So-net無料ブログ作成

ヒロの会ニュース 3 +アルファ [たまには photo news]

 昨日の朝の近所の公園です。葵が美しく咲いていました。

IMGP2655.jpg

 紫陽花の季節も間近
IMGP2660.jpg

 タンポポは綿毛あり、花あり・・・
IMGP2661.jpg


 午後にはヒロの会実行委員会がありました。八回目だそうです、私にとっては五回目。
 まずは「ヒロの会ニュース No.3」が配られました。拙文を取り上げてくださいました。
IMGP2671.jpg


IMGP2667.jpg


 今回の主なテーマはポスターとチラシ、チケットの作製について
IMGP2664.jpg

 チケットの印刷については、私が担当することになりました。

 夕方公園脇を通ると、葵が西日を受け、一段と明るく咲いていました。
IMGP2668.jpg



 以上を本日の記事とするつもりでしたが、今朝のTBS時事放談、片山さんと田中さんが、とてもいいことを言ってました。

IMG_4883.jpg


 まず外交問題では、
「大国の利益の絡んだ大変難しい問題について、米朝がつばぜり合いをやっている。日本は日米同盟に沿うことと拉致問題を解決することだけを叫んでいる。これでは何の進展もありません。日本にとっての真の国益に基づく立ち位置を考えなければならない。だいたい去年の解散総選挙は、この問題を国難として、これを乗り切るために国民の信を問うということでやったんですからね。それにしては何もしていないではないですか、何をしたというのでしょう?」という趣旨のことをおっしゃってました。

 またロシア外交については、
「西側の多くの国が、ロシアとの接触を控えている折に、具体的な進展もないまま、積極的に外交を進めている、これも世界から疑念を持たれますよね」的な発言をされていました。

 内政問題では・・・この辺りで慌ててスマホを取り出して写真を撮りましたので、画面でご想像ください。
IMG_4880.jpg

IMG_4881.jpg

IMG_4882.jpg

IMG_4884.jpg

 「もう、完全に国民の信用、信頼を失っていますよ。それでも政権を維持しているのは強権政治ですよ。権力があるから、不正をしても守ってもらえると行政側が思っているんですよ。由々しき事態です」みたいな、たいへんごもっともなことをおっしゃってました。

 本日は以上です。


nice!(18)  コメント(12) 

不正タックルは政界も同じ! [時事問題]

 以下は今朝、早起きし過ぎて書いたものです、途中までですが。

 例のアメフット不正タックル問題、乗りかけた船ですからその後に触れますが・・・

 一昨日日大アメフット側が記者会見しました。謝罪会見ではありましたが、責任を潔く認めるものではなく、もっとも認めると刑事事件の責を負うことになりますからね、言葉巧みに責任の所在を誤魔化す会見でした。
当然、会見を受けた記者からは質問がたくさん出ます。それに対して納得のいく答が出されるどころか、司会者が強引に質問を遮り、質疑を打ち切る形となりました。

 そんな、しても意味のない会見をしたことにより、今は、日大アメフト部の指導体制の問題から日大そのものの体制が問われ始めました。
 まったく日大ってどんな大学なんだ?と。

 ちなみに、朝日新聞デジタルは
「大学の不誠実さ知らしめた」日大教職員組合支部が声明
5/24(木) 19:24配信

【 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で、日大選手が関学大選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大教職員組合文理学部支部は24日、声明を発表した。アメフト部の内田正人前監督らの会見について「司会者の不遜な態度を含め、大学側の不誠実さを広く世に知らしめた」と批判している。

 声明は今回の問題を「競技反則のあり方にとどまらず、大学法人本部の危機管理能力欠如を露呈させている」と指摘。法人本部に対し、再発防止や抜本的改革の明言▽経緯解明と再発防止のため第三者独立委員会の立ち上げ、などを求めている。

 同支部の初見基支部長は「前監督の会見以降、これまでよりもさらに、指導力や管理のまずさが露呈していると感じる」。学生の中には就職活動への影響を懸念したりする声もあるという。「学生たちに、今回のことで萎縮することはなく、こうやって動く教員もいることを伝えたいという気持ちもある」と話した。(円山史)・・・】
との記事を掲載しています。

 今朝のTBSTVより
IMGP2653.jpg


 以下は、夜書いています。

 今日は日大の学長さんの会見が開かれました。本件に直接関わりのある人ではないので、教職の責任者として無難な謝罪の会見だったと言えると思います。
 どうも問題がありそうなのは、経営者の組織、つまり金と人事を握る理事会のようです。詳しいことは知りませんが、かなりブラックなワンマン経営の可能性があります。そこからあのようなダーティなスポーツ指導が行われたと見ることができるようです。

