So-net無料ブログ作成
検索選択

内閣改造?首班が変わらなければ意味がない! [時事問題]


 民放各局、報道系各番組に呆れています。明日の内閣改造の予想に明け暮れてます。

 アベ政治は内閣を改造すればどうにかなるのですかね。問題の大半は総理自身にあったんじゃないですか?森友の問題は、昭恵夫人が親しくしていたところに、加計の問題は総理自身の腹心の友のところに特段の配慮をした。国民・文化人・有識者の間に反対の多かった特定秘密保護法も、安保法制も、共謀罪法も、総理自身が旗振り役でしたからね。
 アベ総理に愛想を尽かしている人が多いのではありませんか?支持率が顕著に下がってきたのもその表れでしょう。それをなんとか挽回しようとして内閣改造を総理はやるわけですが、そのお先棒を担いで、やれ誰は留任だの、誰は初入閣だの、女性閣僚はどうだの、サプライズはあるのか・・・など、何を期待して連日予想ごっこをしているのか、まったくもって呆れます。

 茶の間のみなが、知らぬ間に興味を持ってしまいますがな。そして、大臣になることがそんなにすごいことなのかと、尊敬の眼差しで見るようになってしまいますがな。
 大臣なんか偉くはないんだと言いたいわけではありませんよ。偉いか偉くないかは、なってから判断することであって、なること自体に価値があることではありませんがな。NHKなどは、どこ出身の誰が何大臣になったと、明日になると仰々しく報道するんですよ。そんな報道よりも、当たり前の活躍をするかどうか、なってからあとをしっかり報道してもらいたいものです。

 アベ総理に愛想を尽かしている者としては、内閣改造なんかに何の興味もありません。組閣できる地位に未だにあることに違和感を覚えます。

 久しぶりにレッドカード! 本日は以上です。

IMG_4718.jpg


nice!(12)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感