So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

今こそ日本人に問う [日本考]


今こそ日本中のみなさんに問う

あんな政権でいいんですか?

あんな国会でいいんですか?

適当な資料を作り上げ、ろくな審議もしないで法律を作る

聞かれたことにはまともに答えず、ズレた返答でお茶を濁す

言葉の論理が、道理が通らない国でいいんですか?

民主主義が、国民主権が崩れ去っていいんですか?

憲法が守られず、基本的人権が尊重されない国でいいんですか?

独裁政治が、戦前の暗黒社会が復活していいんですか?

まだまだ心配なことは沢山ありますよ!

ボォっと生きてんじゃねぇよって、今の日本人全体が言われているんじゃないですか?

未来の日本人から、過去の日本人から、世界中から、言われているんじゃないですか?


nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

無題

多くの人が既にお読みになっているでしょうが、majyo さまが連日正義の憤りを噴出されています。

わたしも沈思黙考していたら同じような憤りを噴出しているでしょう、あんなに流れるように書けませんが

今の政権って一体なんなんだ?
税金を使いたい放題使って、三権分立の民主主義の根幹を壊し、悪法ばかり作り、言葉の理を麻痺させ、国民を不安に陥れている・・・

なんなんだこいつら?

昼間はなかなか時間がなくて考えたり書いたりしていられないので書いていないだけです。

じゃ何やってるかって?
楽しくバイトやったり、仕方なく家事の一部をやったり、一昨日は高校時代の友人が二人近くのホテルに来て、カラオケに行ったりしてました。

「息子よ」と「娘よ」をうなるのを聴いて大いに笑っちゃいました。藤岡藤巻とかいう人の歌です、笑えますよ

昨日は、幼稚園が祖父母のためのお遊戯会をしてくれたので、バイトを休んで観に行ってきました。

幼稚園て優しいのに、よく上手に仕込みますね、感心してしまいます。競争があるから? 園児が素直だから?

頭の中では、教育問題を、ボォっと考えています。

以上、近況ご報告です。

nice!(11)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

法務省の杜撰な集計、水道事業民営化、煽り運転裁判 [時事問題]

もう遅い時間だけれど、これだけは今日書いておきたい

法務省の集計の仕方のずさんさ、酷いものです。野党質問者の言うとおり、こんな資料に基づいた審議などできませんね。とっとと引っ込めるべきです。誰が見ても聞いてもそうですよ。メディアも声を揃えて言ってますよね!

それから水道事業民営化法案。アベ政権は悪い法律ばかり次から次へと作っていますが、これはまたまた酷い法案ですな。

なぜかと言えば、水道事業は完全に地域独占じゃないですか。民営化して自由競争にしても競争になるはずがないじゃないですか。水道事業権を得た特権企業が好き勝手に儲けるだけですよ。その金の一部は特権を認めてくれる政官に還流するでしょう。

住民を犠牲にした特権階級の金銭吸い上げ装置ができるだけですよ。大反対です。


もう一つ。これは政治話題ではないけれど、煽り運転の裁判の話。
高速道路の追越車線上に車を停めさせて脅している間に、後ろから来たトラックが追突して、二人の子供の見ている前で両親が死んでしまった事件。

運転中の出来事ではないので危険運転致死罪の適用は難しいかもしれないとの見方があるようですが、もしその適用が難しければ、未必の故意の殺人罪ですよ。

高速道路の追越車線に車を停めさせて口論していれば大いに起こり得る出来事ですよ。そしてそれが実際に起こってしまったのです。注意されてキレていたというのですから、そういう事態を招く動機もあったのです。

とにかく、アベ政治とはスケールが違うけれど、同様に許せない悪行です。反省している様子もないので、相応の刑に処すべきです。

nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

これでいいのか高校数学? [日本考]

最近気になっていることは教育の劣化です。
教育の劣化というと忠君愛国を美徳とする教育理念の復活が一番懸念されます。それはアベ政権のやらんとしている教育の改変で、警戒を要することは間違いありません。

このことの他にも気になっていることがあります。それは、現場の学習指導そのものの劣化です。

前回挙げたさくらんぼ計算については、計算のやり方のヒントとして教える分には意義がないわけではないでしょう。呉々も過度に修得を強制しないことを願います。算数嫌いを産まないために。

さて、今日挙げる例は、高校生の数学です。
具体的にお伝えするために資料も多くなり、小難しくもなりますので、最初に趣旨を述べておきます。

高校生の数学は分野が多過ぎませんか?
一つ一つの分野の基礎理解が難解なうえ、入試の過去問が学習対象に含まれるため、応用問題も難解になっています。

数学が考える科目から広範な知識とテクニックを覚える科目になってしまっています。生徒にしてみると、その分野を味わったり感動したりする暇がなく、次から次へとただ授業や教材やテストに対応しているだけになってしまっているのではないでしょうか。

先生にしてみると、数学の分野を次から次へと洪水のように教えまくり、テストをし、再テストをし、結局は数学の真髄の何たるかも伝えられず、数学離れ、理系離れの一因を、自ら作ってしまっているのではないでしょうか?

