So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

インパール作戦に思う [日本考]


インパール作戦(1944年3月に日本陸軍により開始され7月初旬まで継続された、援蒋ルートの遮断を戦略目的としてインド北東部の都市インパール攻略を目指した作戦のことである。補給線を軽視した作戦により、多くの犠牲を出して歴史的敗北を喫し、無謀な作戦の代名詞として現代でもしばしば引用される。Wikipediaより)では何万という兵に言語に絶する悲惨な死に方をさせることになりました。同胞の民の命を、今生の体験を、一顧だにせず、ただ国家の戦略の駒として無惨にも使い果たしました。

このころの作戦本部の、あるいは指揮官の頭にあるのは、人の持つ精神的能力を知・情・意に分けるなら、そのうちの、勝とうとする意欲だけだったと言えると思います。
人に備わった知と情が麻痺していたと言えるのではないでしょうか。
勝つために知が働いていない。生ある生身の人間に対して情が働いていない。

「意」だけでは良い結果が得られないばかりか、人として大変間違った行いをしてしまうという、この作戦だけでなく、第二次大戦を遂行した大本営のやり方は、そういう悪しき例ではなかったかと思います。

731部隊の人体実験もそうです。化学的知見を動員していますから、知は働いているとしても、人としての情が、まったく麻痺してしまっています。
治安維持法で、共産主義者や文化人を弾圧しましたが、これは、日本社会の知と情を機能させなくしたものです。

そんな社会は、戦争に勝つという目的すら達成できないのです。
そればかりか、「一億玉砕」などと言えば、相手国からも、日本人=戦う兵、と見なされ、東京大空襲をはじめ、市街地が無差別に攻撃されることにもなってしまうのです。広島、長崎への原爆投下の口実にもなってしまったのです。

もちろんそういう判断の下、無差別に爆撃をした米側にも問題がありますが、一億の人間の有する精神力の知と情が、麻痺状態となり、戦争に勝つことのみを願う意志の塊となってしまうということは、豊かであるはずの人間の精神を自ら放棄して、鬼畜となってしまうという愚かなことなのです。

そんな方向に社会を向かわせてはなりません。

以上が本日のメッセージです。

本日のおまけの写真は、久しぶりに顔を出したお日様にカメラを向けてみました。ただ白くなっちゃったので、サンバイザーを通して再挑戦しました。ファインダーは覗きませんでしたよ。

IMGP0339.jpg


IMGP0341.jpg


nice!(8)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

政治改革を急がねば、政治後進国日本! [日本考]

 8月6日、広島原爆の日に「統合失調症、日本」という記事を書きました。唯一の被爆国で、毎年、核兵器の非人間性を世界に訴える式典を行っている日本なのに、その政府は、国連でようやく採択された「核兵器禁止条約」に参加していないというちぐはぐさ、足並みの乱れを指摘したものです。

 なんでこんなにバラバラなのだろう、まとまりがないのだろうと思うのです。ばらばらと言えば、あれだけの被害者を内外に産み出した悲惨な戦争の評価も、まとまっているようで、実はちっともまとまっていないのです。これについては、後日改めて書くことにします。
 なぜまとまらないか、なぜ、まとまらないまま世界に情報を発信して平気なのか、そこが問題だと思うのです。

 その答えの一つとして、6日の記事では「島国根性」を挙げました。島の中で支配的地位に着くことが人生のテーマになってしまっていて、外の世界に対して自分たちがどういう存在なのかを考えることが、二の次、三の次になってしまっているのではないかと書きました。日本は敗戦国で戦勝国が厳然と存在しますから、そこに取り入ることが支配的地位に着く手っ取り早い方法です。そういう処世術で人生を渡る人にとっては、多くの国民の願いなど汲み取る必要がないのです。「非核三原則」とか言って、適当に納得させておけばいいのです。それも、最近は核の傘に入っていることを明言し、それ故、禁止条約には参加できないという態度になりました。

 いい加減な人たちです。自分たちが日本を代表する政府で、日本国民の意志を取りまとめて政策を立案し施行しているという認識がまったくないのです。
 あるのは、自分たちはこの島の支配者で、選挙で支持を取り付けるために玉虫色のことをいろいろ言うが、議員になって議会の過半数を取った暁には、自分たちの思うことをバシバシ法制化して、国民を従わせればよいという思い上がった考えだけなのです。

