So-net無料ブログ作成
検索選択
時事問題 ブログトップ
前の10件 | -

World Newsに一言 [時事問題]

今、世界で話題になっていることといえば、アメリカの白人至上主義を巡る騒動とトランプ大統領の資質の問題、それからヨーロッパで頻発しているIS関連のテロの問題でしょう。もう一つ、北朝鮮問題。

まず、白人至上主義ですが、人種や民族、性別や国籍などによる差別は、排他的利己主義によるもので、人類が長い歴史をとおして、次第に克服してきたことではないでしょうか。何をいまさら・・・
こういうことを言い出すと、人種間や民族間で争いが絶えません。同じ地球に人として生まれたもの同士、同胞として尊重し合い、憎しみを持たないことが肝要です。

そんなことは言うまでもないことですが、一国の大統領が、差別主義者の支持もあって当選したというのですから、呆れたことです。

アメリカ社会は今混乱していますが、しかし遠からず、差別は容認しないという良識に立ち返ることでしょう。一国の大統領が間違った意見の持ち主でも、社会にちゃんと修正能力があることを、じっくり見させてもらって、我々が見習う手本にできるのではないかと期待しています。

次はテロの問題です。
テロリストは自爆も厭いませんから、死を覚悟しての犯行です。それだけ、やることの正しさに確信を持ってのことでしょうが、主義主張にいかに正当性があっても、関わりのない人を犠牲にするような方法に正義はありません。

地球に棲む人間全部に関わりのある問題で関わりのない人はいないという理屈もありましょうが、人間の能力では、森羅万象すべてに関わりを持ち、正しく判断するなどということは、無理です、できません。
したがって、日々の生活をそれぞれに味わっている市民が、突然、言われなく、生きる権利を奪われることになります。理不尽以外の何ものでもありません。

体制への抗議は忍耐強く非暴力でやるしかないのではないでしょうか。少なくとも無関係の人を無差別に巻き込むものではありませんよ。

gonntan 和尚のブログの序文には
【 人を生き返らせる力を持たない私たちに どうして人の命を奪うことができるだろう 】とあります。まさにこれですよ。自分が命の代償を払っても、他人の命を奪ってはいけないのです。やってはいけないことなのです。謙虚に生きましょう。

北朝鮮の問題です。あの国は休むことなく軍事力を強化し続け、今日に至りました。隣国にとっては由々しき問題です。あの国がミサイルを飛ばしたり、核実験をするたびに挑発、挑発と言ってきましたが、あの国は周囲を挑発していたのではなく、ひたすら攻め込まれないための抑止力を誇示していただけかもしれない。
何しろ国境は休戦状態の軍事境界線で、その向こうでは、毎年二度も自分たちを仮想敵国として演習をしているのだから気が気ではないでしょう。
そうしたことの繰り返しで、今日ここまで危険な状況に至ってしまった。

いつまでも同じやり方をしないで、ここは冷静に、例えば演習をしばらく控えるなど、今までと違ったやり方をしながら、ことの経過をよくよく振り返って、打開策を考える必要があるのではないでしょうか。

以上が今日のメッセイジです。ちょっと平凡だった?

おまけの写真・・・

また咲きましたサギ草
IMGP0346.jpg

IMGP0347.jpg


なんと今日は実物にも逢っちゃいました
IMGP0348.jpg

IMGP0349.jpg

IMGP0351.jpg


ではまた!
nice!(9)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

内閣改造?首班が変わらなければ意味がない! [時事問題]


 民放各局、報道系各番組に呆れています。明日の内閣改造の予想に明け暮れてます。

 アベ政治は内閣を改造すればどうにかなるのですかね。問題の大半は総理自身にあったんじゃないですか?森友の問題は、昭恵夫人が親しくしていたところに、加計の問題は総理自身の腹心の友のところに特段の配慮をした。国民・文化人・有識者の間に反対の多かった特定秘密保護法も、安保法制も、共謀罪法も、総理自身が旗振り役でしたからね。
 アベ総理に愛想を尽かしている人が多いのではありませんか?支持率が顕著に下がってきたのもその表れでしょう。それをなんとか挽回しようとして内閣改造を総理はやるわけですが、そのお先棒を担いで、やれ誰は留任だの、誰は初入閣だの、女性閣僚はどうだの、サプライズはあるのか・・・など、何を期待して連日予想ごっこをしているのか、まったくもって呆れます。

