So-net無料ブログ作成

熊谷戦跡めぐり その2 [たまには photo news]


 フィールドワーク行ってみます。中央公園平和の鐘から。

IMGP1084.jpg

IMGP1085.jpg


IMGP1086.jpg

IMGP1087.jpg


 中央公園については、平和マップに次のように掲載されています。
IMGP1182.jpg


IMGP1089.jpg

 千形(ちかた)神社の前を通って

IMGP1092.jpg
 戦火をまぬかれた数少ない建物のひとつ(衣装屋さんの蔵)
 平和マップには
IMGP1182tr上.jpg

 蔵の裏手にある戦火に耐えた銀杏の木(意外と小さい)
IMGP1093.jpg


 千形神社の脇に戻りました
IMGP1094.jpg

IMGP1095.jpg

IMGP1096.jpg


 聖パウロ教会
IMGP1098.jpg

IMGP1099.jpg

 平和マップによると
IMGP1183.jpg


 
IMGP1100.jpg
 あの佐川さんが長官を勤める国税庁熊谷税務署(戦跡と何ら関係ありません、単なる通りがかりです)

 熊谷寺
IMGP1101.jpg

 平和マップには
IMGP1186yuu.jpg

 熊谷寺前です。左側が八木橋デパート。
IMGP1103.jpg

 平和マップに載っている次の写真(上)はこの辺りから撮られたとのこと
IMGP1189.jpg

 下の写真が撮られた辺りに向かいます。
IMGP1104.jpg

IMGP1105.jpg
 火の見やぐらが建っていたのはこの辺りではないかと・・・
IMGP1108.jpg


 夜も更けてきましたので、今日はこの辺で。

nice!(14)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

熊谷戦跡めぐりその2の前に

 前回の机上に引き続いて、フィールドワークに飛び出したいところですが、昨日の運の悪さについてまずは書かせてください。

 まず、18日夜の強風で、裏のネズミモチ(たぶん)のかなり大きな枝が折れたのです。折れて隣りの敷地に張ってあるテントの上に落ちたのです。翌19日は例の戦跡めぐりとかあって時間がなく、そのまま放置したのです。そのテントは隣りのマンションの1階の中華料理店のものなのです。日曜日が定休日でだれも来ないのですが、月曜日は、10時か10時半ごろは店の人がやってくるのです。ベランダから見たところテントに傷みはなさそうなので、大きなトラブルにはならないと思いましたが、来るまでに片付けておくに越したことはないと思い、大枝の回収にとりかかったのです。

 2階のベランダからは届かないので、下から、折りたたみの台をかけて、ネットのフェンス越しに枝を掴んで引っ張ろうとしたのですが、建物に付いている換気扇の一部に枝が引っ掛かり、どうしてもこちらに来ないのです。仕方なく掴んだ枝を放すと、枝の向きが変わり、そこからは手が届かなくなったのです。そこで、テントの隣りに建っている物置の上に移動しようと、ベランダの支柱をしっかり持って、フェンスの上に片足立ちして、残りの足を物置の上にかけようとしたのです。

 するとそのときに、細いフェンスの上に置いた軸足が少し滑ったのです。もうどうしようもありません。ベランダの支柱はもちろんしっかり持っていたのですが、手袋をしていたせいもあって、見事によく滑って、支柱を左回りに回転しながら、約1.8メートル下に落下したのです。下が草むらだったらたぶんなんでもなかったのでしょうが、生憎コンクリートが置いてあったために右腰を痛打し、肘もどこへやらぶつけて、つまり負傷してしまったのです。
 でもやりかけたことなので、それに骨に異常はなさそうなので、台を移動して、物置の上に乗って引っ張ると、引っかかりも外れて、こちらの敷地にヨッコラショ、枝を回収することはできたのです。ですが、右腰を痛打した。これが第一のアクシデントです。
IMGP1175.jpg
 グリーンで上がベージュなのがテントです。
 下がこんなでした。
IMG_4829.jpg


