So-net無料ブログ作成

加害の事実から目をそむけずに(平和のための戦争展より) [たまには photo news]


 午前中、ちょっと時間ができました。今、関東は嵐の前の静けさです。 
 先日の戦争展に展示されたパネルをできるだけ内容が伝わるようにご紹介します。と言っても、写してきた写真をトリミングするしかないので、判読しづらいとは思いますが・・・

 今日は「加害の事実から目をそむけずに」がテーマです。目をそむけたくなるようなむごいことを、他国の人たちに対して、軍部の命令の下、やってしまいました。

IMGP3780trr.jpg

IMGP3780trr1.jpg


IMGP3780trl.jpg

IMGP3780trl1.jpg


IMGP3781trl.jpg


IMGP3781trr.jpg


 今日のパネルのご紹介は以上です。以下はおまけの写真です。

 緑のカーテン、すごいですね、3階まで届いています。
IMGP3749.jpg
 運動会でお邪魔した某小学校
 生地は朝顔。大輪です。葉っぱも大きい
IMGP3750.jpg


 校庭の片隅にとんぼ池が
IMGP3752.jpg

IMGP3755.jpg

 ほんとうにトンボが飛んでいました。飛んでいるところは撮れませんでした。
IMGP3756.jpg

IMGP3762.jpg

IMGP3761.jpg


 子どもたちを、将来、戦地に送ることがないようにしたいですね。
 いつまでもこんな環境で育てたい。
 沖縄の子たちも、静かな環境で育ってもらいたい。。。

 本日は以上です。

nice!(18)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

平和コンサートと平和を指向するパネル [たまには photo news]

 パソコンのご機嫌が直ったようで、今日は漢字が出ます。

 この記事、昨夜取り組み始めたのですが、退院する人の準備が昼間まだ何かとあり、眠気に負けて途中で止めました。そのため、「一昨日の出来事」となりました。

IMGP3913.jpg
 平和のための埼玉北部戦争展の2日目です。

 平和コンサートが予定されています。さっそく階上の会場へ。
IMGP3916.jpg

 もうみなさんお揃いでした。
 右側に、日本国憲法の前文がしっかり掲示されています。(提供・9条の会 熊谷)
IMGP3915.jpg
 (良いことを謳っているんですけどね、私は出だしの文句がひっかかるんですよね、ブツブツ・・・)

 またお兄様がお出でになっていました。ニューヨーク在住のジャズピアニスト氏。
IMGP3917.jpg

IMGP3919.jpg
 ご兄妹の共演です。ぶっつけ本番の緊張感がたまらない!
 シェルブールの雨傘、ムーンリバーなどを演奏してくださいました。

 いつものコンビ登場!
IMGP3921.jpg

 録音して、さあどうぞお聴きくださいってできればいいんですけど、残念ながらできません。そこで、どんな曲が会場を流れたか、プログラムよりご紹介しますので、想像なさってください。

IMGP3928.jpg

 ギター伴奏とフルートから流れ出るメロディーを聴いていると、オー、命の洗濯って感じがしてくるんですよね! 曲間のトークがまた面白い、天然で?

 ついで佐藤さんが作詞作曲をされた平和賛歌「くまがやの街で」
IMGP3931.jpg

 歌詞はご覧のとおりです。曲はギター氏のアイディアも入っているそうで、変化があってなかなかいいですよ。
IMGP3935.jpg
 お姉様の歌唱指導もありました。
 ヒロさんの公演の時のコンサートでも披露してくれるのでは?