 茶の間のみなが、知らぬ間に興味を持ってしまいますがな。そして、大臣になることがそんなにすごいことなのかと、尊敬の眼差しで見るようになってしまいますがな。
 大臣なんか偉くはないんだと言いたいわけではありませんよ。偉いか偉くないかは、なってから判断することであって、なること自体に価値があることではありませんがな。NHKなどは、どこ出身の誰が何大臣になったと、明日になると仰々しく報道するんですよ。そんな報道よりも、当たり前の活躍をするかどうか、なってからあとをしっかり報道してもらいたいものです。

 アベ総理に愛想を尽かしている者としては、内閣改造なんかに何の興味もありません。組閣できる地位に未だにあることに違和感を覚えます。

 久しぶりにレッドカード! 本日は以上です。

IMG_4718.jpg


nice!(12)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

受け皿作りの会続報 [時事問題]

 
 まずはじめに、九州北部の豪雨災害ですが、流木や土砂の大量流出のため、復旧が困難を極めています。未だにときどき大雨が降り、晴れると35℃以上の暑さに見舞われます。
 そんな中で復興活動に携わる人たちに支援の手を差し伸べたいと思われる方も多いのではないでしょうか。日本赤十字やテレビ局など義援金の窓口はいくつかあるかと思いますが、大きい団体ほど、痒いところになかなか手が届きにくいものです。われらが gonntan 和尚さまにお尋ねしたところ、下記のメッセージが掲載されましたので、ご紹介いたします。

【 「チーム大分」の口座をご紹介します。

 銀行名 九州労働金庫日田支店

      普通  6348975

 名 義 ボランティアネットワーク チーム大分 代表 梅山忠信

 東日本大震災・熊本地震にもずっと支援し続けている素晴らしい団体です。   】


 さて、私事ですが、昨日、知人十数名に下記のメールを発送しました。一昨日の記事と重なるところが多いと思いますが、一応掲載します。

【  《ポスト自公政権受け皿作りの会(仮称)呼びかけ》

 アベ政権の支持率が急落し、一強体制が揺らいできました。アベ氏が退くことになるのか、恋々と地位にしがみつくのか、たぶん後者なのでしょうが、仮に前者でも相変わらずこれまでアベ政権を支えてきた自公連立内閣ですから、余り多くは期待できません。
 やはり、国会の議席が問題です。選挙で過半数を獲らないと、民主政治の進展は期待できません。
 
 そこで、選挙のことを考えてみます。都議選では都民ファーストの会が批判票の受け皿になりました。国政選挙も受け皿がないと、政権批判票が死に票になってしまいます。そこでいつ選挙が来てもよいように、受け皿を用意しなければなりません。
 民進党を中心に政策合意が進み、野党共闘ができることが妥当な線と見ていましたが、民進党に陰りが見られ、強いリーダーシップが期待できない状況になってきました。
 政党間の協定が進まないのなら、市民の側が要望をまとめ、提示して、賛同する党を応援していく体制をとる必要があるのではないかと思うようになりました。
 そんな体制作りは、どこかでどなたかがきっと始められていることと思いますが、私も、その一つを始めてみようと思い立ちました。ご賛同いただけましたら、ぜひ、本会にご参加ください。

 受け皿作りの方法としましては、専用のブログを新規に立ち上げ、そこで下記の基本政策(修正案が出れば随時検討し合います)を掲げ、候補者や政党にアンケートや公開質問状を出し、その結果を公表していくという手立てを考えています。

《 受け皿として確認したい基本政策 》案
① 地球環境の維持改善を重視する。
② 三権分立など権力分散の仕組み、その他民主主義の精神を理解し、これを尊重する。
③ 現日本国憲法を尊重し、不備な点があれば必要最小限の修正、または加筆に留める。
④ 原子力発電所の運営は、事故の危険性と廃棄物処理の問題を考慮して、止める方向で検討する。
⑤ 沖縄の米軍基地については、県民の意向を尊重し、基地廃止の方向で米国と真剣に協議・交渉する。
⑥ 自衛隊は災害地の救援・復旧や外国から日本国に向けられる武力行使などに備える国民生活防衛隊とする。国連や被災国の要請があれば、海外派遣も検討する。
⑦ 国の財政や年金積立金など国民の財産に責任を持ち、景気浮揚策などの名目で安易に資産を減らすことのないよう、慎重に運営・管理する。
⑧ 経済政策は収入や待遇などの格差縮小を旨とする。
⑨ 前政権が強行採決により作った法律は無効とする。
⑩ 国民の国民による国民のための政治に徹する。