 日本大学といえば、日本最大級の高等教育機関ですからね、輩出している卒業生も、現役大学生も多いですし、様々な学会を通じて日本中の学問研究の多くに関与していますから、影響力は大きいですよ。この事件をきっかけに、理事会の膿まで出されて、浄化されるといいですね。

 この件はそんな思いで見ていますが、ここ数日、世界が、また日本の国会が大きく動いていますね。

 米朝会談の開催が怪しくなってきました。トランプさんは、核攻撃の可能性も持ち出しているようです。あり得ないことです。脅すだけでも、大国のやることではありません。話し合いのテーブルで話し合わなければいけません。核攻撃力で物事を決しようというのは、あまりにも理不尽、稚拙に過ぎます。
 まして、隣国日本が、そんな強硬策を支持するようでは、とても平和外交をモットーとしている国とも思えません。

 国会は「働き方改革」法案が、今国会の最重要法案だそうで、その成立に向けて激しい攻防が行われています。あれほど嘘答弁で疑惑を隠し通している政権に、新法を作る権利が、資格があるのでしょうか?

 アメフットの反則タックルどころではない重大な被害を国民に与えているのですよ、苦しんで自殺している人までいるのですよ。反則タックルみたいに分かりやすい映像こそありませんが、森友へ与えようとした優遇措置、加計だけに与えた「国家戦略特区」、都合の悪い書類は廃棄させたり改竄させたり、セクハラもパワハラも理解しない感性の政治家が役人を統括していたり・・・日本の政治の現状は、毎日あちこちで不正タックルが行われているようなものですよ。

 怪我をさせられて半身不随になる前に、ルールを守る監督、コーチに変えようではありませんか、新法どころではありませんよ!

 本日は以上です。
 以下はおまけの写真です。
IMGP2629.jpg

IMGP2630.jpg

 また巣作りを始めたようです。


nice!(11)  コメント(10) 

加害選手記者会見:エリート官僚と雲泥の差! [時事問題]

 夕方のTBSの番組より拝借
IMGP2651.jpg

IMGP2652.jpg


 そう、宮川選手の記者会見がありました。これ3時ごろ、生でじっくり見ちゃいました、市内の病院の休憩室で。
 病院の用事は、C型肝炎の治療の件です。その後に触れてなかったので簡単にご報告を。
 8週間、高額の薬を月1万円の負担で毎日呑み続けます。3月4月に服用しました、私の場合は毎夕食後に。これといった副作用もなく、6週ぐらいでC型ウイルスはマイナスになったと先生はおっしゃってました。完治したのだと思います。今は一月間隔で血液の状態を経過観察しているところです。

 さてさて、その診察も終わり出口に向かっているときに、休憩室のテレビが、記者会見の模様を映していました。
 まだ始まったばかりのようで、弁護士がこれまでの経緯と記者会見の場を設けたことの意図を話していました。
 その後、宮川選手が相手選手とその関係者、及び関学関係者に深々とお詫びをし、あのようなラフプレーをしてしまった経緯を語りました。その後質疑応答となりました。終わりまでは見られず途中で席を立ちました。

 そこで受けた印象ですが、彼が追い詰められてあのタックルをやってしまったこと、やったあとの後味の悪さ、謝罪しなければいけないという相手選手への思いなど、心境の変化が、実によく伝わる会見でした。監督やコーチの言動に影響されてやってしまったことではありますが、すべてを周囲の人間のせいにしようとするのではなく、それに左右されてやってしまった自分の心の弱さへの反省も十分に感じられる会見でした。

 あれだけ激しい身体のぶつかり合いをするアメフットの選手は、さすがに気持ちもしっかりしているんだなと、そんな思いも浮かびました。そんな選手たちを集めて指導する監督・コーチが、なんと本末を転倒していたことか、その悪辣さを改めて感じました。
 それにしても、要領に走らず、よく真相を語ることを選んでくれたものです、この二十歳の青年は。

 大人の世界は、エリートの紳士(の恰好をしている人)が、(20日TBS時事放談より拝借)
IMGP2639.jpg

IMGP2635.jpg

IMGP2634.jpg

IMGP2636.jpg

IMGP2637.jpg

 こんなザマですからね。前川さんぐらいなものですから、政府関係者で真相を語ろうって人は。自殺者まで出しても、しらばっくれちゃおうというのですから、宮川選手を見て、襟を正しましょうよね!心打つ会見をしなければダメですよ!