 自民党の国会対策関係の人たちを見ればよくわかります。いかに自分たちに都合よく議会を運営し、都合のよい結果を早く出すかということしか考えていません。もう、見るからにそういう顔をし、そういう発言をしています。野党や国民の疑念など、取るに足りないことで、相手にしていないという風情です。これでは、政府のやることは、いつでもカタバイ飛行です。

 議員があれではなあ、弱ったものだと思うのです。そう言えば、日本の政治家というのは、みな、ああいう素養を持っている人たちではないか、つまり、自分や、自分の仲間に都合のよい結果を導き出す達人ではないかと思うのです。そういう人たちの中で、もまれもまれて国会議員にまで上り詰めるのですから、みな、要領のよい人たちです。
 要領がよいとは、よい結果が出たときには自分の手柄を強調し、負の結果が出たときには、その責任はなるべく負わないようにする、そういう才能に長けている人たちです。そんな人たちが集まって政治をしている、これでは日本国はよくならない。それはあまりにも目に見えています。

 困ったものです。どうすりゃいいのさ、思案橋・・・

 今朝、ファルコ84さんが8月12日に書いた「デンマークの政治を見習いたい」という記事を遅まきながら拝読したのです。
 http://falco84.blog.so-net.ne.jp/2017-08-12
 するとそこには、
【 デンマークの国会議員の年収は国民平均所得の750万円で大卒よりも低いそうだ。
地方議員に至っては無給のボランティア!
つまり政治で甘い汁を吸おうとする金儲けのための政治家などはいないということ。
対して日本の議員は3200万円、この例にならえば450万になり、そうすれば庶民の気持ちも分かるようになるはず。
デンマークの選挙制度は政党に投票する比例代表選挙のみ・・・ 】 とあったのです。

 目から鱗です。日本は政治家、つまり議員の報酬が多過ぎるのです。多いから要領で議員になろうとする。我欲が強く要領のよい者の働き場が政治の世界ということになります。これではよい政治は期待できません。
 一方、デンマークでは、人のために、デンマークのために、世界の平和と発展のためにアイディアを持つ人が議員を目指す、あるいは人の推薦を受ける。そういう人たちが政治の世界で活躍する。

 政治の世界から何が産み出されるか、両者の間には雲泥の差があるでしょう。日本は政治制度が悪すぎませんか、遅れすぎていませんか?制度を変えないと、いつまでも無益な国会質疑が続き、国民の意思を反映しない法律ができ、場合によると憲法まででき、与党一派の都合のよい政策ばかりが実施されかねません。

 政策の立案や調査・研究などの政治活動には、平均所得以上の費用がかかるのは明らかですが、この点は、政党交付金などの公的資金が、使途を限定したうえで利用できる制度があればクリアできるでしょう。

 政治改革の必要性を痛感しました。

 本日のメッセージは以上です。

 以下は昨日の灯篭流し。小雨にも負けず行われましたので、市内を流れる星川を、川下から灯篭の流し元まで上ってみました。

DSCF4152.jpg

DSCF4161.jpg

DSCF4167.jpg

DSCF4168.jpg

DSCF4170.jpg
 これは川下を望んでいます。流した灯篭について歩いて行っています。

DSCF4175.jpg

DSCF4176.jpg

 いよいよ流し元です。
DSCF4177.jpg

DSCF4178.jpg

 トリミングします、風情があるので。
DSCF4178tr.jpg

 慰霊の設備が調えてありました。
DSCF4180.jpg

DSCF4182.jpg

 72年前の8月14日から15日にかけて空襲を受け、熱さのあまり川に入った人がたくさんいたそうです。そこに焼夷弾が落ち、油が広がり、火の海となって多数の犠牲者が出てしまいました。お線香を上げて、謹んでご冥福をお祈りしました。

 終りまでお付き合いいただきありがとうございました。
 ファルコ84さん、よい記事をありがとうございました。

nice!(10)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

「熊谷空襲を忘れない市民の会」ラジオに出演 [おしらせ]