  ポスト自公政権受け皿作りの会(仮称)

 みなさまの率直なご意見・ご感想をお聞かせいただければ幸いです。   】

 そうしたところ、下記のリアクションがありました。

【 モモ太郎さん

ついに立ち上がりましたか!
大賛成です。
基本政策についてはこれからみんなでつめることにして取り敢えず賛意だけは表明しておきます。 長七郎  】

【  忙しい最中で、深く考えないまま書かせてもらいます。基本的には「賛成」です。
ちょっと一考① まず「市民の側が要望をまとめ、提示して、賛同する党を応援していく体制をとる」と言うのはちょっと厳しいように思われます。せめて「市民の側が要望をまとめ、提示」くらいがいいなあ。と言うのは、私は拮抗する2大政党、3大政党と言うのが理想です。そのとき、1つの党と、他の党が100違うと言う訳ではないと思います。それほど違うなら2大政党にはなれない。例えばですが1から50までは同じ方向を目指していて、他の50が異なると言った感じになるんだと思います。そんな時、この政策はこちらの党を応援、この政策に関してはこちらの党を応援のようになると、ややこしくなるような気がします。あくまでも市民団体として独立を保ち、方向を同じくする党でも監視していく。そして、応援するのではなく、応援してもらう体制を取る。この方がすっきりしている気がします。1つの政党内でも、考え方と言うのは、結構いろいろあると思いますので。

基本政策案には全て賛成です。

ただ、「⑩ 国民の国民による国民のための政治に徹する。」は、ちょっと語呂が良くないですが、「国民の国民による個人尊重のための政治に徹する。」の方がいいなあ。自民党草案で「個人」と言う言葉が消えているのが問題視されている時勢なので。

いつも思うのですが、国立の政治学校のようなものを作り、国際関係、外交、海外の人脈、国内での党派を超えた付き合い人脈など、とにかく、日本と言う国としての各党に共通の財産としての知識・人脈をもてること。原発事故の時も、政権が民主党だから、自民党は第3者であると言う立場ではなく、もっと共有できるシステムが欲しいものですから。

一強にならずに、首相候補が5人も10人もいる状況の中で政治が行われるといいなあ。そのためには党派を超えた優れた人材を作るべきです。フランスのエコール・ノルマル・ポリティックの様な、通常の国立大学以上の思考力を持つ人材を集め、鍛えておく。そういうのがいいなあ。

今の流れで行くと自民党で憲法草案を作っていくのでしょうが、どのレベルの人たちが作るのか。立憲主義を理解しているのか。憲法と言うものの役割を理解しているのか。もしかして、2期生議員レベルの2世議員なのか。とにかく監視の必要があるんだと思います。もしかすると結構低レベルで憲法草案を練っているのかもしれませんし。憲法学者が最善とは言いませんが、余りにも素人レベルで憲法の改正を考えているのかもしれませんし。

集団的自衛権を認めてしまっている安保法案がある限り、憲法に自衛隊の役割としてアメリカ軍の2軍としての軍隊ではなく、個別的自衛権に限定する(私はこの考えです。曖昧な解釈を許さないように、個別的自衛権のみを明記する)と言うことを書きこむのも矛盾しているもんね。

それに何よりも、憲法で縛られるはずの権力側が改憲を望んでいて、憲法を変えることで国民を縛ろうとしているわけですから、どうも本末転倒で、立憲主義が曖昧なんですよね。自民党が改憲をしたい意図は、法律ではなく、憲法で国民を縛ろうとしているんだものね。自民党草案で利益を蒙るのは国民ではなくて自民党なのにね。こういうことが進められていると言う状況が、何か不思議なものを見ているようなんですよね。

自衛隊と言う名称は、実に歴史を背負っているので、これでいいんじゃないかと思うんですよね。とにかく徴兵制には行かないこと。自民党草案の果てには徴兵制があるんだと思います。日本の場合、これから、わざわざ徴兵制に向かわなくてもいいと思います。

田植えの後片付けが全くできていないし、草刈りも始めなければならないので、自分の頭の蠅も追えていない状態です。干上がりそうな鰹の缶詰です。    鰹  】

【 momotaro さんの文章に触れ、おどろきました。どこまで行ってもあなたは桃太郎侍。ぶれない。現実に立ち向かう。面目躍如。
すぐさま反応した長七郎さんに、心あつくなって、何とか眠りにつけました。
起きたら、ぱかーんと燦然と鰹さんの明晰さ。如何に干上がりそうとはいえ、この局面でのこの発言。
みなさま、尊敬します。
固唾をのんで今後の展開を楽しみます。  にじ 】

