So-net無料ブログ作成

願っていません? [ブログ交流で学ぶこと]

今日の記事は完全受け売りです。仕入れ元は gonntan さん。
https://myoeiji.blog.so-net.ne.jp/2019-05-04

【 2019年4月30日、生前退位を行なうために執り行われた「退位礼正殿の儀」において、「国民代表の辞」として挨拶した安倍総理が、上皇上皇后両陛下に対し、「末永くお健やかであらせられますことを願って”いません”」と言っているように聞こえると話題になっている。 】(ゆるねとにゅーす)
と紹介しています。陛下の御前で、また国民注視の中で「願っていません」では・・・?

下記のサイトの動画で確認してみました。
https://yuruneto.com/abe-negatteimasen/

確かに、少し口ごもって二度読みした後「願っていません」と言っているのです。ライブで見ていたような気がするのですが、その時は気付きませんでした。

何故気付かなかったかというと、あの人、日本語の発音がクリアじゃないんですよね、もともと。こう言っているんだろうと補って聞いているものだから、ここでも「願ってやみません」と聞いちゃったんだ思います。

gonntan さんは、原稿が「已ません」となっていて、それが読めなくて前を読み返し、仕方なし「ぃません」と読んだのではないかと推測されています。

そう言われてみると、確かにそれが真相のように思われます。

総理や副総理の漢字が読めないことはかなり有名なことです。私は人の能力は千差万別なので、その足りないところをあげつらうことはしないほうが良いと思っていますから、積極的にはしていません。

しかし、これは読めないという能力ではなく、大事な原稿の下読みをしていなかったという怠慢の現れではないかと思います。あるいは、それ以前に、そもそも、公務に30年間務められて退位される天皇陛下に、国民を代表して述べる言葉を、自分で考えなかったのか、側近に原稿を書かせ、それを棒読みしただけなのか?

うやうやしく振舞っておきながら、実はその程度の配慮しかしないのか?

これは我が国総理の重大な欠点、非難されて当然の人柄の欠陥ではないかと思った次第です。

広く皆さまに検証していただきたいと思い記事にしました。

おまけの写真を2枚。ツツジとバラです。

DSC00153.jpg


DSC00161.jpg



nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感