 本日は以上です。
 ご訪問に感謝します。みなさまのご感想もお聞かせください。
nice!(15)  コメント(16) 

不祥事続くスポーツ界も政界の影響! [時事問題]

 「最終盤の国会、与党は委員長「職権」連発 野党も対抗」(朝日新聞デジタルより)

【 与党が重要法案の今国会成立をめざし、委員長による「職権」をてこに審議を加速し始めた。野党は、早くも担当閣僚への不信任決議案を出して対抗する。会期末まで残り1カ月あまり。来週には最大の対決法案である働き方改革関連法案の衆院通過に向けた山場を迎える。最終盤の与野党攻防が幕を開けた。】
 だそうです。

 ジョ、冗談じゃないよ、妻が名誉園長していて明らかに関与していた森友問題の責任はどうなっちゃったんだ?総理も議員も辞めるはずの人が、未だに「重要法案」を通そうってか?
 加計問題も、内閣府幹部が現地視察の際、加計学園の車を使っていた問題が新たに追加されたじゃないか、どう見たって総理親友の加計ありきの「国家戦略特区」騒動じゃないかい!

 こんな泥まみれの汚い政権をジミン党はまだ何の反省もなく支持し続けるのか? こんな歴史を刻んで恥ずかしくないのか、罪の意識はないのか、ジミン党員は?コウメイ党員もイシンの党員も?


 話は変わるけど、最近スポーツ界に不祥事が時々起こります。

 今は日大アメフットの関西学院戦での危険なタックルが問題になっています。テレビで何度か見ましたが、あれは本当にひどい。あんなふうに虚を突かれて強烈なタックルをくらったら、腰椎や脊椎を損傷して下半身付随などの重大な障害を起こしかねません。これはもう傷害事件ですよ!

 その原因が、なんと監督の「壊してこい」という指示にあったというのです。

【 問題の悪質なタックルは日大・内田監督の指示とされる。日大広報部は完全否定しているものの、新事実が明らかになった。

 アメフト専門誌「HUDDLE」(電子版)は17日、「日大蛮行プレーは監督とコーチの指示 複数関係者が証言」と題する記事を掲載。それによれば、内田監督は6日の関学との定期戦の前日に当該選手に対し「試合に出場したかったら、1プレー目で相手のQB(クォーターバック)を壊してこい」と指示。試合開始直前にも同監督から再度、同様の指示を受け、さらにコーチからも「やらないというのはないからな」と念を押されたという衝撃の内容だ。  】
 と日刊ゲンダイDIGITALは伝えています。

 スポーツの指導者ともあろう人がルール違反の危険なプレーを選手に命じたり、勧めたりするようなことは、そう滅多にあることではないでしょう。そのスポーツがスポーツとして成り立たなくなってしまうからです。

 そうは言っても、コーチや監督が勝つことに夢中になるあまり、反則ギリギリのラフプレーを選手に要求するようなことはたまにはあるのかもしれません。しかしそんなことが発覚した時は、当事者もそのチームやそのチームが所属する団体も、速やかに反省・謝罪をするものです。

 しかし今回は違います。この内田正人という人物は、単なる日大アメフット部の監督ではありません。日本大学の幹部で、同大の保健体育事務局長や人事部長などを兼務。昨年9月からは常務理事を務めており、田中英寿理事長の側近の一人でもあるのです。

 この人、一介のスポーツクラブの監督さんではないのです。大きな団体のお偉いさん、権力者なのです。

 少し前に、女子レスリングの伊調馨さんに対するパワハラ問題がクローズアップされました。加害者として指摘された、伊調さんの元コーチの栄和人という人も、一介のレスリング選手のコーチではありませんでした。レスリング協会の強化本部長をしており(当時)、至学館大学(愛知県)で谷岡郁子学長から強い信任を得ている人でもあるのです。

 こうしたことが、あり得ないほど強引な選手への威嚇となって表れているのです。
 このように一つの社会で権力を持った人たちが、利己的な思いや偏見を周囲に対するはばかりもなく行なってしまう事件・事案は、今までにそうあるものではありませんでした。首を傾げたくなるようなことが最近起こるのは、他でもありません、一国の総理大臣のやっていることがそうだからなのです。

 力のある人が、周囲をはばかることなく思いを実現している様を見て、己が思いを大胆に実現すべく行動を起こしてしまう巷の権力者が増えているのではないかと思われます。

 権力を持った人はそれで自分の思いを叶えようなどと思ってはいけません、高い地位にある人ほど、公正・平等を志さなければなりません。

 こんなことは、まったく当たり前の心掛けだと思うのですが、こんなことをテーマにブログ記事を書かなければならない、ちょっと情けない時代が続いているんですよね、早くなんとかしなければ・・・

 おまけの写真を少々
 麦秋です。毎日(月~金)麦畑を見ながらバイトに通っています。だんだん穂が出てきたなと思ったら、もう色づいてきました。
IMGP2614.jpg

IMGP2615.jpg

IMGP2616.jpg

 ヒバリも鳴いていましたが、姿が見えず写しようがありませんでした。

 代わりにムクドリの親子です。近所で繁殖したようです。
IMGP2624.jpg

 網戸越しで空が背景のためシルエットだけ!