 おおむね賛同のご様子なので、この線で、「受け皿作りの会」専用のブログを近々始めようと思っています。さらにみなさまのご意見とご参加をお待ちします。

 本日は以上です。文字ばかりですみません。





nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポスト自公政権受け皿作りの会?ご意見募集 [時事問題]

 まずはこんな痛快物のご紹介から。
 知人から次のメールをいただきました。

【 「ABE IS OVER」 が youtube にアップされました。
 いいですよ。一度聞いてみてください。
    ↓
 https://t.co/M88zGZOzO6   】

 すでにご存知の方もいらっしゃるでしょうが、私は先程観ました、聴きました。Love is over のメロディーです。痛快ですよ~

 さて、アベが終わるのか、恋々と地位にしがみつくのか、たぶん後者なんでしょう。仮に前者でも相変わらずこれまでアベ政権を支えてきたジミン党内閣ですから、余り多くは期待できないでしょう。国会の議席が問題です。選挙で過半数を獲らないと、民主政治の進展は期待できません。
 
 さてそこで、都議選では都民ファーストの会が批判票の受け皿になりました。国政選挙の受け皿も早く用意しなければなりません。民進党を中心に政策合意して野党共闘を組むことが妥当な線と見ていましたが、民進党に陰りがあり、なかなかイニシアチブを取れない見通しになってきました。
 政党間の協定が進まないのなら、市民の側が要望をまとめ、提示して、賛同する党を応援していく必要があるのではないかと思います。
 そんな運動は、どこかでどなたかがきっと始められていると思いますが、私も少しばかり考えてみました。

① 地球環境の維持改善を重視する。
② 三権分立など権力分散の仕組み、その他民主主義の精神を理解し、これを尊重する。
③ 現日本国憲法を尊重し、不備な点があれば必要最小限の修正、または加筆に留める。
④ 原子力発電所の運営は、事故の危険性と廃棄物処理の問題を考慮して、止める方向で検討する。
⑤ 沖縄の米軍基地については、県民の意向を尊重し、基地廃止の方向で米国と真剣に協議・交渉する。
⑥ 自衛隊は災害地の救援・復旧や外国から日本国に向けられる武力行使などに備える国民生活防衛隊とする。国連や被災国の要請があれば、海外派遣も検討する。
⑦ 国の財政や年金積立金など国民の財産に責任を持ち、景気浮揚策などの名目で安易に資産を減らすことのないよう、慎重に運営・管理する。
⑧ 経済政策は収入や待遇などの格差縮小を旨とする。
⑨ 前政権が強行採決により作った法律は無効とする。
⑩ 国民の国民による国民のための政治に徹する。

  ポスト自公政権受け皿作りの会(仮称ですよ)

 以上、思いつくまま書いてみましたが、たとえばこんなことを煮詰めて、同意できるかどうか、身の周りの候補者や、政党に問い合わせてみるのはいかがでしょうか? そういう行動を始める時期に来ているように思うのですがいかがでしょう?

 以上が本日のメッセージです。

 おまけの写真はご近所の玄関前です。きれいにしてますね。

IMG_4763tr.jpg


 本日もお付き合いいただきありがとうございました。

nice!(13)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

政治の私物化は明らか。放置したら大問題! [時事問題]


 加計問題、昨日集中審議がありました。前川さん7時間にわたって頑張ったようですねぇ。

 この問題、あれが解明されていない、これがまだ説明不十分だとフラストレーションばかりが残りますが、実は、全容がすでに明らかなんですよね。それを政府が認めないことと、認めない政府をどうしたらよいかという処分の仕方が不明だということだけなんですよね。

 現政権の中枢、安倍首相、菅官房長官、萩生田官房副長官らは
【 官僚機構が硬直化していて、機動的な政策が実施できない。そこで首相直属の内閣府の権限を強くして、そうするには官僚の人事権を内閣府が握るようにして、政策は国家戦略特区という言葉を用いて、そこで立てた政策を本来の担当官庁を通じて実施に移す。そういう政治主導体制を作る必要がある。】とお考えになった。
 オー、実行力があって素晴らしい人たちだ、政治家はこうでなければ・・・と見守っていた人もいたことでしょう。