 ここ数日子守りの用事が少なくて時間がありました。昨日は別タイトルのブログ記事を二つ、今日も一つ書きました。これは今日の二つ目です。

 今日のニュースは、地元の「熊谷空襲を忘れない市民の会」の代表が、今日の午後4時に文化放送に生出演されたことです。私もカーラジオでしっかり聴くことができました。

 番組は終戦記念日の特集で、終戦間際に空襲を受けた小田原などいくつかの都市の一つとして熊谷が取り上げられ、同会の代表の米田さんがインタビューを受けるという形で約10分お話をされました。
 熊谷は、1945年の8月14日の深夜から翌15日の1時過ぎまで七十数分にわたりB29の爆撃を受け市街地は焦土と化したのでした。米田さんは、「亡くなった人が266名、負傷者が15390名、市内を流れる星川で多くの犠牲者が出た」ことなどを美声で淀みなく説明されていました。(人数は記憶しそびれましたので、Wikipedia に依ります)

 米田さんは御年72歳、女性の歳は普通はわざわざ言わないものですが、この方、熊谷が空襲を受けたこの日にお生まれになったそうで、昨日が誕生日、日本の戦後の年数と同じ72歳というわけです。お生まれになったのは影森だそうで、お母さんが家に帰ってみると自宅が丸焼け、ショックでお乳も出ず、泣いてばかりいたそうです。

 私もよく知らなかったのですが、「熊谷空襲を忘れない市民の会」はホームページがあり、月一の定例会やそこで決まった行事の計画などが詳しく載っていますのでご紹介します。詳しいことはそちらをどうぞ。
 http://www.peace-kumagaya.org/

 本日のメッセージは以上です。以下はおまけの写真です。ご近所の玄関前のプランターです。
DSCF4151.jpg


DSCF4151tr.jpg


 本日もお付き合いいただきありがとうございました。
nice!(12)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

受け皿づくりが大事です! [おしらせ]


 今日は8月12日、日航機の墜落事故のあった日です。520人も亡くなられました。あれから32年経ちましたが、まだまだ気の重い日です。ご冥福とご遺族の方のご多幸をお祈りします。

 と昨日書き始めました。この事件、マスコミはもうまったく問題にしていないようですが、何かと謎が多く、どう書いたらよいやらと思案に暮れているうちに、夕方の用事の時間になり、そのまま、毎年恒例の花火大会見物に行ってしまいました。

 花火大会の件はまた後日に回すとして、日航機墜落事件の謎については、幸い majyo さんが取り上げてくださいましたので、そちらを参考にしてください。
 http://majyo1948.blog.so-net.ne.jp/2017-08-12

 この事件は謎が多く、真相がわからないままです。問題は、その国の体質が変わらぬままだということです。520人もの尊い命の犠牲を産み、世界最大の航空機単独事故だというのに、真相が解明されないままというのはどういう裏があるからなのか、裏の蓋が取れないうちは、真の民主主義、国民主権ではないということです。

 そんな状況で、アベ政権は、ますます裏を多くし、政治を闇の中にしまうために、特定秘密保護法を作り、「テロ等」を頭に冠して組織犯罪準備罪取締法を作り、国民の活動を委縮させる方向に急速に進んでいます。

 閣僚を数人入れ替え、前より思慮分別がありそうな内閣を組みましたが、それは、前がひど過ぎたからそう見えるだけです。本質はまったく変わっていません。あのような方向性を持つ総理大臣に国を任せておくことは百害あって一利なしです。

 では総理が代わればよいかと言えば、あの政治を一強として支えてきた自民、公明は最早、国民にとってまったく頼りにならない政党であることが判明してしまいました。

 アベ自公政権の後にどんな政権を作るか、そこに日本の将来がかかっています。つまり、受け皿です。受け皿ができなければ、自・公+アルファの政治が続くだけです。

 受け皿として都議選で飛躍を遂げた都民ファーストの会の延長線上に「日本ファーストの会」を若狭議員が立ち上げたことが注目されています。ここに、民主党を離党した細野議員が加わるのではないか、ここが受け皿になるのではないかとの期待もあるようです。

 しかし、脱アベならば、脱自民ならばよいというものではありません。我々は、民主主義や国民主権に反する、戦前回帰の国家主義政治が続くことを警戒しなければいけません。つまり、日本会議の主張に沿うような政治は、同じ穴のムジナなのです。

 つまり、受け皿なら何でもよいのではないのです。基本政策が大事なのです。そこを問わなければなりません。それをはっきりさせなければなりません。

 その一助となるように、まことに拙いながら立ち上げたサイトが「ポスト自公政権の受け皿に求めるもの」です。
 http://seiken-check.blog.so-net.ne.jp/