 本日は以上です。ご訪問に感謝します。

nice!(24)  コメント(24) 

川沿い作品展のレポート [たまには photo news]

 4~50分時間ができましたので、ブログ行きます。時間が少ないので写真のベタ貼りになりますが・・・

 3日前、12日の土曜日です。9時ごろ薔薇の写真を撮った日のことです。ブログを更新してホッとして思い出したことがありました。例年、GWの次の週当たりに当市の箱田地区の人たちが「川沿いの作品展」というのをやります。去年も見学に行ってレポートをブログに書きました。
 今年は、「もし行くなら声をかけてくれ」と、実家がこの辺りにあった友人から言われていたのでした。慌てて調べると、12日と13日でした。13日に予定の入っている小生としては、その日、12日の午後しかチャンスがないため、急いで友人に電話をし、2時半に待ち合わせをしました。

 では写真のオンパレード行きます。まずはパンフレット

IMGP2566.jpg

IMGP2568.jpg


 昨年同様川下から
IMGP2570.jpg

IMGP2571.jpg

IMGP2572.jpg
 これは作品ではなかったかな?
 メイン会場の一つ箱田神社です。
IMGP2573.jpg

IMGP2574.jpg

 正面の鳥居から
IMGP2575.jpg

IMGP2576.jpg

 読める程度にトリミングします。
IMGP2576trr.jpg

IMGP2576trl.jpg
 神社の御利益か水路のお陰で延焼を免れたのか、この辺りは終戦の日の空襲を免れたそうです。
IMGP2578.jpg

IMGP2578tr.jpg

IMGP2579.jpg

IMGP2580.jpg
 受付テーブルには熊本地震の被災写真が

 お友達、この家は母が懇意にしていた家のはず、と中へ
IMGP2581.jpg

IMGP2582.jpg

IMGP2583.jpg

IMGP2584.jpg

IMGP2585.jpg

IMGP2586.jpg

IMGP2588.jpg
 ちりめん細工だそうです。右側の方が作家、84歳とか。

 時間がなくなりましたので取り敢えずアップして、後で追加することにします。

 追加します。
 滝沢ギャラリー前のハーモニカコンサートです。もう終るところでした。
IMGP2589.jpg

IMGP2590.jpg


 若原ギャラリーです。
IMGP2592.jpg

IMGP2594.jpg

IMGP2595.jpg

 昔懐かしい縁側風景です。
IMGP2598.jpg

 中を覗くと
IMGP2596.jpg

 このお屋敷は、たぶん戦前の建物でしょう、瓦は葺き替えてありますが
IMGP2597.jpg


 和布空間とパンフレットにあります。
IMGP2600.jpg

IMGP2601.jpg


 こんなコーナーもありました。
IMGP2602.jpg

 いくつかトリミングします。
IMGP2603.jpg

IMGP2604.jpg


 これも戦前の消失を免れた建物ではないかとカメラに収めました。
IMGP2605.jpg


 だいたい川沿いを見たので「これまで」と箱田神社に戻り、友人と別れました。と、そのときです。見覚えのある人に出遭いました。なんとこの前の選挙で比例当選した森田氏が来ていました。
 あの選挙のときは、公認を取り付けていた民進党が分裂し、結局小池人気にあやかった希望の党からの出馬となったため、応援するわけにいきませんでした。保守競合の合間を縫って革新系が頑張ればよかったのですが、とてもそんな熱意の感じられる選挙戦ではありませんでした。
 希望の党は、玉木さんを中心に野党色を鮮明にし、今は国民民主党となっています。
 知らない仲ではないので挨拶しました。
「あのときはあんな事情で応援できず失礼しました」
「まあ、いろいろありますからね」
「その後、市民運動にいくつか参加しています、そういうところはお出になりませんか?」
「そんなことはありません、出ますよ」
「そうですか、打倒アベ政権で頑張っていただけますか?」
「ええ」とにっこり。そこで、
「じゃ写真を一枚」
「あの幕の下がいいでしょう」と自ら幕の下に。
IMGP2606.jpg
 残念逆光でした。
 「もう一枚、ポスターに使えるようなのを撮りますから」とアップでも撮りました。
IMGP2607.jpg