 さてそこで強権を用いてさっそくやろうとしたことが、加計学園に大金(96億円)を補助し、37億円の土地も与え、獣医学部の新設を認めること。国家戦略上、なぜ加計学園に、そこまで便宜を図って、獣医学部の新設を認めることが急務なのか、そこが疑問視された。
 すると、学園の理事長の加計孝太郎という人が、首相の腹心のお友達で、萩生田さんも何かと恩義のある、また親しくしている人だということが分かった。

 どういう経緯で話が進められたのかということを審議しているうちに、直接担当官庁の文科省から、行政が歪められたとの訴えが、国民、マスコミに向けて発せられた。その証拠となる文書も示された。

 官邸側は、そんな文書は怪文書。そんな元官僚は人格も疑わしい人・・・などと逃げの一手。

 この話、どう見ても明らかですよね。寄ってたかってお友達に便宜を図った、政治を私物化した。国家の損害も明らかです。他に考えようがない。

 似たようなケースが森友問題。首相夫人の知り合いで、教育勅語の暗唱をさせるなど、首相の教育観を先行実施してくれそうでもある学園に、大変有利な条件で小学校の設立を認可しようとした問題。こちらは、財務局と大阪府に融通を利かせるよう働きかけて実現しようとした。しかし、どちらの職員も行儀がよくて、官邸から頼まれたとはだれも言わない。でも、これも、他のストーリーは考えられない。籠池さん一人が悪者で、行政を一人で巧みに動かしてきたはずがない。日本の役所は、だいたいそんなに簡単には動かない。

 もうこれは、検察が動くとか、国会で内閣不信任案が通るとか、そういう段階の話でなければおかしいですよ。正常ではありません。自民党(と公明党)が「政権の座にあれば強い」という信念だけの人の集まりになってしまっているからなのでしょうね。
 正義感とか、正常とは何かとか、そういう当たり前の発想が皆無になっちゃっているのでしょうね。国会が機能停止してしまった。与党議員が劣化してしまった!

 そのために、こんな見え透いた不正政治がいつまでも正されないで、茶の間を賑わせている。不健康ですね、日本の社会。

 本日のメッセージは以上です。以下は今日の暑さをレポートします。これで4日連続。でも豪雨は比べ物にならないほど被害甚大です。お見舞い申し上げます。

 2時頃の写真です。この暑いのに
DSCF3777.jpg

DSCF3779.jpg
 ちょっと遠くて、種類まではわかりませんでした。

DSCF3780.jpg

DSCF3782.jpg

DSCF3783.jpg

DSCF3785.jpg


 最後は少し涼しそうな写真を
DSCF3786.jpg

DSCF3789.jpg

DSCF3790.jpg


 今日もお付き合いいただきありがとうございました。


nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

7月3日スタンディングとTHIS is togisen no haiin.他 [時事問題]

 まずは昨日のスタンディングから。
IMG_4758.jpg

 手前 DoBitcH さんと私を含め、総勢8名。
IMG_4758 (2).jpg

 「アベ政治を許さない」「アベ自公政権にレッドカード」「共謀罪 NO」などのプラカードを掲げて立っていました。暑い盛りで人通りは多くありませんでしたが、日曜日の都議選の結果を受けてか、あまり奇異な目で見られることはありませんでした。
 今回、ビラを用意しなかったのは、アベ政権の政治姿勢の悪さがテレビ等で頻繁に取り上げられているので、改めて、ぜひ訴えなければならないと思うことがなかったためです。


 さて、今朝のテレビ画面(テレビ朝日)から
DSCF3751.jpg

 一昨日の都議選、自民歴史的大敗の原因は「 THIS is 敗因」だそうです。つまり、豊田のT、萩生田のH、稲田のI、下村のS が敗因とのこと。もうひとつ+A は、ご存知、張本人アベさん。まあ、そんなもんでしょう。しっかり反省して、今からでも改めるべきことは改めてくれればいいのですが、そういう対応はないようです。
 一方大勝した都民1st の小池さん、突然代表を辞めたことが落胆材料として取り上げられていましたね。野田さんという新代表の政見にも疑問が寄せられていました。アベ政権への批判票が、曖昧な形で小池ブームに流れたところが、確かな一歩と言えない、先行きを不透明にしている選挙結果だったということのようです。まったく同感です。

 以下は拡散情報です。
 安保法制違憲訴訟埼玉の会からです。
DSCF3752.jpg

 上の裏面です。
DSCF3753.jpg


DSCF3754.jpg

 上の裏面です。
DSCF3755.jpg


 ペシャワール会から会報が届きました。ペシャワール会報 No.132 より
DSCF3771.jpg


 本日は以上です。お付き合いいただきありがとうございました。


nice!(9)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

とうとう市民の怒り、都議選に噴出 [時事問題]