 ここで第1部終了、小休止の後、第2部 「みんなで元気に歌いましょう」
IMGP3937.jpg

 第2部の主役はこの方
IMGP3937tr.jpg

 御歳93歳だそうで、話術が素晴らしい。模造紙に後ろまで見えるように大きく書かれた歌詞はおばあちゃまが書かれたそうです。背景の戦争展のポスターの絵もおばあちゃまが描かれたそうです。
「この歳になると、字でも絵でも、恥でも、なんでもかいちゃうんですよ」ってケロっておっしゃってました。
 で、みんなで歌った歌は
IMGP3928tr.jpg


 おばあちゃまの書かれた歌詞を映しますので、ぜひ口ずさんでみてください。
IMGP3938.jpg

IMGP3940.jpg

IMGP3941.jpg

IMGP3942.jpg

IMGP3943.jpg

IMGP3945.jpg

 途中から歌唱指導の応援に加わった方は、フルートさんの夫殿
IMGP3947.jpg

IMGP3948.jpg

 撮影位置を変えて見ました。おばあちゃまの鍵盤を叩く手が捉えられるかと思って
IMGP3950.jpg

IMGP3954.jpg

IMGP3955.jpg

IMGP3958.jpg


 これにて、年に一度の山下家&佐藤家総出の平和コンサートは終了となりました。素晴らしい音楽一家が京都やニューヨークからはるばる集まって、心優しい音楽とユーモアで熊谷人・埼玉人の心を満たしてくれたことには心から感謝するばかりです。来年はもっと広い会場を借りないと入りきれないかも・・・


 階下の展示物を少々ご紹介します。
IMGP3961.jpg

IMGP3962.jpg

IMGP3963.jpg

IMGP3964.jpg

IMGP3965.jpg

IMGP3966.jpg

IMGP3967.jpg

 
 これはほんの一部で、他にも力作がたくさんあります。カメラに収めた分はついては、折を見てご紹介いたします。

 本日は以上です。お付き合いいただきありがとうございました。

nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

へいわのための さいたまほくぶせんそうてん と・・・ [たまには photo news]


 へんかんきのうがこわれたようなので、かなもじばかりですが・・・

 けさからのしゃしん、とってだしです。
IMGP3766.jpg
 これがきょうとあしたあるのです。
 おちかくのかたはぜひおでかけください、ということでいそいできじにしています。
 10じかいかいしきのまえ、パネルはすでにはりおえ、じゅんびもしあげのだんかいにはいっていました。
IMGP3767.jpg

IMGP3768.jpg
 じっこういいんちょうのやまぎしさん
IMGP3769.jpg

IMGP3770.jpg

IMGP3771.jpg
 こんな とうたさんのコーナーもありました。
 そのまえできねんしゃしん?
IMGP3776.jpg


 パネルはどれもだいじなきょうみぶかいテーマですが、かいかいしきのようすをさきにおみせします。
IMGP3788.jpg

 かいかいしきはおくがい、へいわのかねのしたでおこなわれます。
IMGP3792.jpg

 じっこういいんちょうさんのおはなし。
「けんぽうかいせいに せっきょくてきなかたが ひきつづいてそうりになるようですが、けんぽうについては よくしらないひとが おおいんですね。これをきかいに まずは けんぽうについて しっかりべんきょうしましょう・・・」
IMGP3793.jpg

 へいわのかねを ならすひとが きょうはいませんでした。かねのねなしで いっぷんかんのもくとう。
IMGP3795.jpg

IMGP3797.jpg

 みなでがっしょう。まずは「あおいそらは」
IMGP3798.jpg

 つづいて 「つばさをください」
IMGP3800.jpg

 かいかいしきはいじょうです。しつないの パネルにもどります。

 ひらがなのかいせつは じゃまくさいでしょうから ぬきでいきます
IMGP3774.jpg

IMGP3773.jpg


IMGP3780.jpg

IMGP3781.jpg


IMGP3777.jpg

IMGP3782.jpg

IMGP3783.jpg

IMGP3784.jpg


IMGP3785.jpg

IMGP3786.jpg

IMGP3787.jpg


 まだまだきょうみぶかい てんじぶつは たくさんあるのですが きょうは もういっかしょ いくところがあるので これにてしつれいしました。 ごきょうみのあるかたは ぜひ あした いってみて ください。かいじょうは、くまがやしやくしょわきの ちゅうおうこうえんの なかにある りょっかセンターです。