 川沿いの作品展にはそんなおまけもありました。

 本日は以上です。

nice!(16)  コメント(12) 

総理秘書官の義理人情 [時事問題]

 一昨日ヤナセ元総理秘書官の参考人招致がありました。
 簡単に言えばお粗末極まりなかったですね。報道ステーションのコメンテーター氏は「語るに落ちるってヤツですね」と言ってました。まったく同感です。

 ただそれにしてはヤケに落ち着き払って言葉遣いも丁寧で、自信に満ちているという感じでした。そこが気を引きました。
 態度が堂々としていたので、上司を守る役人の鑑を世に示したつもりなのかなあと思ってしまいました。また見ている人がそう感じて感心してしまう恐れもあるなあと思った次第です。

 でもそれは、大いなる勘違いですよね。
 あんな答弁は、折角ですけど、やはり恥でしかありませんよ。
 なぜかと言えば、幾ら何でも嘘がバレバレですからね。
 加計の代表者と会ったことはあるが、その時に随行者として愛媛や今治の関係者がいたという認識がなかった!?
 総理秘書官ともあろう人が官邸で人と接見するのに、相手が誰だか知らなかった!
 いくらついてしまった嘘の言い訳にしても、こんな言い訳が通用するはずがないではありませんか。

 加計の問題は総理に一切報告をしていなかったというのも、秘書官が総理の分身としてしている仕事を報告しないはずがないではありませんか。
 明らかに「知らなかった」という総理発言を意識した口裏合わせです。

 誰が聞いても信じられないことを平気で堂々と言えるのは、当人は内心、それなりに正当化しているからなのでしょう。それは「秘書官としての務めを果たす」ということ、しかもその手本を示すという誇りさえあるのかもしれません。
 義理人情、浪花節の世界を思わせます。

 義理人情、浪花節の世界がまったく悪いということではありません、心打つことも時にはあります。ですがそれは、弱者が強者に対するとき、あるいは正義が理不尽に対するときです。
 時の総理を庇うのに見え見えの嘘をつきまくるということに褒められる要素は何一つありません。権力と一体となった悪あがき・見苦しさしかありません。孫子のためにも(もしいるなら。いないならご先祖様のためにも)一日も早くそのことに気づいて、これまでの詭弁を潔く認め、それこそ堂々と謝罪すべきです。

 偉そうなことを言ってしまいましたが、一介の庶民の目にもそう見えているということを明かしておきたかったのです。

 世界が大きく動こうとしているときに、日本の国会はいつまでこんな体たらくなのでしょうか?言っておきますが、これにこだわる野党が悪いのではありませんよ、明らかな不正が正せない政権と与党が悪いのです。見過ごすことはできないのです。こんな政権が、憲法改正をやろうとしているのですから、先には進めません。

 美しくない話を書いてしまいましたので、今朝、旬の薔薇を撮影してきました。
 薔薇って次から次へと咲くので見ごろは長いのですが、一つひとつの花の見ごろとなると「花の命は短くて・・・」なんですよね。

IMGP2548.jpg

IMGP2550.jpg

IMGP2551.jpg

IMGP2554.jpg

IMGP2559.jpg

IMGP2560.jpg

IMGP2561.jpg

IMGP2562.jpg


 どんな薔薇園かとお思いでしょう?実は道路端
IMGP2557.jpg

IMGP2563.jpg

 もっと引くと・・・
IMGP2564.jpg


 以上です。ご訪問に感謝します。あと「埼玉県信連」さんにも m(_ _)m

 そうそう追伸となりましたが、gonntan さんの次の記事
 http://lotus2245.blog.so-net.ne.jp/2018-05-08
 お時間ありましたら是非ご覧ください。日本の政治の無責任さと閣議決定の恐さが書かれています。



nice!(17)  コメント(10) 

小さな旅の続きです [たまには photo news]

 長瀞への小さな旅、続きが少々ありました。
 
 金石水管橋から元の桜新道(案内板によると「北桜通り」)に戻りました。戻るとすぐ、左に折れる道がありました。この辺りで国道140号に出たいと思っていたので左折しました。すると間もなく女郎花(おみなえし)の寺という案内板がありました。どこがお寺なのかと思いながら右の小道に入って行きました。
IMGP2537.jpg
 左側はシランですよね。
IMGP2538.jpg