 都議選の結果が出ました。
 もう、みなさまご存知でしょうが、自民歴史的大敗、都民ファースト大勝、公明全勝、共産善戦、民進苦戦といったところでしょうか。
DSCF3738.jpg

DSCF3737.jpg


 小池さんの都知事になって以来の手法はさすがというかしたたかというか、あの人の右傾化の程度は警戒しなければいけませんが、大物政治家であることは間違いなさそうです。アベさんほど嘘もつかないでしょうし、ゴリ押しもしなそうです。それにしても反アベ・反自民票をみごとにかっさらいましたねぇ。

 めでたしめでたし、取り敢えずはめでたしではありますが、この勢いが国政に直接つながるわけではありませんので、反アベ自公政権の受け皿を構築しなければなりませんね。
DSCF3732.jpg

 アベ一強が揺らいできて、与党内でも動きがあるでしょうが、野党協力がどれだけできて市民のアベ批判をどれだけ集めることができるか、小池新党がどう国政に絡んでくるか、かなり不透明ですね。

 今日は7月3日、駅前スタンディングの日です。今日は、ビラは用意せず、黙って「アベ政治を許さない」を掲げて立っていようと思います。それでも今までとは通行人の反応が違うのでは・・・そんな気がするものですから。
 暑いぞ~、36℃だそうです、行ってきま~す!


nice!(10)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

疑惑晴れぬまま失策続く政権党 [時事問題]

 珍しく4~5日事務雑用に追われていて、ブログ更新が疎かになっていました。
 さあ時間ができたぞ!っとなったのですが、何を書いてよいやら、急には思いつきません。そうそう・・・例の森友学園・加計学園の二大学園優遇問題の疑惑は一向に晴れぬままです。集中審議もしません、臨時国会も開きません。これはまたまた憲法違反です。

 やることはやらないのに、やらなくもよいことをやってくれています。与党の方々・・・

 まず、秘書に暴言を浴びせた二回生議員の女性がいましたね、アベチルドレンとも言われています。あの人の暴言は何度かテレビで聴きましたが、ひどいですね、あそこまでキレまくって暴言を吐くと、もっとも密室でのことで他にはだれにも知られないと思ってのことなのでしょうが、そうだとすると、他人の見ていないところではあそこまで人に対して乱暴になれるのかと、人物の下劣さを思わずにはいられません。
 あそこまで下劣な人はそうはいないのでは・・・あんなことがあからさまになって、今後、人前に顔が出せるのかいな、あの人? と思ってしまう事件です。

 下村元文科大臣の「加計学園から闇献金200万円報道」の件。下村氏は「事実無根」と否定。しかし、この200万円分のパーティー券については、
「2013年と14年、加計学園の秘書室長が下村事務所を訪れ、合計11の個人・企業から預かってきた各100万円ずつを持参した。1人・1社20万円以下で、それぞれ領収書を渡した」と釈明。200万円を11で割れば、記載の義務はなくなりますが、それって典型的な記載逃れの脱法行為ではないですか? 捜査権がないので断定はできませんし、しませんが、よく真顔で堂々と言えますよね、みなさん、200÷11ですよ、20より小さくなるでしょう、なんて。(でも、先生、割り切れませんけど、10人が18万で・・・1人が20万円てことですか?)
 ともかく、「あんたも加計さんのお友達だったのか」これは断言しちゃいますよ。

 もう一つ、都議選の応援に出た稲田防衛大臣、自民党候補者の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と発言。同日深夜に撤回したが「誤解を招きかねない表現なので撤回」とのこと。公務員が公務員たる地位で選挙にかかわることはご法度なのですよ、ご法度を犯したことをお詫び謝罪しなければならないのに、「誤解を・・・」などと暢気なことをおっしゃっている。あー、堕ちたもんです、すべて自民党、漢字で書くのはもったいないジミン党。

 日本列島をこの党に任せておいて、本当にいいんですか? 赤信号でもなんでも、みんなで渡っていれば恐くないんですか? いえいえ、みんながなぎ倒されちゃうだけなんですよ、恐いですよ。七十数年前のことを思い浮かべて下さいよ!