以上が趣旨です。

まず分野が多すぎる点です。

一年生で学ぶ数学1の内容は以下のとおりです。

1.数と式
数と集合 - 実数、集合
式 - 式の展開と因数分解、一次不等式
2.二次関数
二次関数とそのグラフ
二次関数の値の変化 - 二次関数の移動、最大・最小、二次方程式・二次不等式
3.図形と計量
三角比 - 鋭角の三角比、鈍角の三角比、正弦定理・余弦定理
図形の計量
4.データの分析
データの散らばり
データの相関

これだけでもかなりの分量です。

正弦定理は
a/sinA=b/sinB=c/sinC=2R
余弦定理は
a二乗=b二乗+c二乗-2bccosA
という三平方の定理を一般化したものです。

これらの学習の他、数学1と並行履修、あるいは数学1を履修した後に履修させ、3項目中2項目以上を選択履修させることとされている数学Aがあります。

数学Aの内容

1.場合の数と確率
① 場合の数(数学A)
集合の要素の個数
和の法則・積の法則
順列:円順列、重複順列などを含む
組合せ
② 確率
確率とその基本的な法則(数学A)
独立な試行と確率(数学A)
条件付き確率(数学C):確率の乗法定理を含む
2.整数の性質(新規)
約数と倍数
ユークリッドの互除法
整数の性質の活用:n進法など
3.図形の性質
三角形の性質:重心,内心,外心など(数学A)
円の性質:四角形が円に内接する条件、方べきの定理,二つの円の位置関係など(数学A)
作図(復活)
空間図形(新規):空間における直線と平面、多面体

3項目中2項目以上とありますが、いわゆる進学校の多くが全部やっているようです。

このうち例えば整数の性質では、こんな問題を解きます。

5x+8y=3 の整数解を全て求めなさい。

風呂にでも入りながらゆっくり考えたいところですがそんな暇はありません。すぐに解き方が教えられ、類題が与えられます。

解き方は、まず解答例を一つ見つけます。
例えば x=-1 y=1
これを問題の式に代入します。
-5+8=3
問題の式からこの式を、辺ベン引きます。
5x+5+8y-8=0 すなわち
5(x+1)+8(y-1)=0という式が、
さらに移項すると
5(x+1)=-8(y-1) という式が得られます。
この両辺が等しくなるということは
x+1は8の倍数だということになります。
そこで kを任意の整数として
x+1=8k と置きます。
これを左辺に代入すると
y-1=-5kとなります。
このことからx=8k-1
y=-5k+1 となり、これが求める答です。

一つしかない二元一次方程式の整数解はこのやり方で求めれば良いわけですが、こうしたことが次から次へと教えられ、類題で修得することが求められます。

問題のパターンに対して解き方の技法を身につけることが数学学習の中身になっています。興味を持ったり本当に身につけたりすれば意味のある学習ですが、次から次へと提示されると、一過性のテスト対策で終ってしまいます。

入試で目新しい問題を出題するとそれが学習項目に付け加えられ、その繰り返しで、何年もかけてこのように学習分野が広がってきたのでしょうが、現場で教えている数学の先生方は、どうお感じなのでしょうか?

空しさを感じながらも現役合格率アップというノルマを達成するために、ただ機械的に技法伝授をしているのではないでしょうか。

教育にはあちこちに問題がありますが、今日は高校数学のテクニック偏重を取り上げてみました。
皆様のご意見もお聞かせいただければ幸いです。


nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

森友問題の重要性 [ブログ交流で学ぶこと]


最近気になっていることは教育の劣化です。

しかしその前にアベ問題が横たわっていることに変わりはありません。悪い法律ばかりを、悪いやり方で次から次へと作っています。アベノミクスと言いながら財政赤字をますます拡大させています。

この問題については、ファルコ84さんのブログで次の文にお目にかかり、なるほどと思いましたので、無断で恐縮ですが、一部引用させていただきます。

【 最近では、解決済みかのような森友学園を巡る文書改ざん事件、問題の渦中に自殺に追い込まれた近畿財務局職員を知るOBたちが立ち上がり、真相を語り始め新たな動きが出てきているようです。