 もういっかしょとは
IMGP3803.jpg

 とあるがっこうの うんどうかいです。まごはまだ ようちえんなので まごとは かんけいないのですが・・・おまけのしゃしんということで・・・
IMGP3837.jpg

IMGP3890.jpg

IMGP3910.jpg


 コスモスがさいていました。
IMGP3846.jpg


 さいごまで かんじがでませんでした。あれこれ いじっている ひまがないので そのまま うっちゃいました。 よみづらくて <(_ _)>

nice!(14)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

「『核で報復をされる』これが抑止力になる」と言う総理の思考回路 [日本考]

一つ宿題が残っていましたね
「『核で報復をされる』これが抑止力になる」という総理のご発言について。

いわゆる核の戦争抑止力ですが、これが核保有の最大の理由になっています。これは口実に過ぎないのか、真に抑止効果があるのかですが、核保有国同士の全面戦争が起きにくくなっているという点では、実際に抑止効果があると認めてよいと思います。

戦争は止むに止まれぬ国家間の事情があって始まるものと思いますが、軍隊同士の交戦は開戦を決める国の中枢が国の意思表示として決めやすいものと思われます。現場の職業軍人だけのリスクで戦闘は行われますから。

一方、相手国が核兵器とミサイルを持っている場合には、リスクが国全体、政治組織にまで及びます。つまり開戦を決める自分たちにまでリスクが及びます。このことが開戦決定のハードルを高くしていると思われます。

その意味で「『核で報復をされる』これが抑止力になる」という総理発言は外れてはいないと思います。これは、誰でも思いつく当たり前のことです。総理様がわざわざ仰るようなことではありません。

問題は、この考えの欠点は何か?ということです。戦争は人々の犠牲が多いので避けたいのです。国力はいろいろな面で競えますから、何も殺し合いで競うことはありません。

その殺し合いを避ける手段が、殺傷力の格段に高い核兵器を持つこと、これでいいのですか、矛盾はないのですか?ということです。

こんな考えを認めたら、世界中の国が核武装しますよ。世界は事故があったら莫大な被害の出るプルトニウムなどの製造工場と、製造されて使われるのを待つ核爆弾と、その使用命令を出す核のスイッチボックスで満ち溢れますよ。

これが世界平和への道ですか?
国の安全への道ですか?
誤使用から、あるいはスイッチボックスの盗難から、人類破滅への道に繋がりませんか?
災害や想定外の事故から国が自滅することになりませんか?

とにかく、危険なものをたくさん持つことが人類の平和と安全への道だという思考回路は、悪魔の誘惑ではありませんか?
そこを考えることが、一般庶民より賢いはずの国の総理大臣の仕事ではありませんか?
まして日本は二度にわたって被曝を体験し、毎年平和を祈念する催しを行なっている国ですよ。

「『核で報復をされる』これが抑止力になる」という一面の真理で、だから当然我が国も核保有を目指す、非核三原則などという国是を掲げるのはいじましいことだという主張は、日本の総理の発言としてはチョー論外なんですよ。

この稚拙な発想は、周り中が指摘して止めなければいけない危険な発想です。あと3年も総理総裁の椅子に座らせて(昨日そう決まったようですが)日本は、世界は大丈夫なのでしょうか?