 事件3連発で、以上のことを思いました。

 以下はおまけの写真です。

 まずはオナガ。ピントは甘いのですが、長い尾が全部写っているので。
DSCF3574.jpg


 これねー、タイトルは「オー空しい!」
DSCF3648.jpg


 昨日、地元の高城神社で胎内くぐりという神事?お祭り?がありました。
DSCF3704.jpg

DSCF3705.jpg

DSCF3707.jpg

 参道が150メートルほどあります。写真を撮りながら神殿まで行ってみます。
DSCF3708.jpg

DSCF3712.jpg

DSCF3713.jpg

DSCF3716.jpg

DSCF3717.jpg

DSCF3718.jpg

DSCF3720.jpg

DSCF3723.jpg
 私も、素通りして罰が当たるといけないので、自分の健康とみなさまの健康を祈願して、お賽銭を上げてきました。(^_-)-☆

 以上です。お付き合いいただきありがとうございました。


nice!(15)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

首の皮一枚でつながるか?戦後日本の民主主義 [時事問題]

 先週末公表された、各社の最新内閣支持率をみると、どうやら10%(10ポイント)程度下がったようです。
 つまり、40%台~50%台だった支持率が、30%台~40%台に下落したようです。まだそんなにあるのかという思いもありますが、10%の人間が支持をやめるということは、昨今の政治劇に国民がそれだけ反応したということで、この下落が、ちょっとした人気取りですぐに回復するようなことがなければ、これはもしかしたら、戦後の日本の民主政治が、首の皮一枚でつながる可能性もあるなと思ったしだいです。

 支持率低落を気にしたアベ首相は、昨夕記者会見をして思いを述べたようです。久々のテレビウォッチングで、発言のテロップを切り貼りして記事にしたかったのですが、TBSの「あさチャン」ではやっていたのに、テレ朝の「モーニングショー」ではやらなくて、撮り損ないました。
 それで、朝日新聞デジタルから引用します。

【 「1強」ゆえの強気の政権運営を進めてきた安倍晋三首相に、逆風が吹き始めた。各社の世論調査で支持率が下落。風当たりを意識し、首相は記者会見で「反省」の言葉を口にしたものの、根幹の主張は相変わらず。東京都議選を控える与党には、じわりと危機感が広がっている。

 「政策とは関係のない議論ばかりに多くの審議時間が割かれた。国民の皆さまに大変申し訳なく感じる」
 安倍首相が19日、通常国会の閉会にあたって臨んだ記者会見の冒頭発言は、低姿勢の言葉が続いた。

 報道各社の世論調査は前月と比べて軒並み下落。学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる政府の説明不足、「共謀罪」法について委員会審議を省略し本会議で採決する強硬な手法が影響したのは明らかだ。まずは支持率下落を謙虚に受け止める姿勢を示す必要があると考えたようだ。

 しかし、その反省も野党に落ち度があるという前提に立っている。「政権奪還後、私は建設的な議論を各党各会派に呼びかけた。しかし、この国会では建設的議論という言葉からは大きくかけ離れた批判の応酬に終始した」と強調。「印象操作のような議論に対して、つい強い口調で反論してしまう」とも述べた。 】 としています。

 「反省しています」聞こえはいいけれど、「相手が悪かったからこうなった」では何の反省もしていないことになります。
 「あんたが悪いからこうなったのでしょう!」 「はい、私に落ち度がありました。反省しています。」 こういうのを「反省」と言います。「反省」、「反省」という言葉を使うことが、「わかっていない」、「なにも反省していない」、「引き続き国民をだまし続けている」ということなんですよね。数日ぶりに掲げます、レッドカード!
IMG_4718.jpg


 戦後民主主義の危機的状況、首の皮一枚状態は、まだまだ続きますね。支持率をぐんぐん落として退陣に追いやり、よみがえって、前より元気な民主政治の国になるといいですね、そうしたいものですね。

 今日のメッセージは以上です。(下に第二部を追加しました)
 昨日の飯舘村の映画の件、「埼玉リレー上映会」のパンフレットを載せます。昨日の記事にも追加しておきます。
DSCF3559.jpg

DSCF3559tr.jpg


 以下はまったくおまけの写真です。
DSCF3556.jpg
 公共施設「くまぴあ」周辺にて。下も。
DSCF3557.jpg
 すずめってちこちにいっぱいいるけれど、カメラに収めるの、難しいですね、やっと撮れましたが・・・お恥ずかしい。
 そうか、パン屑でも撒きながら撮るといいですね、反省してます。