 もう一つ不運が重なりました。今日が廃車となるクルマ、朝一はエンジンがかかって無事に動いたのです。それが二度目にカミさんが動かそうとしたときにエンジンがかからないとのこと。なるほどカチといったきりかからないのです。あまり乗ってないし、寒いので、バッテリ上がりだなと思って、痛い脚を引きずりながら、仕事場にジャンピングコードを取りに行ったのです。たまたまそばにあったクルマのバッテリーとつないでエンジンをかけたのですが、エンジンをふかしても、カチッといったきりかからないのです。
 こちらは写真を取り損ないましたが、脚は痛いしクルマは使えないし(もう一台あるのですが、動かない車が家の駐車場をふさいでしまって)まあ不自由な一日でした。

 昨夜は寝返りは打てなかったものの、痛くて眠れないということもなく、起きてからも昨日よりは良さそうなので、大したことではなさそうです。

 クルマのほうは、引き取りに来たセールスマン氏いわく
「こういうことって割とよくあるんですよ。クルマがスネちゃうんですよ、オレを出しちゃうのかって」
 後日トラックで取りに来ますとのこと。「動かないとなると、ちょっと条件が変わってしまうかもしれません。5万で下取ることになっていたのですけれど、それが付けられないかもしれない」とも言ってました。大事件です。

 本日は以上です。フィールドワークは次回に!


nice!(12)  コメント(14) 

熊谷戦跡めぐりwalking その1 [たまには photo news]

 今日の午前中、熊谷空襲を忘れない会主催の戦跡めぐりに参加しました。

IMGP1082.jpg

 10時市役所前集合、2~3分遅れてしまいました。
 フルート奏者の佐藤さんが案内してくれました。こんなのをあらかじめ用意してくれていました。
IMGP1173tr1.jpg

 「今日はこの順でご案内します」と予定表も
IMGP1173tr2.jpg

 そして最初の案内場所の平和の鐘に
IMGP1083.jpg
 ここは市役所わきの中央公園です。

 ここを皮切りに戦跡めぐりが始まるのですが、今日はいただいた「くまがや平和マップ」のご紹介をまずはしようと思います。
IMGP1162奥付.jpg

 これは2010年に作られていますが、実はよく見たことがありませんでした。
 広げると表は
IMGP1159.jpg

 裏は
IMGP1160.jpg


 この中からいくつか記事をご紹介します。
 まずは森村誠一さん
IMGP1178.jpg

 次いで金子兜太さんの記事と灯ろう流し
IMGP1179.jpg

 紙芝居より熊谷空襲の体験
IMGP1180.jpg

 学童疎開
IMGP1181.jpg


 まずは平和マップをご紹介しました。次回は実地見聞記を掲載します。


nice!(12)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

とうとう新車を買うことに・・・

 
 昨日とうとうクルマの注文をしました。夜の7時に営業マン氏がやってきて。それは便利だから是非付けよう、いややっぱり高くなっちゃうから止めとこう・・・などと、結局10時過ぎまでかかってしまいました。

 で、何にしたかって? 二転三転しましたよ・・・
 軽のミニバンタイプを一通り見て、隣りに置いてあった1000ccのダイハツ・トール(THOR)、1200ccのスズキのソリオに眼が移り、どうせ普通車に乗るなら乗用タイプのほうが運転しやすくないかと、日産のノートやホンダのフィットも考えましたよ。でもコンパクトカーには違いがないから、金がかかる割に面白みがないかってことになって、
「そういえば北海道で借りたレンタカーが小さいのに意外とよく走った。あれはルーミーだったような気がする。ダイハツ製のトールのトヨタ版じゃないかな」との家人の証言が決め手になって、その車になりました。クルマは同じなのですが、埼玉トヨペットが扱っている「TANK」というクルマです。物騒な名前なので名前は厭なのですが、ROOMYよりも、THORよりも安く買えたのです。

IMGP1081.jpg
 カタログより
 これの白を注文しました。
 トヨタさんは、トヨタ銀行で、4.9%と金利は高く、これでもいい商売をしているのですが、トヨペットさんは5年後の残価を大変高く見てくれるのです。残価も含めてのローンですから、借りは少ないに越したことはないのですが、取り敢えずは、月々の支払いは安く済むのです。

 国民年金生活でクルマに支払う金などないのですが、孫の送り迎えや女房殿の活動に必要なので、買うしかないだろうとの結論です。最初は軽と思ったのですが、もう一台のクルマも18年も乗っているので、いずれはこれが1stカーになるかもしれないと、決断しました。でも、乗ってみると、機敏は機敏ですが、1000ccですからね、やはりそれなりです。でも贅沢は言えませんやね。

 それにしても新車なんか頼んでしまったものですから、さあ、これからが大変です。しかも想定外のこととして驚いたのは、自動車保険が月7千何某かかるというのです。今までは年3万ぐらいしか掛けていなかったので、オイオイ、これじゃ買えねーぞって、心境です。今朝スマホで家庭教師の求人サイトを見ましたよ、さっそく登録しなきゃ!