 このサイトが一助としての役割を果たすかどうかは、一重にその注目度にあります。今のところは残念ながら、注目度が高いとは言えません。このサイトの5分の1から、10分の1程度しかありません。

 是非とも、あちらのサイトにも足をお運びくださいますようお願い致します。またご意見、ご感想、アドバイスなどお聞かせください。

 今日のメッセージはそんな我田引水でした。

 以下はおまけの写真です。
 昨日は朝から曇天、時々小雨でしたが、2時ごろ薄日が出てきましたので蝉取りではなく蝉撮りにちょっと公園に出かけました。
 途中、例のサンジソウ、オシンソウともいうやつです。2時では丸い粒です。
DSCF4041.jpg

 電線に、たぶんヒヨドリです。
DSCF4043.jpg


 アブラゼミ見つけた。
DSCF4049.jpg

 二匹目もアブラゼミ
DSCF4050.jpg

 同じ蝉を真横から
DSCF4051.jpg

 オッ、ミンミンゼミを見つけた。と思って撮ったら、右側にアブラゼミもいました。
DSCF4052.jpg

 もう.一匹ミンミンゼミを捉えました。
DSCF4055.jpg


 本日は以上です。花火の写真はいいのが撮れているのかどうか、後日・・・
 お付き合いいただきありがとうございました。

nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

国税庁長官の罷免を求める署名運動 [おしらせ]

 今日は幸い雨も降らず、猛暑でもなかったので、お墓の草取りに行ってきました。
 二か月行ってなかったので・・・
DSCF4031.jpg

DSCF4032.jpg

DSCF4036.jpg

 でも、両手でどんどんむしると、10~20分で草は取れました。
 花を活けて
DSCF4037.jpg

DSCF4038.jpg

 出来上がりです。
DSCF4039.jpg

 陽は陰っていましたが、汗はびっしょりかきました。帰りの車の中で、しっかり涼みました。


 ところで、今朝開けたメールに「お願い:佐川国税庁長官の罷免を求める1万人署名運動:森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会 事務局 」というのがありました。どういう関係でどなたが送ってきたのかわからないのですが、あのでたらめな国会答弁で国税局長官に栄典してしまうのは、どう考えてもよろしくないと思っていたので、署名運動に興味を持ちました。もうご存知の方も多いのかもしれませんが、そっくりコピペします。

【 私達 森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会 では「佐川国税庁長官(前理財局長)の罷免を求める1万人署名運動」をやっています。(詳しくは 森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会 http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/1-2e8c.html を参照願います。)このお願いはこの運動を進めている私達の関係者から紹介された皆様に
にBCCでお送りしています。(署名済みの方や重複の場合は平にご容赦ください。)(発信者:森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会 事務局
http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/  )

佐川宣寿国税庁長官(前財務省理財局長)は国会で「森友問題」の答弁で「知らぬ存ぜぬ」「資料はハイキ」「売却価格を決める前に具体的金額を出して交渉していない」と明言していました。しかしNHKのスクープや籠池氏の録音データによりこの答弁が完全な虚偽であることが明らかになってしまいました。
------佐川長官、異例の就任会見なし 「諸般の事情で」------
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/
ann?a=20170808-00000046-ann-soci

8/1日から8/14日の2週間で1万人を目標にしています。皆様方にもご検討いただきご賛同及び知人・友人に拡散希望していただければ幸いです。
ネット署名フォームのURLは http://bit.ly/2uCtQkK です。
8月9日現在 署名数は2508筆(ネット署名)となかなか拡がっていきません。このため失礼ながら皆様にお願いメールをお送りさせていただいております。ご配慮のほどよろしくお願いいたします。
--------------------------------------
日刊ゲンダイと田中龍作ジャーナルで紹介されました。

佐川国税庁長官に森友“虚偽答弁”疑惑 市民団体が罷免活動|日刊ゲンダイ https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210877

