと」です。

 前者については「今を生きる政治家の責務だ」とまで言っています。確かに災害派遣にせよ国際貢献のための海外派遣にせよ、危険を伴う重要任務です。これを遂行する部隊について憲法に規定がないということは、我が国の法制度上の課題です、と言えば、説得力があります。
 どういう性格の部隊であるかを明記して、憲法に規定を設ける必要はあるのかもしれません。

 しかし、アベ総理は、憲法改正を待たずに集団的自衛権の行使を認める新安保法制法を国会で成立させました。これによって、自衛隊は米軍と共同で戦闘行為を行う軍事組織であることがはっきりしました。既成事実を作った上で、憲法改正を断行しょうとしているのです。
 そんな自衛隊を憲法に明記することは、明らかに、憲法9条の一項・二項と矛盾します。

 明らかに矛盾する条項があってもこの人たちはまったく構わないのです。後から承認された条項が優先するのです。そうでなくても、矛盾する規定がある場合、権力者は自分に都合のいい規定を採用するのです。
 そういう力を持っているから、相反する規定の存在は何のブレーキにもならないのです。

「平和主義をはじめとした基本原則は変えるつもりはない」と言っていますが、既にやっていることが平和主義から逸脱している人です。改正されないで残った憲法は、体裁のための美辞麗句に過ぎないでしょう。

「自衛隊を明記するために」は、それが一番通用しそうだからという判断に基く口実に過ぎないでしょう。


 もう一つの理由「結党以来の自民党の党是」は、そんなのジミン党の内輪の問題ですからね、党員と支持者に対して言うべきことであって、遠い異国から国民に向けて言うことではありません。
 それに、アベ政権以外で、このことを熱く訴えたジミン党政権がありましたか? むしろ、選挙のたびに争点にしないできたのです。書いてはあるけれど触れないできたのです、長い間。それをにわかに持ち出すとは、党内にも異論がたくさんあるはずです。

 以上昨夜書き始めたことなので、取り敢えず載せます。
 おまけの写真は後日。ご訪問に感謝します。

nice!(13)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

アベ降板の知らせはまだないようですが・・・ [時事問題]

 アベさん降板の知らせは今日はまだないようですが、しかしまあ、カチカチ山のタヌキの乗った泥船状態になってきましたねぇ。そろそろみなさん降りはじめますよねぇ、このままでは一緒に沈んでしまう・・・

 今日の写真は、時事問題ということでテレビ画面のスクラップです。まずは昨夜のTBS、この番組より
IMGP2285.jpg

IMGP2274.jpg

IMGP2275.jpg

IMGP2276.jpg

IMGP2277.jpg

IMGP2283.jpg
 これ映像はボケてますが、字幕がいいでしょう?
IMGP2288.jpg
 ある意味、アベさんのトボケ答弁の師匠ですけどね、見放しましたね

 続いて今朝のTBS時事放談より
IMGP2290.jpg

 故野中広務氏の追悼番組でした。
IMGP2292.jpg

IMGP2294.jpg

 野中さんについては、権力の中枢にいたときは狸っぽく思っていましたけど、降りてからハートの熱い平和主義者だということを知りました。
 野中氏の遺したメッセ―ジは、
① 戦争は絶対にしてはいけない
② 沖縄には特別な愛情を注がなければいけない
③ 政治家は、誇りと責任(誠意?)と勇気を持つべし
 とのことです。古賀さんと藤井さんが目を潤ませながら語っていました。司会の増田さんだけがニコニコしていました。ミスキャスト?

 昨夜からニュース番組にカメラを向けることが多かったのですが、それは国会前の抗議活動の報道をスクラップしたかったからなのです。しかし、NHKの7時をはじめ、その映像には出会えませんでした。報道管制が敷かれていたのでしょうか?
 国会がウソで塗り固められようとしている状況では、住民の意思表示こそが政治を動かす大事な要素と思うのですが、メディアのみなさんは、その辺りをどうお考えなのでしょうか?

 本日は以上です。ご訪問に感謝します。

nice!(16)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 時事問題 ブログトップ