 左手に石碑があります
IMGP2539.jpg

 トリミングします。
IMGP2539tr.jpg
 だそうです。

 真性寺さんから道に戻ると、すぐ踏切が見えます。
IMGP2540.jpg

 レールはどこまでもまっすぐ、これは寄居方面ですが、反対側秩父方面もまっすぐです。
IMGP2541.jpg

 川はあれほど蛇行していたので不思議ですが、見える範囲だけがまっすぐで、その先はたぶん右に急カーブしているのだと思います。
 踏切を越えるとすぐ国道に出ました。ちょっと寄るところがあるので、さてそれは右か左か?
IMGP2542.jpg
 右に寄りたい店の旗が見えました。
 すまんじゅうがちょっと有名な「ふくろや」です。美味しい餡子の入った大きいすまんじゅうをいくつか土産に買って、野上駅に向かいました。国道をやや行くと駅入り口、右に曲がると
IMGP2543.jpg

IMGP2544.jpg
 時刻は2時50分、電車は3時13分とのこと。
IMGP2545.jpg
 野上、熊谷間は730円なんですね。近い割に秩父線は高いんですよね。一人でもガソリン代のほうが安いので、つい車を使っちゃうんですよね。
 トイレ行ったり、水飲んだり、一休みしました。
IMGP2546.jpg
 こんなところですからね、改札口を通ってくる風が気持ち好いこと。

 秩父、長瀞方面から来る電車は少々混んでいて座席はいっぱいでした。ずっと立っているのはしんどいなと思ったら、寄居駅で半分ぐらい降りて空席ができました。寄居には八高線と東武東上線が入っていますから、乗降客はそれなりに多いと思われます。
 で、以後は座って熊谷駅に戻りました。

 この日の歩数は1万2千歩でしたから、たいした遠足でもありませんでした。
 電車の中で読んだ本は鎌田實氏の『忖度バカ』(小学館新書)。いいことがいっぱい書かれていました。機会があったらそのいくつかをご紹介しますが、今日はタイトルだけのご紹介で<(_ _)>

 お付き合いいただきありがとうございました。



nice!(13)  コメント(6) 

連休最後の日にちょっと出かけました [たまには photo news]

 「たまには」って言いながら、この頃フォトニュースが多いのですが・・・

 昨夜というか今朝未明というか、突如目覚めて majyo さんのブログを訪問、拝読したところ、連日気持ちよくお出かけなさっている。一方わが身はというと、しばらくどこにも出かけてない。これは出不精になってしまったか? ようし今日こそ新緑を求めて出かけるぞ! と一念発起、出かけました。

 おおっと、その前に、日曜の朝です、時事放談がありました。
IMGP2466.jpg

 村上さんは、ジミントウでは珍しく、終始まともなことを言ってました。こういう人が国会議員のところは羨ましいなあと思ったのですが、はて、加計問題は愛媛で起きたんですよね、村上さんは一切かかわっていないのかなあ、ちょっと疑問を持ちました。その点以外は、おっしゃったことはみなまともと感じました。
 浜さんは「永田町と霞が関は異常問題特区じゃないですか」ニヒルに突っ込んでいました。

 さてお出かけです。読みたい本もあるので電車で出かけることにしました。雑用をとっとと済ませて早お昼を食べ、それでも12時半になっちゃいました、駅へ着いたのは。
 JRを越えて、向こう側の秩父鉄道
IMGP2470.jpg

 ここでフリー切符と特急券200円を買いました。
IMGP2547.jpg

IMGP2469.jpg

 中はこんなに空いています。
IMGP2471.jpg

 12:44発だから今から遊びに出る人は少ないのでしょうが、これじゃ経営は大変でしょうね。相変わらずセメントの輸送でもっているのかな?
 寄居を過ぎると両側に山が近付いてきます。
IMGP2476.jpg

IMGP2478.jpg

IMGP2479.jpg
 野上駅です
IMGP2482.jpg
 長瀞駅で降りました。
 電車が前方に発車後、線路を横切って改札口より出ます。
IMGP2483.jpg