田中龍作ジャーナル | 【森友疑惑】佐川国税庁長官 罷免求める署名 http://tanakaryusaku.jp/2017/08/00016430

-----------------------
■署名運動のポイント■
国税庁長官の任命権者である麻生財務大臣宛に次のことを申し入れるというものです。
 日本国憲法第15条第2項が「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の
奉仕者ではない」と定めた公務員の適格性を著しく欠く佐川宣寿国税庁長官を直
ちに罷免すること
■なぜ佐川氏の罷免要求をするのか?■
 下記の署名用紙に3つの理由を挙げていますので、ご覧ください。署名用紙は、 http://bit.ly/2ub1F8W をダウンロードしてご覧のうえ、お使いください。
■なぜ今、罷免要求なのか?■
 *真相を隠したウソの国会答弁は許されない!
7月25日以降のNHKほかの報道により、佐川氏が国会で虚偽答弁をしたことが明らかになりました。(詳しくは署名用紙の(1)をご覧ください。)
 *トカゲのしっぽ切りは許されない!
籠池夫妻を逮捕、取り調べるだけで国有財産を不当な格安で売却した近畿財務局の違法行為、そうした行為の証拠となる交渉記録を廃棄した行為をかばい続けた佐川氏を糾さないまま、佐川氏を、国民の納税財産を預かる国税庁長官にとどめるのはカゲのしっぽ切りであり、許されません。
■署名の方法は?■
 *署名の集約日は8月14日です。署名は次のいずれかでお送りください。
用紙の郵送:〒134-0083 江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ
 渡邉 力 宛 
*ネット署名:下記URLの<以下はネット署名です>のところに記入して「送信」をクリックしてください。メッセージもお願いします。
ネット署名フォームの短縮URLは http://bit.ly/2uCtQkK
 です。
*この署名に関するお問い合わせは次へお願いします。
E・メール:moritomosimin@yahoo.co.jp
 
お急ぎの場合は、電話:070-4326-2199(10時~20時) へお願いします。
詳細は http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/1-2e8c.html
 
国政と国有財産を私物化した政府、近畿財務局を必死にかばい続けた佐川前理財局長に対する私たち主権者の怒りの声を結集しましょう!
--------------------------------------     】
 以上です。私はさっそくリンク先に行って、ネット署名してきました。

 本日の記事は以上です。お付き合いいただきありがとうございました。


nice!(12)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

統合失調症、日本 [日本考]

 今日は8月6日、広島に原爆が投下された日です。

【 広島は6日、被爆72年目となる「原爆の日」を迎えた。広島市中区の平和記念公園では午前8時から平和記念式典が開かれ、広島市の松井一実(かずみ)市長が「平和宣言」を読み上げた。7月に国連で採択された核兵器禁止条約に触れ、日本政府に「核保有国と非核保有国との橋渡しに本気で取り組んでいただきたい」と求めた。一方、続いてあいさつした安倍晋三首相は、条約に言及しなかった。】朝日新聞デジタルより

DSCF4017.jpg


 あのNHKも、国連で中満泉事務次長が、被爆者の不断の努力を結実させようと粘り強く交渉を重ね、核兵器禁止条約の成立に尽力したことを伝えました。一方、アメリカの核の傘の下にあることから、この条約に参加しなかった日本政府の対応を非難めいて伝えていました。

 日本政府は、国連での核兵器禁止条約に、アメリカの核の傘に入っているからという理由で参加しませんでした。しかし、戦争での唯一の被爆国である日本は、被爆地広島と長崎で、原爆廃絶を訴える平和式典を、内外の要人を招き、72年間欠かさず行ってきました。一般国民の大多数も、この言語を絶する被災を共有し、同じ思いで8月6日と9日を迎え、核兵器の犠牲者が再び出ることのないことを祈ってきました。

DSCF4013.jpg

DSCF4014.jpg

DSCF4015.jpg


 こうした国民の思いとは裏腹に、政府は日米安全保障条約を結び、万一日本が侵略された場合には、アメリカの核兵器によって報復するという関係を結び、それ故、核兵器禁止条約には参加できないという政府の見解を内外に示しました。

 日本という国は一体何なのだ?というのが素朴な疑問です。どう見ても二律背反です。『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』を書いた矢部宏治さんが、同書の冒頭(13頁)に「日本の政治家や官僚にはインテグリティがない」という見出しで「人格上の統合性、首尾一貫性」がない人間を、アメリカ人は最も軽蔑していると書いていたことを思い出します。