 本日は以上です。

nice!(12)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

往復3時間、待ち時間3時間半、でも一歩前進!


 昼間出先で下記の記事を書きました。

 忙中の閑です。
 前回の定期診療時に、肝機能の数値が悪くなっていて、先生のお眼に止まり治療を勧められました。実は、C型肝炎のキャリアなんです。初めからお伝えしてあったのですが、正常域の上限付近だったので、今まではあまり問題視はしていなかったのでしょう。
 前立腺の治療との関係があるので、病院内での診察を勧められ、今日は前橋の病院まで来ています。9時半に着いて受付番号743番。三階のいつもの科に行くと、消化器内科の場所を告げられ、下の階に降りました。

 造りは同じようなのですが、驚きました。

IMGP1074.jpg

 科がたくさんあって、受付は角に一つ。待合室とも言いにくい通路にベンチがたくさん置かれ、待ってる人も大勢います。これはいつまで待たされるやら・・・? これを書き始めた次第です、スマホのメモ帳に。

 自分のブログに寄せていただいたコメントにお返事も書きました。備え付けの血圧計で血圧も測りました。上が96で下が72とか出ました。あれ、低すぎる、上下の差が小さすぎる! もう1回測ると、上が106、下が65、ならいいか?

 10時半頃、担当医が決まったとのことで、診察室16番の前で待つことに。11から25までズラッと診察室が並んでいます。長い廊下の壁際にベンチが置かれ、そこもほぼいっぱいですが、空席があり、そこで待つことにしました。

 この後どうなったかと言いますと、12時過ぎても一向に番が来ないのです。私は8時に家を出ているので、何もすることもなく、お医者様の所見を伺い、検査の段取りをしてもらうためだけに、ただ座って順番を待っているのです。2時間半座って待っていて、ふと先日テレビでやっていたことを思い出しました。
「1時間腰掛けていると22分寿命が縮まるというデータがある」とかなんとか言っていました。娯楽テレビの言うことですから当てにはなりませんが、こんなに待たされるようでは、この先治療に通いきれないと確信してしまいました。

 そこで看護師さんに言いました。
「家も遠いし、こんなに待っていられないので、自宅の近くの病院で治療しようと思います。泌尿器科の先生にそちらの病院の紹介状を書いてもらおうと思いますので、診察券を返してもらえますか。」
「ちょっとお待ちください。先生にその旨お伝えして、相談して参ります。」 数分後
「まだ、すぐ・・・というわけにはいかないので、待てないならそうしてくださいとのことです。私からも、そちらに連絡しておきます。」 てな訳で、いつもの科に戻り、いつもの先生(は休診でした)とは違う先生に紹介状を書いてもらい、13時過ぎにようやく病院を後にしました。

 ここのところ何かと忙しくて、治療に余分な時間を割いていられなくなりました。もちろん必要な手当てはしなければなりませんが。
 病院が待たせるのは患者が多いからであって、必ずしも病院が悪いわけではありませんが、医療貧民を実感した日となりました。でも今後の治療方針は自分としては決まりました。

 帰りがけに市役所に寄り、印鑑証明書をとりました。取り敢えず廃車に必要なんです。

 散漫な話にお付き合いいただきありがとうございました。


nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

憲法の大切さを考えよう! [たまには photo news]


 昨日は「松本ヒロ公演実行委員会」というのに参加してきました。4回目だったようです。

 開催日・・・2018.10.28
 会 場・・・熊谷さくらめいと 月ホール
 目 的・・・憲法の大切さをわかりやすく学ぼう
 主 催・・・新日本婦人の会熊谷支部内・松本ヒロ公演実行委員会

 フルート奏者の佐藤さんに誘われるままに、1年半前に実行した「平和を願う音楽祭 in Kumagaya 」の資料を持って、参考になることがあれば・・・の思いで馳せ参じました。