 今日もお付き合いいただきありがとうございました。

 以上を午前中に書いて、下書きに入れて昼飯を食べながらテレビを見ていると、なんと欲しい画面が出てきました。そこで第二部として追加します。

 TBSの昼の番組です。行ってみます。
DSCF3560.jpg

DSCF3561.jpg

DSCF3562.jpg

DSCF3563.jpg

DSCF3564.jpg

DSCF3565.jpg

 「印象操作」についての資料
DSCF3567.jpg

 政治評論家三者の感想
DSCF3566.jpg

DSCF3570.jpg

DSCF3571.jpg

 田崎さんはよく寿司郎と言われますけど、まったくいまだに寿司郎ですね。
DSCF3568.jpg

 このメンバーでやってました。この番組は、TBSにしては珍しく政権に甘い番組ですけれど、さすがにやや批判的になってきましたね。
 内閣支持率は
DSCF3569.jpg

 
 以上は昨夕の総理会見についての映像スクラップですが、その前に加計学園問題について、文科省から新たなる文書資料が出てきたことを取り上げていました。森友学園の時は、籠池一家と財務官僚・アベ夫妻の証言の不一致が問われました。この件は官邸と財務官僚が結託して籠池一家を封じ込めた格好になっていますが、今度は担当部署である文科省がかなり本腰を入れて、官邸の封じ込めに反旗を翻しているようですので、この攻防戦は見ものです。

 文科省さん(「さん」を付けちゃいました)、頑張れ、長いものに巻かれるな! 
 アベ独裁政権に、良識ある官僚集団として待ったをかけてくれ!!!
 日本のため、国民のため、がんばれ~\(^o^)/

 以上追加します。長くなりました。お付き合いいただきありがとうございました。


nice!(15)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どこが国家戦略特区なのか? [時事問題]

 夜も遅くなったので簡単に行きます。

 加計問題、ふと思ったのですが、アベ政権になってから、構造改革特区から、国家戦略特区になったのですね。似たように思えてあまり関心を持たなかったのですが、これまでの特区の考え方は、地方がアイディアを持ち、国に申請し、特区として認めてもらうことにより、従来できなかったことを新たな枠組みで実現し、地方を活性化させようとする試みだったと思います。

 一方、国家戦略特区は、地方の申請ではなく、国の主導で、全国一律の規制の例外を設けて、新たな試みをすることのようです。これを「規制の固い岩盤に穴を明ける」と称しているようです。
 地方再生と違って、国家の戦略となると、国の在り方にかかわるスケールの大きな試みでなければならないでしょう。またそれは、国会での議論などを踏まえて、国民的合意を形成しながらやることでしょう。

 一民間教育機関に規制突破の特権と三十数億の利益を供与して、52年ぶりに獣医学部を新設することのどこに国家戦略があるんですかね?なぜ与えた相手が総理の親友なのかということと同時に、これのどこが国家戦略なのかということを、併せて説明してもらいたいものです。

 国家戦略特区と言えば、たとえば、江戸時代の出島のようなものではないでしょうか。全国一律の鎖国の例外として、特別な地域を設けました。加計学園の教育活動が、国の未来をどう明るくするのか、他の教育機関ではどうしてダメなのか、よくよくわかるように説明してもらいたいものです。

 日本の国の戦略ではなく、アベさん個人の権力奪取の戦略ではないですか、国家戦略特区というのは?

 などと思ったので、今日もやはりレッドカードを出さなければなりません。(マンネリ化したので出したくないのですが・・・)

red card sm.png


 さて今日は、「安保法制を廃止し立憲主義を回復する埼玉12区の会」の呼びかけによる「駅頭宣伝」が18時からありました。私は夕方は(家事その他で)忙しく15分くらいしかいられなかったのですが・・・

IMG_4683.jpg


IMG_4685.jpg

 3日のスタンディングよりも盛大でした。20人ぐらいいました。埼玉土建関連の若い人が数人いらしていて、頼もしく思いました。
 4コマ漫画のところをトリミングしますね。
IMG_4686tr.jpg
 やはり、字までは見えませんね <(_ _)>

IMG_4687.jpg

 みなさま、ご苦労様でした!

 本日は以上です。以下おまけの写真・・・といきたいところですが、うっかりカメラが手許になくて、先日PCにストックしたこの一枚だけです。立派なバッタ(たぶんトノサマバッタ)が草むらから飛び出してきたので収めました。

DSCF3137.jpg

 本日もありがとうございました。

nice!(10)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 時事問題 ブログトップ