危険因子は、隣国ではなく自国の中枢にありはしませんか?


nice!(16)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の終わりの大仕事、ではなく小仕事 [たまには photo news]

 くくりは photo news ですけれど、news 性はありません。
 それに大仕事ではなく、考えてみれば小仕事でした。

 まずは朝顔、いつもながらピントイマイチですね、可憐です、小さいんです。
IMGP3578.jpg


 半年怪我で入院している人が退院することになりました。
IMGP3580.jpg

 二間続き、奥の6畳に寝ていたのですが、トイレの近い手前の部屋に寝るようにしたほうがいいだろうと、ケアマネさんから注文が出ました。奥にあったベッドはもうへたっていたので既に廃棄しました。
 手前の部屋
IMGP3579.jpg
 ここの片づけがミッションです。
 でも奥の一角から
IMGP3583.jpg

 奥の部屋の右側です。とにかく物持ちなんです。
IMGP3584.jpg

 左側窓下が片付きました。
IMGP3586.jpg

 そこに移動することによって、奥の一角が片付きました。
IMGP3587.jpg

 そこに手前の部屋から棚を一つ移動しました。中身を降ろさないと重くて運べませんでした。
IMGP3589.jpg

 棚が一つ、抜けました。9月2日のこと。独りで疲れたので、この日はこれにておしまい。

 次いで9月6日、神さま仏さま SUN FIRST さまが手伝ってくれたので、この日はだいぶはかどりました。
奥の部屋は
IMGP3613.jpg

 手前の部屋は
IMGP3612.jpg


 さすが神さま仏さま、やりかけでは気分が悪いと9日にまた手を貸してくれました。
 その前に朝顔
IMGP3611.jpg

 6畳すっかり片付けて、履き掃除
IMGP3614.jpg

 その後ご持参の簡易フローリングを敷き詰めて
IMGP3615.jpg
 寝室出来上がり。

 13日に介護用品のレンタル業者が来て
IMGP3644.jpg

 置き型の手すりも、出入り口やトイレに設置していきました。

 翌14日、病院で、病院の相談員さん、看護師さん、リハビリ担当の人二人、ケアマネさん、レンタル業者の人、ケアセンターの人二人、親族、計9人で退院後のプランニングについて会議をしました。みなさん心配し過ぎでは?と思うほど、細かく心配してくれました。介護のプロなんだなあと思いました。


 なんとなく息の詰まるような話だったでしょうから屋外の写真を何枚か
IMGP3631.jpg
 
 またアッシーでオーサトーブに行ってきました。
IMGP3634.jpg

IMGP3637.jpg


IMGP3639.jpg

IMGP3643.jpg

 瑞穂の国ですねぇ!

nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

いじましい? [日本考]

 5日もご無沙汰してしまいました。お伺いするほうも滞っています。申し訳ありません m(_ _)m
 いい歳をしてまだ自分の時間を上手に作れず苦戦しております。
 今日はちょっとばかりできました。取り急ぎ、これは捨て置けないぜってことに触れます。

 それは、我が国宰相の
「こんないじましい文章を66年間もよく大切に拝んできましたよね」と
「『核で報復をされる』これが抑止力になる」という majyo さんのところでお目にかかったご発言です。

 どちらもとても堂々と言える議論ではありません。それを首相ともあろう人が堂々と言っちゃっているのです。
 こんなお考えを放っておいていいものかどうか・・・? マスコミの皆さん、国民の皆さん!

 まず前者から。いじましい文章とは日本国憲法のことです。特に前文や九条を指していると思われます。
 戦争に負けて強制的に変えさせられた憲法ですからね、押し付けられて、不承不承受け入れた憲法という面もないわけではありません。

 しかし、大半の国民がこの「いじましい文章」を半世紀以上「大切に拝んで」きたのです。それは厳然たる事実です。
 それはなぜか?