IMGP1072.jpg
 みなさん女性でちょっとびっくり

IMGP1073.jpg


 今後どのようにして、講演会の宣伝をしつつ、現政権が実施しようとしている憲法改変の危険性を多くの人に伝えていくか? などを話し合いました。みなさんの真剣みが伝わってきました。

 今日も車のことでだいぶ時間を使ってしまいました。

 それにしても現政権の外交はひどいですね。横田基地から入って、横田基地から出ていく大統領に何も不平を言わず、ご機嫌をとれるだけとっているのですから、ナンジャラホイです。韓国のほうが余程しっかり意思表示しましたよね。日本もできるだけ圧力をかけて、事態が改善されるように大統領に働きかけたということなのかもしれませんが、そもそも軍事的な威嚇は憲法が禁じていることですからね。そんなことを同盟国にお願いすること自体、憲法違反です。物騒です、危険です。韓国と不仲になります。

 中国はしたたかですね。経済力を背景に、大国ぶりを着実に発揮するようになりました。習主席の独裁体制が大いなる問題ではありますが。


nice!(15)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっとトラブル発生 [たまには photo news]

 ちょっとブログのほう、お休みしてしまいました。この傾向、しばらく続きそうです。
 何に時間をとられているかと言いますと、クルマなんです。私、2台クルマを管理してまして、1台は女房殿が乗っています。でも管理は私だそうで、毎年11月に交互に車検をとっています。

 今年は女房の車で、車種は日産セフィーロ。平成12年の車で、そもそもは息子が買ったクルマなんですが、もう17年もたっているんですね、走行距離は11万6千キロ。今回も知り合いに頼んで車検をとる予定で、自賠責に入ったりしていたのですが、ボンネットを開けて点検してみると下限をかなり下回っているオイルの壺があるのです。

IMGP1029.jpg

 見るとステアリングフルードとあります。パワーステアリングの油圧装置のオイルですね。補充すればいいかと思ったらそうはいかない。漏れているから減るので、漏れを直さないと車検は通らないとのことです。直せばいいだけのことなのですが、直すとなると古いのでシリンダーごとの交換になるだろう、タイミングベルトとかも交換することになって・・・何十万かかかるだろう・・・
 てなことで、予定していた車検を取り止めることにしました。
 エンジンルーム全体は

IMGP1032.jpg
 コンパクトによく納まってますよね。
 そういえばバッテリーはまだ新しかったなぁ、タイヤも前回換えたばかりだー、もったいない!

IMGP1030.jpg

 でも無理かー、じゃどうする? 軽でも買いますか?
 まずは近所のホンダに行ってみました。
「ボーナスなしの5年ローンでいくらぐらいで買えますか」
「ご予算はいくらぐらいで?」
「言えるほどないんですよ・・・」
 昨日はトヨタと日産とスズキに行ってきました。
 いまは残価設定型の5年ローンなんていうのがあるんですね。何に乗ることになるやら、全然当てがない上に金策もしなきゃならないし・・・まだしばらく時間をとられそうです。

 中国の台頭が顕著ですね、触れたくもありますが、時間がなくて<(_ _)>

 今朝の月です。

IMGP1043.jpg



nice!(14)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

のどかな秋の景色と物騒なアベ外交 [たまには photo news]

 雨の多い秋でしたが、11月に入り、ようやく穏やかな気候が楽しめる季節となりました。きれいな紅葉の景色をあちこちのブログで拝見し、たまには群馬の紅葉でも見物に出かけてみたいものだと思っていたところ、県内でちょっとばかり楽しむことができました。家人の仕事の助っ人で運転手をして、かつての江南町から嵐山、小川を通って、毛呂山町まで行ってきました。

 写真を撮ったのは、埼玉県の農林公園です。所在地は深谷市、かつての川本町ですが、熊谷市、かつての江南町と比企郡嵐山町との境界付近にあります。

IMGP1012.jpg
 まあ、何もないところと言えばそれまでなんですが・・・
IMGP1013.jpg
 親子連れやお年寄りがエンジョイしています。
 散策してみると
IMGP1014.jpg

 ちょっと近づくと
IMGP1015.jpg

 さらに近づくと
IMGP1016.jpg
 これぞケヤキだそうで
 葉っぱがよく似ていますね、ムクの木と。
IMGP1017.jpg

IMGP1018.jpg

 落ち葉を写してみました。
IMGP1019.jpg

 もっと真っ赤なのはないかと見回すと一ヵ所ありました。
IMGP1020.jpg
 ハウチワカエデとありました。

IMGP1021.jpg

 寄ってみました、サザンカの花
IMGP1022.jpg

 暖かいので草も咲いていました。
IMGP1024.jpg

IMGP1026.jpg


 久し振りにいい空気を吸っていい気分でいたのですが、宵のニュースを聞いていると、日米首脳会談の後の記者会見で、アベ総理
「全ての選択肢がテーブルの上にあるというアメリカの立場を完全に支持している旨を伝えました。北朝鮮が『政策を変えるから話し合いをしたい』と申し出る状況を作り出すことが大事です」
みたいなことを言ってましたね。恐い発言ですね、何でこんなことを日本を代表して言ってしまうんでしょうか。
 答えは、選挙に勝った(と思っている)からなんですね。

 でも間違いなく憲法違反の行為です。
「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」
 紛れもなく武力による威嚇ですからね。韓国は国を挙げて軍事オプションには反対していますよ。それを日本は支持して、万一開戦してしまって、朝鮮半島と日本列島に莫大な被害が出たらどう責任を取るつもりなんですかね? 元々責任意識なんかないからあんなことが言えるのでしょうから、あんな総理の態度を冷静に受け入れていたら、大変なことになりますよ。

 日本の被害は、最悪、自業自得としても、韓国国民が受ける被害に、日本はどう謝罪するのでしょうか。大事なことは一に隣国韓国と歩調を合わせることではないでしょうか。

 せっかく気分のいい写真をご覧にいれたのに、後味がすっかり悪くなりました。お口直しに(なるかどうか)昨日のお月さまをお見せします。七時半ごろ東の空に赤い大きな月が出ていました。先週13夜とか言ってましたから、立ち待ち月ぐらいでしょうか?
IMGP1027.jpg

 珍しくうさぎさんも写せましたのでトリミング
IMGP1028.jpg


 本日は以上です。ご訪問に感謝します。

nice!(19)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

他人の身になれる人となれない人 [人間考]


 人にはできることとできないことがあります。人類は同類ということで、それがみな同じならば解りやすくていいのですが、ところがこれがかなり違うのが実情です。

 たとえば、いま話題になっている、自殺願望のある人を9人も死なせた、あるいは殺したなどという行いは、私に限らず多くの人ができないでしょう。また、サービスエリアで停め方を注意されたことを逆恨みして、高速道路の追い越し車線に車を停めさせ、相手を車外に引きずり出すなどということも、できない人が多いのではないでしょうか。いじめが高じてリンチ殺人などという事件もときどき報じられます。

 関東大震災の直後、朝鮮人が井戸に毒を入れたという噂が流れ、朝鮮人を捕えて、あるいは移送中の朝鮮人に対して、暴行を加え死なせてしまった事件が各地で起きましたが、こういう行為も、できる人とできない人がいると思われます。
 なべて他人に対する残忍な行為は、できてしまう人とできない人がいます。

 できる人とできない人では何が違うのでしょうか?
 脳の一部部位に構造上の差があるのか、単なる発達差による機能上の差だけなのか詳しいことは分かりませんが、できない人は想像力があり、できる人は想像力が欠けていると思われます。

 何の想像力かというと、他人の身になってものを感じ考えることができるかどうかという点です。普通の人は、それができます。いわゆる共感ということです。直接自分に関係ない人のことでも、その人の努力が報われ優勝したとか聞くと、嬉しくなります。嬉しいだろうなあ、喜んでいるだろうなあと想像するとこちらも嬉しくなるのです。

 悲しいことや悔しいこともそうです。その人の身になってその思いを想像したり、共有したりすることができます。そういうことができるように、人間というのはできているのではないでしょうか。他人の身になることができると、他人に惨いことをすることができなくなります。自分がそんな仕打ちを受けるようなことがあったら堪らないと思うからです。

 一方で、他人の身になれないという人もかなりの割合でいるようです。自分は決定的に自分であって、他人は決定的に他人なのです。他人の苦しみはあくまでもその人の苦しみであって、自分は痛くも痒くもないのです。いわばザマアミロの感覚なのです。

 こういう人は、他人を苦しめることが平気で出来てしまいます。化学兵器を作り出すために、ためらいもなく人体実験をしてしまいます。何百万人も処刑して、その民族を滅ぼそうとすることなどもできてしまいます。腹が立てば相手を死なせることも何でもないのです。自分以外の人間の命が一つ消えるだけのことなのですから。

 人間の様々な面の多様性については、たいていのことが正規分布、つまり平均的な人の割合が一番高く、二方向への変わり方が大きくなるほど割合が低くなるような分布を示す傾向があるように思えます。しかし、この共感性については、有るか無いかで極端に違うため、二分できそうな気がします。しかし程度の差というのはやはりあるでしょうから、分布曲線を描くと二山できるのではないかと思えるのです。

 つまり他人をためらい少なく攻撃できる人と、そんなことはできない人とが混在しているのが人の世ではないかと思うのです。
 この人間性の違いはたいへん大きな差になって現れます。前者は自分の感性が中心のため、感性が合わない他人を敵と見ます。国ならば簡単に敵国と見ます。敵に負けたら滅ぼされますから、負けないように準備します。また負けないためには先制攻撃も辞しません。

 一方、後者は、他人や他国を攻めることなどする気はありませんから、闘うのは正当防衛のときのみです。これだけ違う人が同じ国を営んでいます。割合からいくと、後者の方が多いので、戦争にはなりにくいのですが、ひとたび前者が主導権を握ると、社会はとんでもないことになります。

 なぜなら前者は他人の痛みに想いを馳せない人たちなのです。他人の痛みが分かって他人を攻撃したくない人を容赦なく巻き込んで、敵国も自国もなく他人を攻撃し始めるのです。

 これが戦争・戦時体制です。かつての戦争もそういう面がありました。他人の身になれない人たちに、国の、社会の主導権を握らせてはいけません。

 どこの国にも、他人の痛みが分かる普通の人がたくさん住んでいるのです。旅行に行ってみればわかります。テレビカメラが入ればすぐにわかります。いまはそういう時代です。何だかわからない恐ろしい民族と、食うか食われるかで戦う時代ではありません。他人を他国を鬼畜のように思っている人に騙されてはいけません。

 最近の事件や政治の動きから、そんなことを思ったのでした。本日は文字ばかりで失礼しました。

nice!(13)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

11月3日スタンディングのご報告 [たまには photo news]


 今日11月3日のご報告を。

 10時ころです、駅伝が通り過ぎました。詳しいことは知りません。<(_ _)>
IMG_4813.jpg
 たぶんこの人先頭

IMG_4814.jpg
 この人たち、たぶん二位グループ。

 さてさて、今日は14時から国会包囲大行動があることを知っていましたので、たまには国会包囲に参加しようかなあと思っていましたが、結局はそれだけの時間がとれず諦めました。いつものように熊谷駅前に。
 ただ、せっかく?総選挙があって、新内閣が(と言ってもアベ内閣に変わりはありませんけれど)始まったばかりのところですから「アベ政治を許さない」という例のプラカを掲げても「相変わらずの反権力運動か」と軽く見られかねないと思いました。

 そこで、では何を訴えようか・・・平和憲法無視の危険な体質だなと思い、大急ぎでプラカを作りました。「〈国権の発動たる戦争〉を許さない日本国憲法を、変えるのではなく守ろう、守らせよう!」今日は黙ってこれを掲げることにしました!

IMG_4816.jpg

 今日は少数精鋭でした。
IMG_4821.jpg

 プラカについては、みなさん、結構視線を止めて見てくれました。トリミングします。
IMG_4821trl.jpg


IMG_4821trr.jpg


 署名を集めるDoBitcHさん
IMG_4823.jpg


 スタンディングの後は急いで中央公園内の緑化センターに行きました。九条の会代表の下山さんの講演がありました。気象庁にお勤めだったそうで、熊谷の暑さの話や、地震や雷などについてユーモアを交えて解説してくださいました。
IMGP1004.jpg


IMGP1006.jpg


 私は途中で用事が入り残念ながら退席することになりました。いただいてきた資料を今見ると、下山さんは日本気象予報士会の顧問をされていて、今日の講演のタイトルは「巨大化する自然災害から身を守る」でした。

 最後に、パンフレットを一つ拡散します。
IMGP1009.jpg

 これは是非行かねばって思っています。

 本日もお付き合いいただきありがとうございました。
nice!(17)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感