つまり、安倍総理の「私や妻がかかわっていたのであれば、総理大臣をやめる」
という発言を発端に、官邸や財務省や財務局が改ざんに関わったことが明らかになってきたようです、その責任や罪は重い。】
(出典は下記)
https://falco84.blog.so-net.ne.jp/2018-11-26

ひどいものです。本来なら関わりが明らかでその責任を取る方向に動くべきところを、役所の公文書を見直し書き換える方向にことが進んだのです。

真実を嘘に合わせようとした。合わせさせたのです。
そのやるせなさ、苦痛に耐えられず、当事者の一人が命を絶ったのです。あるいは、いろいろ悩んだ末に、その不正を訴えるために、身を犠牲にしたのかもしれません。

悲惨な出来事です。
しかし、それでも事態は変わらなかった。人の命など元々大して重いものだと思っていない人たちなのでしょう。
このままにして善いはずはありません!

今日は取り敢えずこれを記事とします。

nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

入管法改正案衆議院突破の愚行 [時事問題]

教育の衰えは将来の国力を確実に低下させますからね、気になることはいろいろあるのですが、昨日の入管法改正案の衆議院通過は、看過できませんね

中身の決まっていないスカスカの法案をロクな審議もせず通過させてしまうのですから、与党の代表、自民の場合はアベ総裁は、まことに怪しからん政治のリーダーです。

だいたい、人手の足りない職種があるというだけの理由で、喫緊の課題だとか言って立法を急いでいるのです。

なぜ人が集まらないかといえば、割りが合わないからですよ。仕事のきつさに報酬が見合わないからですよ。そんな職種を外国人で賄おうとするから、失踪者が多数出るのです。

問題の真の解決策を模索するのではなく、目先の安直な手を考えて法案を提出する内閣は呆れたものですが、アベ内閣ですからね、今さら驚くこともありません。もうとっくに辞めて欲しい内閣なんですから。

この国会審議で驚くのは与党議員の情け無さ、頭の軽さです。これだけ問題の多い法案を、ロクな審議もせず、与党が過半数を握っているからといって、内閣の言うなりに多数決で通過させてしまって良いのですかね?

国会の存在価値が、国会議員の存在価値がまるで無いではありませんか。内閣に、内閣総理大臣に、舐められっぱなしじゃないですか。

行政府に追随するだけですか、与党の国会議員は。それで国民の代表としての役を果たせると思っているのでしょうか。代議士ですよ。総理大臣の乗った内閣神輿を担ぐだけでいいんですか?

内閣を正しく導く気概はないのですか?政治家としての所信とか信念とかいうものはないのですか?ただ良い子にしていて、次のだか次の次の・・・だかの大臣になれればいいのですか?なったところで、所詮任命者に頭が上がらず、その言うとおりのことしかできないのですよ。

まったく情けない、意気地なしなんだなぁと思いましたよ。野党だけが相手ではないんですよ。行政府の手綱をしっかり持つ役割を果たさないと、存在自体に意味がなくなるのですよ!

バカじゃないなら少しは考えた方がいいですよ!

今回の衆議院の強行突破については、そんなことを感じた次第です。


nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

入管法の改正で労働力を補う? [時事問題]


いま国会で論戦が行われている入管法改正案、労働力不足を補うのが目的と言われています。

どんな職種で労働力が不足しているかといえば、建設や介護、保育などの作業現場でしょう。これらの職種は処遇が悪いのです。それ故、人が集まらないのです。

正しい対処法は、処遇を良くして必要な労働力を集めることです。それをしないで、その貧弱な処遇に耐え得るかもしれない外国人労働力を投入しようとすることは、日本の職場環境を良くしようという意思がまったく無いことの現れです。

この政策は、日本人の雇用の機会を減らす上、労働環境・処遇の悪さを国外に知らしめ、日本の印象を悪くしてしまうものです。

また法案成立のやり方が、中身が煮詰まっていなくて、説明も不十分で、基礎データも適切なものが提示できない状況での強行裁決です。それを画策しています。

民主主義は多数決ありきではありません。出された質問、疑念には納得のいく説明がなされなければなりません。与党議員もそれに気づかなければなりません。ただ法案を通せばいいというものではありません。

内閣が決めたことを国会での議論を無視してどんどん推し進める政治は、民主主義でも立憲主義でもありません、ルール違反の独裁政治です。

こんな政治、いつまでやってんじゃね〜よ!
ですね!

nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

算数とさくらんぼ? [日本考]


「劣化する日本」で教育の劣化が気になっています。

しばらく前から理系離れが囁かれています。学校教育にも原因の一端があるように思います。

教育改革が叫ばれ、高校入試問題などに「新傾向問題」が登場するようになりました。くだくだと状況が説明され、その中で問題が出されてそれに文章で答える、そんな問が目に付くようになりました。文章読解力、文章表現力を重視するようになったということでしょう。

日本人は議論に弱いところがありますから、それを意識しての改革と思われます。
ですから悪いことではありませんが、この傾向が蔓延すると、これでいいのかと思ってしまいます。文章読解力も文章表現力も、社会生活を円滑に進める上で大事な能力ではありますが、これがすべてではありません。

入試問題を作成する側は教育関係の公務員です。公務員に求められる能力はまさにこれでしょう。問題は、社会は公務員を再生産している場ではないということです。

物を考える力は必ずしも言葉とリンクしているものではないということがどんどん置き去りにされているような気がします。

入試問題だけではありません。日々の授業でも言葉が非常に重視されています。

国語は言葉の勉強ですから、言葉を重視するのは当然ですが、言葉を使って表現することにかなり重点が置かれるようになりました。表現力は大事な要素ですが、まずは中身を育てなければなりません。

考える力や感じる力は言葉を駆使する能力よりも先にあり、かつ大きいものです。混沌とした、あるいはもやもやとした中で感じ考えていて、それが適当な言葉に置き換えられて表現されるものです。

言葉の世界が先に脳内に作られ、その世界の中で思考が営まれると仮定することは、脳の働きに言葉の足かせをはめてしまうようなものです。

特に幼少期の脳の働きは、飛躍や空想に満ち、無限で闊達と言えるでしょう。こんな脳の働きを大人の浅知恵で固定してしまってはいけません。日本の将来を小さく萎ませてしまうことにつながります。

例を挙げます。
小学低学年の算数に「さくらんぼ計算」というのがあります。8+5のような繰り上がる計算の答えを求める方法として
「5を2と3にわけ、8と2で10、10と3でこたえは13です。いいですか、やりかたをりかいしましたか」と何度もしつこくやり方を教えます。

引き算もさくらんぼ計算を理解するようくどくどと教え込みます。
例えば 12ー5の場合、
「いちのくらいの2から5はひけないので、12を10と2にわけます。10から5をひいて5、5に2をたして、こたえは7です。このやりかたを《ひく・たすさくせん(作戦)》といいますよ、いいですか、わかりましたか?」

ご丁寧に《ひく・ひく作戦》も何時間もかけて教えてくれます。
同じく12ー5の場合
「いちのくらいの2から5はひけないので、5を2と3にわけます。12からまず2をひいて10、10から3をひいてこたえは7です。いいですか、わかりましたか?」

繰り上がりの足し算も、繰り下がりの引き算も、ドングリでもおはじきでも実際に数えてみればわかることで、なんでそうなるのか、そこに頭を使う必要はないはずなんですが、とにかくやり方を理解することと、それを説明することが重要視され、その力が求められます。

実際の数の取り扱いよりも、やり方とその説明が訓練されます。算数が嫌いになってしまわなければいいのですが、それが気になって仕方がありません。

学問の入り口ですからね、答が違っていなければいいんじゃないでしょうか。
考え方というのは、頭の中で自分で気付くものじゃないでしょうか。他人から教え込まれて覚え込むものではないような気がします。

みなさんはいかがお感じでしょうか?
ご意見ご感想をお待ちします。


nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

森林公園も劣化?

先週の話です。

水曜日は県民の日で、バイトは休み、孫の幼稚園も休み。ママはやらなければならない仕事があるとのことで、一日子守を仰せつかりました。そうそう、バアバは紅葉狩りにお出かけ中で、独りで一日子守です。

森林公園に行きました。
県民の日で無料かと思ったら「国営ですから」とちゃんと取られました。シニアですからいくらでもないんですけどね。

ポンポコマウンテンでトランポリンをしたり芝生で縄跳びをしたりしたあと、西口のわんぱく広場に行くというので園内バスに乗ろうと停留場で待っていました。すでに行列ができていました。

やがて木製の2両編成のガタガタバスがやってきました。ところが私たちの前で満員となり乗せてくれません。次のバスは30分後とのこと。
2キロちょっと、歩いて行くことにしました。5歳なのでそのくらいは歩けました。