 作らせたアメリカの洗脳も働いていたかもしれませんが、そんな工作よりも、戦争に懲りた日本人のそれまでの国のあり方に対する反省があったことは間違いない事実です。私は戦後の人間ですが、親たちの世代からそれは十分伝わってきました。国民の多くが、戦後の体制を喜んで受け入れたのです。

 天皇と臣民という国のあり方、思想信条・表現の自由のなさ、大陸に軍隊を派遣し軍事力で国益を得ようとする姿勢、国民の命と生活を顧みずただ奇跡が起こるまで戦争を続けようとした指導者の決断力のなさ・・・こうしたことの反省が重々働いたことは間違いありません、また当然のことです。

 大日本帝国憲法は改める必要があったのです。戦勝国に押し付けられたいじましい憲法だと受け取る人は、戦前を、あの戦争を肯定している人たちです。当時生きていれば戦争を推進したに違いない人たちです。

 戦直後にはこのような意見は聞かれませんでした。それは、そのような説を唱えれば、戦争責任が問われかねないからです。口を噤んで鳴りを潜めていたのです。半世紀以上たって、ほとぼりが冷めた頃を見計らって、少しずつ言い始め、次第に声高になっていったのです。卑怯です。

 戦場の、爆撃下の、戦時体制下の・・・人々の苦しさ、辛さ、悲しさ、惨めさ、空しさ・・・を想像できない人が戦争を前提とした国の在り方を肯定し、準備に勤しむのです。そんな人から見ると、戦争放棄や軍隊を持たないことを宣言した日本国憲法は「いじましく」見えるのです。

 そんなに戦争を肯定して、戦前の日本を礼賛してどうするのですか?
 戦争を気安く語るのは、戦場に行かない特権階級の発想にすぎません。戦争は兵隊蟻にさせるものと思っているからこそ気安く戦争を想定するのです。

 ともかく彼らは戦前の体制を否定しません。戦前に戻そうとさえしています。国家に戦争はつきものと思っています。戦争できないというだけで「いじましい」と思い、なんでこれを拝んでいるのかと疑問を投げかけるのです。

 国際紛争を解決する手段としての戦争を認めると歯止めが利かないのです。あれやこれやの理由で戦争が始まるのです。始まれば、勝つまで一致団結するのが国民の務めとなるのです。

 これを認めないことは、「いじましい」ことなどではなく、日本国民の堂々たる権利であり、意志なのです。
 これは自衛権まで放棄するものではありません。自衛をしなければ国を維持存続させることができませんからね、これは自明の理です。

 「いじましい」と言えば、憲法も国民の権利も主張できない地位協定を他国の軍隊と結ばされている国の総理大臣が、先方の大統領閣下と接待ゴルフをしている様のほうが余程「いじましく」ありませんか?
 黒を白という人たちですから、「いじまし」論争も、パワハラで乗り切るつもりなのでしょうね。

 「『核で報復される』ということが抑止力になる」というご発言に対する異論反論は次回といたします。

 おまけの写真を3枚
 今日、こんなお寺さんで法事がありました。
IMGP3645.jpg

 前の草むらに
IMGP3651.jpg

IMGP3655.jpg

 赤とんぼとモンキチョウがいました。鮮明には撮れませんでした。

 

nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

今の独裁政権に災害列島を任せられるか? [日本考]


メディア関係、発信力のある人に訴えたい

東日本大震災で日本人は安全安心の境地から不安の心境に移りました。
あれから7年半が過ぎましたが、原発事故の後始末が少しも順調に進んでいません。復興はそれなりに行われていますが、その間に、日本の各地で大災害が続発しています。

熊本地震、北九州豪雨、中国地方豪雨、関西直撃の台風21号、北海道地震など、記憶に新しいところだけでも、被災地の復旧・復興などほとんどできていない状況で、次から次へと大災害が発生しています。

被災者はもちろんのこと、未だ災害に遭遇していない人も、日々の生活に少なからず不安を感じているというのが多くの日本人の現状ではないでしょうか。

この不安心理は安らぎを、安心を求めます。せめて人の社会の安定を願います。強いリーダーが、この不安な社会を、自信を持って協力に引っ張って行ってくれることを願う心理が起きても不思議ではありません。