 駅を出てまっすぐ正面は宝登山です。ケーブルと神社があります。
IMGP2484.jpg
 今日は行きません。
 左手です。
IMGP2486.jpg

 もう一度宝登山を眺めます。
IMGP2487.jpg

 反対方向、河原に向かいます。
IMGP2488.jpg

 踏切を渡ります。
IMGP2489.jpg

 踏切を越えると、急にツバメのさえずりが賑やかになりました。
IMGP2490.jpg

IMGP2492.jpg

 行列ができています。かき氷のようです。
IMGP2494.jpg

 あの先が河原に降りる階段です。線路から150mもないと思います。
IMGP2496.jpg

IMGP2498.jpg

IMGP2499.jpg

IMGP2500.jpg

 左側を見下ろします。船下りの乗り場です。
IMGP2501.jpg

 河原には下りず50mほど引き返し、T字路を右に折れます。
IMGP2503.jpg

 流しそうめんも旨そうですが、満開の白い花が目を惹きます。
IMGP2504.jpg

IMGP2505.jpg

 両側に桜の木が植わっている桜新道です。
IMGP2506.jpg
 ここを歩きに来ました。
 木立の向こうは荒川です。
IMGP2509.jpg

 アカシアでしょうか?
IMGP2510.jpg

IMGP2513.jpg

IMGP2513tr.jpg

 こんな長い塀のお屋敷があります。
IMGP2518.jpg

 塀の中にはこんなオブジェがあります。
IMGP2516.jpg

 ジミン党の元国会議員の加藤タクジ氏の所有の物とか聞いたことがあります。
IMGP2520.jpg

IMGP2523.jpg
 これはヒメジョオン?それともハルジオン?
 これはワビスケ?
IMGP2526.jpg


 橋がかかっているようです。右に曲がって行ってみます。
IMGP2527.jpg

IMGP2528.jpg

 左側、川下を見下ろします。
IMGP2529.jpg

 トリミングします。
IMGP2529tr.jpg

 右側、川上です。
IMGP2530.jpg

IMGP2531.jpg

IMGP2531tr.jpg

IMGP2532.jpg

 再び左側
IMGP2534.jpg

 どうやらこの水管橋からのショットが本日のハイライトのようです。
 橋の途中から引き返しました。するとこんなポスターが貼ってありました。
IMGP2536.jpg

 落ちもついたようなので、今日はこの辺で!

 まだ続きが少々ありますが、またの機会といたします。明日からまたパートが始まりますので・・・
 お付き合いいただきありがとうございました。

nice!(13)  コメント(10) 

昨日は3日、憲法記念日でもありました! [たまには photo news]

 昨日は3日、だれが仕組んだのか、ゴールデンウイークの真ん中で、世はお出掛けに夢中、憲法記念日なんてことは、つい忘れてしまいます。わたしもどんな用事が家族から舞い込んでくるのか分からず、いつもの駅前スタンディングに参加できるのかどうか、直前まで分かりませんでした。1時近くになって「これは大丈夫そう」となって、慌てて自転車にまたが?って飛んでいきました。

 DoBitcH さんもいました。
IMGP2450.jpg

 わたしを入れて総勢12名、先月より賑やかでした。
IMGP2451.jpg
 みなさん、なんか嬉しそう
 兜太さんのご子息の奥様も見えてました。
IMGP2452.jpg

 年配の男性が文句を盛んに言いながら通って行きました。
「アベ反対反対って、反対ばかりしてんじゃねぇよ、外国が攻めてきたらどうするんだよ、守ってくれるのは自衛隊しかねえじゃねえか、それともなにか、おめえたちが守ってくれるのか?なにもできねぇくせに。国を守るってことはそういうことなんだよ、反対している場合じゃねぇってんだよ、ったくそんなことも分からねぇのかよ」
 まあ相手をしても仕方がないかなあとも思ったのですが、何も言わないとご発言を認めることになるので歩み寄って話をしようと思ったのです。そしたら年長のお仲間に止められちゃいました。喧嘩にでもなると面倒だと思ったのでしょう。敢えて振り払ってまで話をする気もなかったので、助言に従いました。

 すると、もうひとり、同じように絡んでいる年配男性がいました。そちらはすでに口論が始まっていたので買って出ちゃいました。近づくと酒の匂いがプンプン。
「こんな駅前なんかに立って反対運動をしているけれど、ちゃんと勉強してるのか、大学出てるのか?どこを出たんだ?オレはな、金沢大学を出てるんだぞ」
「あっそうですか、それはすごいですね、でもどこ大を出たかが大事なんじゃ学歴社会じゃないですか、それもあまりよくないのでは?」
「あのね、今、日本はみんなバカになっちゃったのよ、中国人のほうが利口になっちゃった。わかる?」
「日本人にもいろんな人がいるし、中国人にもいろんな人がいるから、一概に日本人と中国人という比べ方はできないんじゃないですか?」
「あのね、日本はいろんなことで中国に負けちゃってるのよ、経済力でも軍事力でも・・・どうする?」
「中国は国は広いし、人口は多いし、日本の10倍の人が住んでいるんですから、日本を追い越しているところがあっても仕方がないんじゃないですか?」
「戦争したらあっという間に負けちゃうよ、熊谷なんか20分で火の海だよ、どうする?こんなところでアベ政治を許さないなんて掲げて立っている場合じゃないよ」
「そうですよ、戦争なんかしてはいけません。しないのが一番です。アベさんは戦争のできる国づくりをやっているんです。北朝鮮のことも、まるで喧嘩を売っているようなものです」
「そういう理屈があるんなら、ちゃんとわかるように言わなきゃな、ただ立っているだけじゃバカかと思うよ」
「ほら、マイク持って言ってるんですけどね、なかなか聞いてもらえなくて・・・」
「ふーん・・・、じゃあな」
 なんか争点がなくなって帰っていきました。
「また来てください」リップサービスしちゃいました。
「なだめるのがうまいじゃない」ってお仲間に誉められちゃいました。