わんぱく広場で遊んだあと中央口まで戻らなければなりません。今度こそバスに乗らないと大変なことになります。早めに切り上げてバスを待つことにしました。

今度は乗れましたが、始めからほぼ満員です。バス停で待っている人はどうなるのでしょうか?
心配していたら案の定、高齢の方がたくさん待っていました。

満員だから乗れないと告げると皆困っています。それはそうです。だだっ広い公園で、園内の乗り物は他にはないのです。バズに乗れなければタクシーを呼ぶというわけにはいかないのです。

満員だから乗れませんと威張って言える状況ではないのです。さてどうなる?
乗客が声を上げました。
「いいわ、わたし降りるは、ここから歩いて行くわ」
「わたしもそうする」

何人か降りました。
「じゃ、どうぞ、あなたもどうぞ・・・」
結局、全員を無理して詰めて乗せちゃいました。降りた人には乗車賃を返さなきゃいけないと思うのですが、そんな配慮はなさそうでした。

土日や祭日の混む日はこういうことになるのでしょうね。予備の車両を用意しておいて、臨機応変に運用しないと、良いサービスとはとても言えません。とんだ欠陥サービスです。国営なら国営らしくきめ細かく考えたらいかがなものでしょうか。

そう言えば、お花畑がほとんど泥むき出しで、秋の花がちっとも咲いていませんでしたよ。一部の花壇は咲いていたのかもしれませんが。

なんだか、だいぶ質が下がったような気がします。予算が削られたのでしょうか?


もう一つ、翌日の木曜日、久しぶり10年ぶりぐらいでしょうか、車検場に行きました。初度登録が平成11年のオデッセイの車検をまた取ることにしました。

お友達に頼んでユーザー車検でとってもらうのですが、今年はフロントガラスの不要なステッカーを外せという注文が出て、簡単に剥がれないので、お友達が審査途中で帰ってきてしまいました。火曜日のことです。

仕方なく本物のユーザーが出向きました。
事務棟に入ってカウンターで案内を請うと、あっちの建物に入って900円と400円の証紙を買ってこいとのこと。買って戻ると、この書類を持って車検の列に並べと。

車に乗って列に並ぶと、前に7、8台あるのです。進みは極めてゆっくり。剥がしたところを見てもらうだけなので、順番を待つまでもないだろうと、車から降りて前に行って係官に事情を話すと、来て見てくれて、出口のボックスにこれを出してハンコをもらえと。

その書類を持って三度事務棟に行って、ようやく車検証をゲットしました。車検をとって2年乗るのって結構大変ですよね。手間も大変だし、お金もかかるし。重量税が50400円、古くて重いと高いんですね、年間5千キロぐらいしか乗らないのに。

ともかく秋の課題が一つクリアできました。

nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

劣化が心配 日本の社会(4) [日本考]


 日本を劣悪化させている要因の第一は、アベ政治に代表される自民党政治です。それからその片棒を担ぐ公明党であり、行政面からこれを支えてしまっている官僚であり、暴走を少しも是正できていない裁判所です。

この中央の劣化の他に、巷に見られる要因として、業者の商売根性を挙げました。この点をまとめておきます。

人が商売を熱心にやることは悪いことではありません。悪いどころか経済の自由競争すなわち個々の利益追求が社会に進歩をもたらすというのが今の社会の基本理念になっています。生きるに必要なことでもあります。

自由主義経済がうまく機能するように調節するのが政治・行政の役割です。そこが劣化してしまっていますから、問題が起こるのも当然ですが、仮に劣化していない政権でも、その調節機能に完璧を求めることは不可能です。営利主義で販路を拡大しようとする側にも自制心が必要です。

商魂のアクセルを踏めばいいというものではありません。限度があります。これ以上追求すると社会を歪める、相手に致命傷を負わせるという一線があります。競争社会にも、人道という自制心が必要です。自由競争が全てを解決してくれるはずがありません。当たり前のことです。

人件費は低く抑えたいのです、どこの企業も。しかし、給与を減らし、福利厚生を下げていけば、従業員の生活は成り立たなくなります。人が集まらなくなります。外国から不足分を調達しますか?

何事も常識の範囲内で収めなければなりません。そういう認識は、経営者も営業マンも持たなければなりません。だれかの損失の上に成り立つばかりで、社会のためになっていないと思われることは自制しなければいけません。法律の範囲内で、詐欺罪や贈収賄罪、独禁法違反などに引っかからなければいいというものではありません。

人々が理性や自制心を失ったら、どんな制度も悪しきものになります。
日本人は夢中になりやすいので、この点が心配です。

そんなことが言いたかったのでした。


nice!(14)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -