So-net無料ブログ作成
検索選択
たまには photo news ブログトップ
前の10件 | -

金子兜太さん「戦争と平和」を語る! [たまには photo news]

 昨日、日曜日は忙しく過ごしました。バイトの合い間を縫って、表題の講演会に行ってきました。
IMG_4158.jpg

 兜太先生には昨年の「平和を願う音楽祭 in Kumagaya」で大変お世話になりましたので、ここは行かねばなるまいと、時間をこじ開けて行ってきました。
IMG_4149.jpg

 一番前が空いていたのでそこに座ると、写真のホワイトボードが眼の前に。左にスケジュールが、右に「上を向いて歩こう」の歌詞が書かれています。一部の終りに合唱しました。

 主催者(9条の会・熊谷)SさんとYさんのご挨拶
IMG_4150.jpg

 第一部はザ・クンパクンパのなかのお二方(Kazus?)の歌と演奏。
IMG_4151.jpg

 座も温まった第二部に金子先生登場。御年97歳とのこと!
IMG_4153.jpg
 お相手はS新聞社の佐藤さん。
 まずは秩父郡皆野町で過ごされた幼少期のお話から。
 父伊昔紅(いせきこう 俳号)さんの交友関係。高浜虚子の『ほとゝぎす』、その四羽烏の一人水原秋桜子と親しく交わることから、皆野町で俳誌『若鮎』を創刊、前衛俳句の先駆をなしたとのこと。
 しかし句会に集まる人々の様子から、母親に「お前は俳句なんか作るんじゃないよ」と言われ、熊中時代の5年間は作らなかったとのこと。旧制水戸高等学校に進学後句会に出席するようになったという。
IMG_4154.jpg

 そんな俳句にまつわるお話を、当時の出来事を交えながらいろいろ語ってくださいました。よくもまあ、昨日のことのように覚えていらっしゃるものだと、感心するばかりです。メモしてきたこともいろいろあるのですが、時間の都合で割愛します。
 こんなお話を聴いている間に、予定の4時半を過ぎ、5時からバイトが入っている身としては、どうしても退出せざるを得ず、終了前に這うように席をたつことになりました。
 以後のことは、また情報を仕入れて、お伝えすべきことがありましたら、再度記事にします。

 今朝のテレ朝さんのフリップです。
IMG_4157.jpg


 ご訪問に感謝します。
 

もう終りと見ました! [たまには photo news]

 写真はスマホでしか撮っていなかったのですが、それではどうしても野鳥か撮れません。なんとかもう少し姿を捉えたいものだと思って、昔使っていた FINEPIX とかいうデジカメを引っ張り出して、電池を入れて、SDカードを入れて、ようやく撮れるようにしました。どうも野鳥は秋から冬のほうがたくさん街に現れるようで、時期としては遅いのですが、おとといから時々持ち歩いています。

 で、昨日撮ったのが
DSCF2307.jpg

DSCF2308.jpg

DSCF2311.jpg

DSCF2312.jpg

 スマホよりはだいぶ大きく撮れるようになったのですが、なかなか明るく鮮明にというわけにはいきませんが、しばらくはこれで鳥影を追うことにします。ちなみに、ヒヨドリではないかと思っているのですがいかがでしょうか?

 さて、写真が先になりましたが、例の森友学園問題は、総理直接関与の疑いが出てきました。もともとこの疑惑については
 【 今回の事件は、どうも、もっと大きな鼠が動いたのではないでしょうか。なにしろ、総理夫人が親しくかかわっている案件ですから。総理によれば、夫人は「私人」だそうですが、総理以外のだれが「この人は私人だから」などと思ったでしょう?
 いまや、総理が動くところ、お取り巻きがドドッと、官邸は物静かに・・・いちいち金が動いたり口を利いたりしないで、物事が動くところまで、この国は来ているのではないでしょうか。】
 と私は思っていました。この事件に総理夫妻の関与がなかったことが完全に証明されない限り、この国は総理の独裁が、政治家だけでなく官僚をも巻き込んで、すっかり進んでしまっているということになります。

 一寸先は闇ですから何が起こりどういう結末になるのかわかりませんが、よほどのことがない限り、この内閣は、さすがに、もうおしまいですね。終わらなければ、日本が終わりますね。

 そのくらい、歪んでしまっていますよ、今の日本の政治は!






気がつけば花の季節! [たまには photo news]


 前の記事に花の写真を添える気になれないので、記事を改めることにします。

 まずは例の定点写真です。今朝10時ごろ撮りました。
DSCF2297.jpg

 緑の木の右を回ってモクレンに近づきます。
DSCF2298.jpg

 さらにモクレンに寄ります。
DSCF2299.jpg

DSCF2300.jpg

DSCF2301.jpg

 左側のピンクの花です。桜の一種と思うのですが、定かでありません。
DSCF2302.jpg

 ご近所の梅の古木、塀越しに撮らせてもらいました。
DSCF2303.jpg


 昨日の総理100万円献金騒動ですが、総理側は完全否定、昭恵さんも覚えていないとのこと。となると、証拠不十分で「疑わしきは白」なんですかね。
 何か大きなものが動いて、小さな学園が小学校を開校できるような強い追い風が吹いたことは明らかなのですが、事態があからさまになりかかると、「オラしーらねー」「わたしも覚えないわよ~」なんですかね。

 平成のアッキード事件は、どう見ても歴史に残る汚点ですね。


桃の節句の駅前スタンディング [たまには photo news]

 3月3日、桃の節句の駅前スタンディングです。

 例によってビラの作製はドロナワとなりました。決してドロナワが好きなわけではないのですが、事前に作っている暇がなく、いつも、結果がそうなってしまいます。
 前回、脱被ばく実現ネットさんの縮小コピーを入れた場所に、オリジナルを二つ入れました。
 ひとつは
---------------------------------------------------

国有地 格安 払い下げ のなぞ

 近畿財務局が大阪の学校法人森友学園に対し、9億余の国有地を「ゴミ撤去費用」8億余値引きし、1億余で払い下げた問題が波紋を広げています。
① 財務局がなぜ特段の便宜を図ったのか、政治家の関与はなかったのか?(なければないで官僚の行政姿勢が問われます)
② 優遇を受けた森友学園の教育方針は、戦前の教育勅語を手本とする国家主義思想を強要するものです。隣国の人たちを蔑視する歪んだ民族差別主義も窺え、その教育内容が問題になっています。
③ その学園理事長は、アベ総理も所属する日本会議の大阪支部長です。
④ もともとの学院設立計画は「安倍晋三記念小学校」の名のもとに進められており、昭恵夫人が名誉校長ということになっていました。

 アベ総理はなんの関わりもないと答弁していますが、これでも関わりがないと、また夫人は私人だから知ったことではないと、言えるのでしょうか?単に理事長の独断で進められていたことなのでしょうか?
 こんな歪んだ行政がまかり通ってしまったら、遠からず、日本中の学校が森友学園化してしまうでしょう。もしかしたら、いまは天下分け目の関ヶ原、そんなときかもしれません。
          3月3日 momotaro
---------------------------------------------------

 もうひとつは、
---------------------------------------------------
あの ビートたけしさん も叫んでいます!

 御著『テレビじゃ言えない』(小学館新書)の中で、
<テレビじゃ言えない「危ないニッポン」>
<テレビの自主規制が年々ひどくなっていて、かつてのような言いたい放題、やりたい放題がドンドンできなくなってきてるんだ>
<ニッポンは「一億総活躍社会」どころか「一億総自主規制社会」だ。>
<国が国民に「頑張れ」って強いるのは、よくよく考えりゃ「働いて税収を増やせ」「社会保障に頼るな」って言われているのとほとんど同じだろ。>
<テレビは「真実を伝えるメディア」というより、「真実をオブラートに包むメディア」だ。> など

 このまま突き進んでしまってよいものかどうか、ともに考えてみましょう!
          3月3日 momotaro
---------------------------------------------------
 ビラ配りをしてみると、政治に関心を持っている人が実に少ないことが分かります。「ビートたけしさんも・・・」と言えば少しは関心を寄せてもらえるのではないかと、本を手に入れておきました。
 そしていいところを拾い出そうとしたのですが、そのいいところがなかなか見つからず、上記のとおりわずかの行数で終わってしまいました。そこで文字を大きくしたり行間を開けたりして収めました。

 次に配置です。当初はたけしさんのを表紙脇の目立つ所におこうと思っていたのですが、内容が、いえボリュームが乏しいので、森友学園問題を目立つ所に、たけしさんのは最後にすることにしました。

 そうして、今回はピンクの紙に100枚刷りました。
IMG_4094.jpg

IMG_4095.jpg

 用紙が数枚不足して、白と黄色も混じりましたが、トラブルもなく刷り終わり、大慌てで四つに折り、リュックに詰めました。また昼飯抜きとなり、ビラをもって飛び出したのが12時55分、ほぼ駆け足で行ったのですが、数分遅刻してしまいました。

IMG_4099.jpg

 今日は金子兜太先生の息子さんの奥さまも見え、写真に写っていない人も入れて総勢10名のスタンディングでした。
 ビラのはけ具合は・・・あまりよくなくて、配れたのが5~60枚でしょうか。置けるところに置いてもらうよう、お仲間に2~30枚ほど託しました。風は寒いし、花粉は飛ぶし・・・で、ご通行中のみなさんのご機嫌も、あまりよくなかったのではないでしょうか、残念!

 以上で本日のレポート終了です。
 にじさん、ビラ配りの応援ありがとうございました!

石巻・大川小学校の悲劇から学ぶ [たまには photo news]

 佐藤敏郎・かつら先生講演会
 『あの日を忘れない 3.11 ~小さな命の意味を考える~』 に行ってきました。「熊谷・鴻巣明るい社会づくりの会」が地元で開催してくれたので、日曜午前の予定を変更して行くことができました。
IMG_4079.jpg
 田並会長のあいさつで始まりました。

IMG_4080.jpg

 ご夫妻は6年生のお嬢様を大川小学校で亡くされています。
 敏郎先生は、いつ起こるか分からない災害で、助かる命を亡くしてしまうことのないようにとの視点から、問題点を冷静・客観的に、スクリーンに映像を映し出しながら講演をしてくださいました。 
 かつら先生は、護られていると信じていた学校で、娘さんに起こってしまった悲劇を、痛恨の思いで、切々と語られました。

 悲惨な出来事が、一度にたくさんの人々に起こったことを、改めて思い起こしました。
 敏郎先生は国語の先生をされていて、中学生の作った俳句を紹介してくれました。どれも心打つもので書きとめたかったのですが、その間もなく、正確に記憶できる頭も持ち合わせていないので、ネットで探してみました。紹介していただいたものと多少違うかもしれませんが、下記の俳句にたどり着きました。

今伝える今まで本当にありがとう


いつだって道のタンポポ負けてない


一人ずつ自分の笑顔とりもどす


いつも思う夜の星見て明日も良い日
 

春風が背中を押してふいていく


あの時から一日を大事に過ごす日々


見たことない女川町を受けとめる


今すぐに夢へと僕は走り出す


ただいまと聞きたい声が聞こえない


逢いたくてでも会えなくて逢いたくて


つらい日があったからこそ今がある


見上げればガレキの上にこいのぼり


 悲しいのがありますよね。涙なしではなかなか読めません。

IMG_4081.jpg

震災復興絵はがきに採用された神田瑞希さんの絵も映し出されました


 大川小学校には裏山があり、逃げる間もあったのに、なぜか適切な指示が出されず、74名もの小学生の命が津波にさらわれてしまいました。なぜそんな事態になったのか、その後の説明が未だになされていないことを知りました。在校の先生方も亡くなっていますから、細かい全容は知りえないことはわかりますが、外部との連携がどうなっていたのか、どこに不行き届きがあってあのような事態になってしまったのか、人命にかかわる悲劇が起こった以上は、誠心誠意、検証し説明に努める義務があるでしょう。

 落ち度を認めると膨大な額の賠償責任が発生するからとか、どなたかの立身出世がとん挫するからとか、そんな理由でうやむやにしようというなら、そんなことではこの喪失感はとても埋まりませんよ。74人のこの子たちの思い、肉親の思いはとても癒えるものではありません。被災者は災害に否が応でも向き合っています。教育委員会や学校という組織も、その活動結果にしっかり向き合わなければなりません。
 彼らもまた被災者でしょうに、なぜこの非にしっかり向き合えないのか、不思議です。

 いただいた冊子の表紙です。
IMG_4083.jpg


 3.11は本当に大きな爪痕を残しました。あの原発事後がなくても、充分深い悲しみを人々にもたらしました。
 自然災害だけでも、持てあますことは間違いないのですから、さらに手が付けられなくなってしまう原子力発電所は、もう止めましょう、廃棄しましょう!

 拙いレポートですが、本日は以上です。ご訪問に感謝します。

 

3日の駅前スタンディング [たまには photo news]

 行ってきました、昨日、駅前スタンディング。作りました、手製のビラ。
 無事、週一のプレ保育に届けてきて、10時開始。まずは体裁の決定。最初はB4ピンクの用紙両面に印刷して4つに切り、B6サイズにして、それをさらに2つ折りにして配り始めました。次いで黄色の用紙に両面印刷して同じく4つに切断、先のピンクの用紙と2枚重ねて2つ折りにし配りました。この時点でB6-4ページ仕様となりました。
 さらに先月白い用紙の片面を追加し、5ページ仕様となりました。
 さて今回は、まず今までの在庫がありませんから、今までのを再度コピーし直して、さらに今回のを付け加える・・・そんなことをしている暇はないでしょうから、B4に両面刷って、四つ折りして配ることにしました。
 今回B6サイズを新規に作っても6面ですから、2面足りません。それをささっとイラストを描いて作ってしまう才能は端からありませんから、ここは既製のものをお借りしようと考えました。ブログ仲間のmさんからいただいたチラシが何枚かありましたので、まず目に着いたのが
IMG_4040.jpg
 そこで、これをB5に縮小、モノクロでコピーしてスペースに収めようと思い、その旨、「オール埼玉総行動実行委員会」に電話をして了解を取り付けました。快く応じてくれました。
 さて、今月のメッセージ作りです。トランプ新大統領が世界を騒がしていますから、これ関連で行くことにしました。
 出来上がったのが

トランプ大統領就任!

 アメリカではトランプ大統領が就任し、大統領令を発令、政策が急変しています。移民や難民の受け入れを制限するため、国籍や宗教で人を差別するかのような政策が採られ、世界経済に対しては、自国の産業、経済に有利な状況を醸成するため、関係各国に一方的に圧力をかけています。
 これに対し、アメリカ国内ばかりでなく、世界の各地で抗議の声が上がっています。
考えてみれば、人は自分の利益ばかりを追求し、他人の立場を顧みない自己中心的なやり方では、争いばかりが起こり、多くの民族が共存する多様な世界を築き発展させ、維持していくことはできません。そのことは人類の歴史が示しているところです。
 今さらその間違いを繰り返している暇はありません。
日本も同じことです。世界最強の国アメリカに追随し、再び戦争のできる国になって、近隣諸国を威圧する存在になろうとすることは、浅はかな歴史の繰り返しにすぎません。
我欲ばかりでものは解決しません。理性を取り戻しましょう。アベ政権は、国民を軽視する国家主義への道を独裁的に歩んでいます。
 この政権を放置・黙認することは大いなる過ちではないでしょうか。       2月3日

 これを配置してコピーを取ろうとした段階で、同じくmさんからいただいた下記の原発関連のチラシに目が行きました。自衛隊関連よりも原発関連のほうが身近に感じてくれるかもしれないと、こちらを入れたくなりました。
IMG_4042.jpg

 さっそく「脱被ばく実現ネット」の連絡先に電話を入れると、これも快諾してくれました。こんなこと、いちいち書かなくてもよいのですが、何かしようとすると了解を取る必要ができ、それでつながりができます。いくらか世間が広がったような気がして嬉しくなります。今度はお礼のメールを入れようと思います。

 で、下がとりあえず、B4の出来上がりです。黄色の紙に印刷しました。上が表、下が裏です。
IMG_4035.jpg

IMG_4037.jpg

 これを4つに折って配ります。時間の関係で80枚用意しました。今回は昼飯抜きとなり、12:50に出陣、2~3分前に到着しました。
 寒い中、写真の4名と、ドビッチさん、にじさん、私の計7名の駅前スタンディングでした。
IMG_4038.jpg


 ビラは、例によってにじさんのお力添えをいただき、完配しました。仲間内が10枚、配ったのが70枚というところでしょうか。受け取りの反応は、例によってあまりよくないのですが、でも3~40分で完配出来るのですから、まんざらでもありません。来月は3月3日、ピンクの紙で配ろうと思います。100枚は用意しないと・・・

 以上取り急ぎレポートします。ご訪問に感謝します。


 


「アベ政治を許さない」掲げてきました! [たまには photo news]

 全国の「あべせいじさん」には誠に申し訳ないといつも思っているのですが、日本の民主主義の危機ですので、ここはご勘弁ください。1時に駅前にプラカードを掲げに、それからビラを配りに行ってきました。
 例によって、お出かけ前にビラ作りをやりました。前回40部ぐらいしか配れず、50部ほど残っていましたので、それに、新しいのを1枚追加することにしました。
 追加の用紙に書くことは、某和尚さまのブログにあったことと心に決めていましたので、手間取ることなくまとめることができました。でもいざ印刷してみると、字が太すぎてどぎつ過ぎました。そこで明朝体にして強調したいところだけゴシックにするとか・・・そんなことを試行錯誤して作りました。
IMG_3989.jpg
 某和尚さまありがとうございました。
IMG_3987.jpg

 これを下のように折って小さく取りやすくして、50部用意しました。
IMG_3990.jpg

 12時半ぐらいになってしまったので、鶏ガラ醤油1.5倍とかいう即席麺を急いで食べて出陣しました。

 今回は総勢8名。お正月の3日にしてはみなさん気合が入っていると感じました。
IMG_3995.jpg

 で、ビラ配りですが、人通りが少ない割に、もらってくれる人の割合が高くて、2割ぐらいの人が受け取ってくれました。しかも、そのうちの3人にひとりぐらいの割合で「ご苦労様です」とか「頑張ってください」とか声をかけてくださいました。今までにない友好ムードを感じました。いよいよアベ政治のからくりに危機感を抱き始めたのか、お正月の和やかなムードがそうさせたのか、その辺はわかりませんが、30分で50部完配となりました。にじさんに、また手伝ってもらいました。ありがとうございました。

 以上でご報告終了。
 おまけの写真を1枚。昨日の夕方、月と金星が非常に接近して見えていたので撮りました。
IMG_3985.jpg

 さっき見たら、金星は月の右下に移動し、もうかなり離れたところで輝いていました。

 本日はこの辺で。ご訪問に感謝します。 

はや、お正月も二日となりました [たまには photo news]

明けましておめでとうございます
相変わらずの粗忽者ですが、今年もどうぞよろしくお願い致します

 昨日は、遅まきながら年賀状を作りました。正真正銘の一月元旦です。
 家から4~5キロ離れた荒川の土手に写真を撮りに出かけました。なんでも大晦日の日にマジョさんがサイクリングにお出でになったそうで、小生も荒川の土手にはかねてから興味がありました。熊谷以西では富士山は見えないのですが、ちょっと下流の橋を渡ると正面にドーンと、と言っても距離があるうえ、上の方がちょっと見えるだけなので大きくはないのですが、雪をかぶると途端に雄姿を現すのです。普段は橋を通り過ぎるだけで、土手を歩いたことはないのです、下流は。
IMG_3978.jpg
 右の方に白い山がかすかに見えるでしょう?スマホ写真ですみません。今度は望遠がもう少しよく撮れるカメラを持ってくるようにします(新年の誓い?)。
 遠くはこの程度なので、近くに春を探しました。
IMG_3980.jpg

IMG_3982.jpg

 それから、同じように車を停めて何やらやっている二人連れがいました。何かを操作しています。上を見ると、小さな飛行物体を操作しているのでした。ドローンです。
 知りたがり屋ですから、すぐインタビューしてしまいます。
- 安定していますねぇ、風に吹かれる心配はないのですか?
「このくらいの風は全然平気ですね。プロペラ4枚をコンピューター制御しているので、勝手に微調整しているんですよ」
- これって、エネルギーは何ですか、電気ですか?
「そうですよ、バッテリーです」
- すごいですねぇ、だから静かなんだぁ、それであんなに高くまで上がっちゃうんですね
「その代わりバッテリーが高いですよ、2万円ぐらいします、自動車のバッテリーより高い」
- そうでしょうね、小型軽量で大容量の電池のお陰で飛べるんでしょうね。で、これいくらぐらいするんですか、本体は?
「12~3万で買えますよ」
- へー、カメラなんかも付いてですか?
「カメラは付いているけど、携帯とか、タブレットは別ですよ」
などと教えてもらっちゃいました。
IMG_3984.jpg

 もう少し上にあるときの写真を撮ればよかったのですが、降りる寸前のところでしたので、向こうの橋とかぶって、わかりにくい写真となりました。ちなみに向こうの橋は久下大橋。かつては冠水橋で「くげのわたし」と呼ばれ、旧中山道の一部でした。

 で、家に帰ってこの4枚を貼り付け、謹賀新年、2017.1.1 として年賀状を作りました。でも何か物足りないので、思いついて
IMG_3419-2.jpg
これを右下に追加しました。
 とうとう「アベ政治を許さない」入りの年賀状ができました。
 2017年元旦のご報告は以上です。

 今年も、また見に来てください、そして色々なご意見をお聞かせください。更新は遅れがちになりますが、ご容赦くださいますよう。
 みなさまのご健康とご活躍、ご多幸をお祈り申し上げます。




はや大晦日だ~ [たまには photo news]

 はやいもので今年も大晦日となりました。これが今年最後の記事となるでしょう。そりゃそうでしょう、3日に一度ぐらいしかアップしていないのですから。
 でネタは?となりますと、お礼と反省でしょうか、まずは。

 一年間、多数の方にお越しいただき、コメントを頂戴し、本当にありがとうございました。当方、雑用に追われ自由時間に乏しく、お伺いすることもままならず、記事の更新も疎かになりがちでした。にもかかわらず、温かく見守っていただきありがとうございました。
 年が変わってもこの状況は変わらないと思いますが、今後ともよろしくお願い致します。

 さて、アベ政権に対しての行動となりますと、今年は、majyo さんにご出馬いただき、他の多くの方々のご協力も得まして、5月に「平和を願う音楽祭 in Kumagaya 」を催すことができました。これが今年の最大の出来事でした、私にとって。
 一年間にこれだけでは、とてもあの人のバイタリティーにはかないません。領土交渉の進展もなく(後退?)ロシアの大統領を地元に呼び寄せたり、パールハーバーで不戦の誓いを高らかにやったり、相変わらず元気に世界を飛び回っています。