そんな心理が自民党に過半数の議席を与え、与えられた自民党員は、党則を変えてまで、現総裁の三選を遂行しようとしているのではないか、そんな風にも看て取れます。

東日本大震災以来、日本人はパニックに陥り、集団ヒステリーを起こしている。選んだリーダーが適任かどうか冷静に考えるべきです。問題の解決につながる正答を選んでいるのか、ますます混乱に陥る自滅への道・誤答を選んでいるのか、ここは冷静に考えるべきです。

アベ政権は、災害対策に期待の持てる政権でしょうか?財界人を連れて外遊ばかりしています。災害対策よりもドミノ法案成立に熱心でした。イージスアショアやオスプレイなど高額な武器を言われるままに買い付ける政権です。

自然災害と言えど、対策次第で被害の大きさは格段に違います。
21号台風の襲来による高潮と強風で関西国際空港が大打撃を受けましたが、もともと経常的に地盤沈下が起こっており、高波を想定して対策を取ってきたとのこと。ではなんであんなことになったのか?
答えは簡単「想定外の高潮だった」

北海道地震による大きな被害は、山の斜面崩落による集落の倒壊と山間の埋め立て地に起きた地盤の液状化、それから全道の電源喪失、いわゆるブラックアウトです。
いずれも想定が甘かったために、起こるべくして起こっているのです。
政治は大事です。住む人の安心安全よりも業者の金儲けを優先させてきた結果です。

安心安全を求めるなら、強そうに見える独裁者に託してはダメです。地道に安全・安心を優先させる人を選ばなければなりません。

間違っても、災害続きの不安心理で、対極にある人に、国民生活を丸ごと預けるようなことをしてはいけません。集団で自滅してしまいます。

以上、メディア関係、発信力のある人に訴えたいことです。

nice!(14)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

9・9リレー駅頭大宣伝・街頭大演説会レポート [たまには photo news]


 速報です、と言っても momotaro としては、ですが。

IMGP3555.jpg

 先日このチラシを掲載してお知らせした「9・9リレー駅頭大宣伝・街頭大演説会」に参加しました。
IMGP3616.jpg


 お集まりのみなさんの主張を写真でご紹介します。
IMGP3617.jpg

IMGP3618.jpg

IMGP3619.jpg

IMGP3620.jpg

IMGP3621.jpg


 参加者は50名ぐらいでしょうか、ずらっと並んで、一画面には収まりきれませんでした。
IMGP3622.jpg

IMGP3623.jpg

IMGP3624.jpg


 私はティッシュ配りのお手伝いをしました。今日は、50枚ぐらい配ることができました。

 南口が手薄とのことで、南口に応援に行きました。こちらはスタッフ7~8名、通行人もまばらでした。
IMGP3625.jpg


 北口に戻ってみると、12区衆議院議員の森田氏が到着
IMGP3626.jpg

 
 この辺りで私は失礼しました、何かと用事があるので・・・

 さて私がお預かりして配らせていただいたティッシュです。
 小さなティッシュの両面。デザインがいいですね、綺麗です。ちゃんとメッセ―ジが印刷してありますので、トリミングします。
IMGP3627trr.jpg

IMGP3627trl.jpg

 中には下記のチラシが折り込まれていました。
IMGP3628.jpg


 以上で駅頭大宣伝・・・のレポートは終わりです。

 この頃ちょっと用事が増えてお疲れ気味です。気味な程度で、寝込むほどではないのでご心配には及びませんが。
 時間のあるときに、それも記事にするつもりではおります。

 お付き合いいただきありがとうございました。



nice!(13)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

撤回します「いいねぇ、自民総裁選!」 [時事問題]

「いいねえ、自民総裁選!」は撤回します。
悪いところがどんどん出てきて「いいな」
と思っていたのですが、それどころではありませんでした。

台風21号による関西方面のあの被害の大きさは直視できないほどです。
台風という気象災害ですから不可抗力のようにも思えますが、台風の大きさも進路も通過時刻も、ほぼ予想通りでした。
気象庁は各地の予想される風速がたいへん大きなものであるという警戒情報を出していました。高潮についても。

それが市民に、公務員に、職場で働く人に徹底しなかった。責任はどこにあるか?
これは政治にありますね。
しかるべき指示がトップダウンで出ていれば、事態は全然違っていたのではないでしょうか。

政治家は、日本のトップは何をしていたか?
そう、第一党の総裁選で、三選を揺るぎないものにすることに奔走していた。
自分の三選に目が眩んで、巨大台風の接近に注意が回らなかった!

