So-net無料ブログ作成

憲法改正?良さもわからぬ奴が何を言うか! [日本考]

5月3日の憲法記念日を素通りしてしまいました。何をしていたかはおまけの写真が掲載できたら明かそうと思います。

以下の【 】の文はkazg さんの昨日の記事です。
https://kazsan.blog.so-net.ne.jp/2019-05-04

【 昨日の憲法記念日、アベ首相が、改憲派集会へビデオメッセージを寄せ、「2020年に改正憲法を施行する目標を堅持していると明言した。」と、今朝の地元紙「山陽新聞」一面は伝えています。そしてアベ発言のポイントを要約して紹介し、さらに続けて、「同じ集会に出席した公明党の遠山清彦憲法調査会事務局長は「公明党は加憲の立場から積極的に憲法議論に参加する」と語った。集会には日本維新の会、希望の党の幹部も出席した。」としています。

この集会で、下村博文・自民党憲法改正推進本部長が、同党の改憲4項目を「是非、憲法審査会で発表したい」とし、「7月の参院選で憲法論議をさらに前に進める」と、参院選の争点にする姿勢を表明したそうです。

本当に争点として正々堂々と議論するというのなら、望むところ、受けて立ちましょう。「9条改憲NO!」「安倍政権退陣」を求める草の根の国民の声とちからを大いに発揮する好機ですから。(中略)そして、直面する参議院選挙こそ、改憲策動に終止符を打つチャンス。

でも、またいつかのように、選挙期間中は憲法の「ケ」の字も表に出さず、詐欺的な争点隠しで票をかすめ取り、選挙後に「国民の信を得た」などとふんぞり返る得意芸を、またまた繰り返すおつもりではないでしょうな。

荻生田幹事長代行の「消費税引き上げ延期」や「衆参同日選挙」に言及した発言など、一個人の独走、勇み足とも思えませんから、柳の下のどじょうをねらったアベさん本人の瀬踏みかもしれませんね。

いずれにしても、改憲勢力は、「令和」への改元をも政治利用しながら、虎視眈々、時機をうかがって、動きを強めていることは間違いありません。 】

と、警鐘を鳴らしています。

日本国憲法は、それ以前の大日本帝国憲法が、天皇が国民に下した欽定憲法だったことに比し、極めて民主的で画期的な憲法です。

戦争に負けたことがきっかけで、その反省に立ってできた憲法ですから、保守派は変えたくて仕方がないようです。一方改革派は、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義という三本柱を備えた、いわば願ったり叶ったりの憲法ですから、堅持せねばと思っています。

憲法に関しては保革のネジレが起きています。憲法に限らず、今のアベ政権は、戦後日本が守ってきた規定を大幅に逸脱して国家主義的改変をしていますから、保守ではなく、急進です。急進ですが、進歩ではなく、退歩、反動です。

この動きを改革派が食い止めようとしています。変えようとしている保守と、変えさせまいとする改革です。

時代が後戻りしているときは、こういうことが起きますよね。保守が今の善さを保とうとするのではなく、失われた過去を奪回しようとしています。

隣国を植民地化し、さらに兵を進め、アメリカとも開戦して惨憺たる結果に終わった政治体制のどこに回帰する価値があるというのでしょうか。

日本国憲法ですが、これを理想として金科玉条のごとく、守り通せば良いとは、私は思いません。どんなに良いものでも完璧ということはありません。不適切な表現や不十分なところはあるものです。また、時代背景が変われば、新たな条文が必要にもなります。

どうすればもっと良くなるか、絶えず検討する必要があります。ですが、今の与党の改憲論はまったく趣旨が違います。政権側が、国民の権利を制限し、国家の権力を増大させようとするものです。

参議院議員選挙がこの夏あります。どんな争点ぼかしや、改憲の趣旨ぼかしをしてくるかわかりませんが、反動改憲派に断念させるくらいの選挙結果を出したいものですね。


以下はおまけの写真です。
5月3日、ぐずついた天気が数日続いていたのに、この日ばかりは朝からからりと晴れたよい天気でした。
あの先進的な憲法の記念日でもあったのですが、たまにはどこかに歩きに出かけようと珍しく夫婦で気が合い、車で出かけました。
赤城方面に行ってみようということになりました。
前橋方面から登ればよかったものを、たまには違う道を上がってみるかと赤城神社の方から登りました。
そうしたら道は狭く坂は急、カーブの連続で、えらいこっちゃのドライブでした。

大沼より数十メートル高い小沼に着きました。上着を持たないで行ったら風もあり、少々寒かった。
P5030471.jpg


ここを一周することに
P5030470.jpg


右から左回りに
P5030462.jpg


一周1.5キロくらいの沼ですが、さざ波が立っていて湖の様。
P5030463.jpg


ちょうど反対側辺りには、雪が残っていました。寒いわけです。
P5030465.jpg


足下にセツブンソウでしょうか?
P5030466.jpg

P5030466tr.jpg

P5030467.jpg


P5030468.jpg


以上です、取り急ぎ。


nice!(13)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感