 では、私たちの抗議の声が無になったかというと、そんなことはないと思います。「平和のポーズとは裏腹に、着々と国民主権から国家主義の独裁政治に移行しようとしている」という多くの人の指摘を意識すればこそ、世界が注目する中で、あそこまで平和主義を強調する発言をしなければならなかったのだと思います。

 これからは、世界に向かって言ったことやあちこちでの言動と、今までやってきたこと、また今後やろうとしていることとの矛盾が指摘・追及されることになるでしょう。しっかり見守り、追及し、嘘・偽りの政治は許さないという断固たる国民の姿勢を示して・・・その姿勢が曖昧なところが頭痛の種なんですよね。でも、日本のマスコミは丸め込んでも、世界の世論は騙せませんからね、外の眼が厳しくなるでしょう。
 稲田防衛相が靖国を訪問して米国からクレームがきたとか・・・かつては日本のマスコミが問題にしたことですが、今やそれはあてにならず、外の批判で自国の政治姿勢を見直すようになりました。

 風船かずらさんに教えていただいたことですが、アベ政権は、右車線と左車線を巧みに使い分けて運転しているとか、そんな運転をいつまで日本のマスコミは黙認?支援?していくのでしょうか?新しい年の注目点のひとつではないかと思います。

 まだ片づけ事があるので、今日は、今年は、この辺で。みなさま、どうぞ佳いお年をお迎えください。

 以下はお粗末なスマホ写真です。
IMG_3964.jpg
 行ってきました、29日に、年末恒例のお墓参りに。右奥の「やすらぎ」いいですね。
 今朝の公園です。桜の木にメジロがたくさんいたのですが、スマホを構えるとあっという間に飛び去りました。最後の一匹を辛うじて捉えたはずなのですが・・・
IMG_3968.jpg

 トリミングします。メジロのお腹です。
IMG_3968-2.jpg

 逃げないハクモクレン、横濱男さんも見せてくれましたが、もう咲く準備、春が向こうの角まで来ています。
IMG_3969.jpg

IMG_3970.jpg

 ヒヨドリでしょうか、ツグミでしょうか、捉えたつもりがこんなもの。ど、ど、どこ? 真ん中に・・・
IMG_3974.jpg

 今年も鳥影を捉えることについては、まったくなんの試みも進歩もありませんでした。<(_ _)>

 ご訪問に感謝します。 改めて、佳いお年を!

好天に恵まれたものの・・・ [たまには photo news]

 昨夜の本降りが一転して、今日はいいお天気でした。早朝には福島県沖でマグニチュード7.4の地震があり、地震の揺れや津波の警戒で奔走された方もたくさんいらっしゃるでしょう。お見舞い申し上げます。
 関東地方はそんなことは嘘のように穏やかないい日でした。
 午後、孫を連れて行田の水城公園に。紅いもみじは見当たらなかったのですが、イチョウの黄葉が見事でした。
IMG_3895.jpg

IMG_3896.jpg

IMG_3894.jpg


 沼で釣りを楽しむ人々。年配の男性がほとんどです。のどかな光景です。
IMG_3907.jpg

IMG_3908.jpg
ペットのワンちゃんも仕合せそうに寝入っていました。その姿は撮り逃がしましたが・・・

 しかし、時事通信は
「22日に発生した福島県沖を震源とする地震で、東京電力福島第2原発3号機の使用済み核燃料プールでは冷却が一時停止。廃炉作業中の第1原発でも津波警報で放射能汚染水の処理作業の中断を余儀なくされた。第1原発の事故から5年以上が経過する中、建屋にたまる大量の高濃度汚染水の対策を含め、懸念をぬぐえない状況が浮き彫りとなった。」と伝えています。
 地震や津波がなくても、政府は自衛隊を「駆け付け警護」の名目で遠地に派遣するなど、国際紛争へのかかわりを強めています。
 幸・不幸は隣り合わせです。幸を粗末にしないよう、維持する努力の必要性を感じたのでした。

 ご訪問に感謝します。例の意見文は、今日は時間がないので次の機会と致します。

前の10件 | - たまには photo news ブログトップ