民主党政権の時に起こった大震災の時には、あれほど大騒ぎをして菅政権にケチをつけ降板させたのに、予想通りやってきた巨大台風の被害を自民党政権は少しも軽減することができなかった。そう言えるのではありませんか?

大震災は予測不可能、突然やってきた。自民党政権が推進してきた原発が制御不能になり、水素爆発を起こせば政治が動揺するのも無理からぬこと。

それをつつきまくった自民党は予想通りにやってきた自然災害にほとんど何もできない。自分のところの党首選にうつつを抜かしている。

「自民総裁選、好きにやれ」と思っていたけれど、自分たちの責任の大きさを考えれば、そんなことに夢中になっている場合ではないぜ!
勝手なことばかり考えて生きているんじゃねえよ!

これ、自然にいじめられた人間の、仲間同士の八つ当たり?

いえいえ、与党政治家が国民を忘れていることに対する当然の憤りじゃないですか?


nice!(14)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

第十一回 ヒロの会実行委員会 [たまには photo news]

 台風21号が四国、近畿、北陸方面を中心に広い範囲に被害をもたらしました。今も暴風雨が吹き荒れている地方があるのでしょう。お気の毒です、お見舞い申し上げます。
 当地も激しい風雨に見舞われましたが、特別被害が出るほどのことはありませんでした。久しぶりに時間が少しできましたので、アップしそびれていたことを取り急ぎ記事にします。

 1日の土曜日に表題の委員会がありました。
IMGP3565.jpg

 女性が6人写っていますよね、この日来られなかった方が2名、女性が計8名。
 男は、写真を撮っている私とこの日九州出張中で来られなかった人の2名。

 そんな取り合わせで進んできた会ですが、和気あいあいと作業を分担して行動に移していく女性の実務能力の高さには正直感心しましたね。
 この日は、前半はチケットの販売状況の確認に時間が割かれました。250席のところ、200を超えるチケットの販売が確認され、売れ過ぎにならないよう話し合いが行われました。

 会の手作り新聞のNO.6もできていました。
IMGP3590.jpg

 アップにします、読んでいただけるかなあ?
IMGP3592.jpg

IMGP3593.jpg

 イラストも面白いでしょう?

 この新聞ですが、10月に発行する次号を最終号にし、あとは当日に配布するプログラムに思いを託そうということになりました。

 私は所用のため1時間で退席、このあと、今後の打ち合わせや準備、当日の役割などについて話し合いが行われたとのことです。私も文書作りに参加することになっています。

 以上で委員会のレポートは終了です。あとはおまけの写真です。

IMGP3530.jpg

 愛嬌のある犬でしょう? 置物ですが、面白い庭ですよね。ご近所にあります。

 前にもここで撮った写真を載せたことがあるのですが、そのときは無断でした。というのも、どちらのお庭なのか分からなくて断り様がなかったのです。今度はここかなという家を訪ねて、ちゃんと承諾をいただきました。
IMGP3531.jpg
 ランタナですね
 トリミングします
IMGP3532.jpg

IMGP3536.jpg
 まるで花火のようです。花のような火が花火でしょうから、花火のような花は当たり前?

IMGP3534.jpg
 クレマチスでしょうか
IMGP3535.jpg
 ?

 本日は以上です。お付き合いいただきありがとうございました。



nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感