 この後です、男子高校生が4人ほど来て、
「戦争は厭だよな、しないほうがいい、平和憲法は変えない方がいい」と口々に言って、内二人は、オッサン(わたし)と握手をしていきました。
 今までと違うこれらの反応は、今回だけの偶然か、それとも憲法改変の危機感がいよいよ民衆レベルに届いてきたことの現れなのか、にわかには判定できません。

 いつもどおり30分目安で、1時35分頃終了となりました。ところがこの後、兜太さんのご子息夫人が、みなに先生の同人誌『海程(4月)』を分けてくださいました。
IMGP2458.jpg

IMGP2459.jpg
 感謝感激!
 
 以下おまけの写真です。
IMGP2456.jpg

IMGP2457.jpg

 チューリップが終わりバラの季節となりました。

 もうひとつおまけがあります。
 先日手に負えなくなった椋の大木?を伐採しました。
IMGP2211.jpg

 あまりに重くて隣地に置かせてもらっていたのですが、雨が降るとまた重くなってしまうので運び出すことにしました。一旦道路に出て、7~80メートル運び、玄関脇の邪魔にならないところに置きました。
IMG_4869.jpg

 5月2日にすべて独りでやりました。さてどうやってやったのでしょうか?
 答えは







IMG_4868.jpg

 片端を持ち上げて台車を少しずつ突っ込み、写真のようにして運びました。思いどおりにいったので嬉しくなりました。この先どうするかって? それは名人に軽トラで来てもらって・・・でももう急ぐ必要がないのでいつでも大丈夫です。以上私ごとでした。

nice!(13)  コメント(12) 

死んでなかった、NHK? [たまには photo news]

 今日はおまけの写真特集をペタペタやろうと思っていたのですが、さっき、8時からNHKが「憲法と日本人-知られざる攻防」という番組を始めたんですよ。
IMG_4870.jpg

 憲法記念日ですからね、特集ですね。もちろん興味がありますから、観ちゃいました。
IMG_4871.jpg

 やがて東西冷戦が激しくなってくると、アメリカは、日本に軍事力を持たせて、それを活用したくなり、憲法改正の圧力をかけてくるようになった。
IMG_4873.jpg

 この米側の圧力と、国内の、押し付け憲法に反対して自主憲法を制定したい人たちとが呼応して、憲法改正の動きが本格化した時期があった。そして日本国憲法のよさを実感する人たちとの間で15年間攻防戦が続き、結局は護憲派が勝利し、以後の内閣は憲法改正を口にしなくなった(アベ政権までは)。という趣旨の報道番組と理解しました。
 アベ政権の憲法改正論議を受けて作られた特別番組と思いますが、改憲派にとってはオープンにして欲しくない内容ではなかったかと感じました。

 さてさて予定どおりベタ張りいきます。

 4月28日近所の公園です。
IMGP2421.jpg

IMGP2424.jpg
 ハルジオン(だと思います)
 
 この日、バアバの実家に行きました。そこの畑で
IMGP2430.jpg

IMGP2431.jpg

IMGP2433.jpg

IMGP2434.jpg
 マーガレット
IMGP2435.jpg

IMGP2436.jpg
 これもハルジオンかな?
 サヤエンドウ
IMGP2437.jpg

IMGP2438.jpg
 初物を、帰りにたくさん摘んできました <(_ _)>

 実家の近所に神社があります。こんな案内板が設置されました。
IMGP2426.jpg

 なになに?
IMGP2428.jpg

 さてその神社です。
IMGP2441.jpg
 両側に社があります。
 左側の鳥居がやけに新しい
IMGP2440.jpg

IMGP2439.jpg

IMGP2442.jpg
 本社と右側は・・・さびれてますねぇ

 今日は3日、スタンディングの日です。ちょっと遅れたけれど行ってきました。今までで一番賑やかでスタンディングの収穫もあったような・・・今度時間のあるときにご報告します。

nice!(13)  コメント(10)