 よくこういう矛盾したことを平気で表明できると思います。通常は、日本はどういう国として、どういう国の在り方をめざして歩んでいくか、国民の意思を妥当なところに統合して、その総意を背景に国が営まれていくものです。日本はそれがまったくなされていません。

 敗戦国ですから、傀儡政権が日本国民をだましながら統治しているという面もあるかもしれませんが、それだけではないような気がします。統合ができていないことを恥ずかしいと思わない神経があるような気がします。

 人が集まれば、考え方は様々です。多様性があるのは当然のことで、意見がまとまらないことはよくあることです。内輪もめもあります。そのうちの議会の比較多数派が政府を作り、その意見が国の見解として示されます。外から見たらまったく支離滅裂でも、一向に構わない。外から全体としてどう見えているのか、全体としてこの国がどこに向かって歩もうとしているのか、そういうものが見えなくてもまったく構わない。国を牛耳っている一握りの人の意見で国が動いていく。それでいいと思っているのです。

 民主主義というのが分かっていないという言い方もできますが、そういう理性的な問題以前に「島国根性から未だに脱け出していない」という見方もできると思います。
 島国というのは、外国が遠いので、そこが一つの世界なのです。世界にはいろいろな立場の人がいます。色々な意見があります。世界をまとめる必要はないのです。その中で、自分の立場を高くすれば、自分の意見を優先させれば、それでいいのです。

 島の外が、世界が、見えていないのです。世界の中で日本がどうあるべきか、そこに考えが及ばない。
 日本の中で支配者になればいいのです。立身出世をして、**事務次官になれば、国税局長官になれば、政治家ならば**大臣になればいいのです。いくら他の多くの人が核兵器廃絶に熱心に活動していようと、いくら日本が唯一の戦争被爆国であろうと、いくら外国の人が異様に感じようと、そんなことはどうでもいいのです。「日本は、支離滅裂、どうなってんの?」と世界中が奇異の目で見ても、恥ずかしくもなんともないのです。もともと統合しなければならないという、そういう価値観がないのです、為政者に。
DSCF4016.jpg


 いつまで島国に住んでいるの?と笑ってやるしかありませんねぇ。こんなことをいつまでもしていると、本当に取るに足りない変な国として、存在感を失いますよ~。瑞穂の国が消滅してしまいますよ~

 大切なことは、世界人類の理性に認めてもらうことではないでしょうか?

 お目め直しに
DSCF4012.jpg


 本日もお付き合いいただきありがとうございました。
nice!(14)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

畑の風景 [たまには photo news]


 最近、政治のことでは、これまで、アベさんによって自民党、国会、内閣がすっかり乗っ取られたなあ、と思っていましたが、実は、日本会議が40年かけてジワジワと日本乗っ取りを進めてきたことを知り、いろいろな思いが浮かんでいます。でもこれは簡単には書けないので、後日に回します。

 昨日は久しぶりに子守りがてら、女房殿の実家の畑に行ってきました。何枚か写真を撮ってきましたのでそれを掲載します。

DSCF3986.jpg
 ヘリアンサスでしょうか、よくわかりません。

DSCF3988.jpg
 シオカラトンボでしょうか、チャンス到来とばかりシャッターを切ったのですが、透明な翅がうまく写っていません。
DSCF3989.jpg

DSCF3990.jpg


 オッ、トンボが止まったと思ってシャッターを切ったのですが、さて、これは何?
DSCF3991.jpg


DSCF3992.jpg


 さて、これはなんの花?
DSCF3993.jpg


DSCF3995.jpg
 オクラの花でした。

DSCF3996.jpg
 月見草です。

DSCF3997.jpg
 アオクサカメムシでしょうか

DSCF3998.jpg
 自衛官の幼虫?

 本日は以上です。
nice!(12)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

8月3日スタンディングとお知らせ [おしらせ]


 8月の3日、例のスタンディングの日です。今日は前回同様ビラは用意しませんでした。代わりに、午前中は例の「ポスト自公政権の受け皿として確認したい基本政策」のアンケートを地元の政治家さん、二か所に置いてきました。この件はいずれ「ポスト自公政権の受け皿に求めるもの」
http://seiken-check.blog.so-net.ne.jp/ のほうでご報告します。

 本日のスタンディング風景です。
DSCF3979.jpg

 いつもは逆光で顔まではうまいこと写らないのですが、今日は曇天で、お顔までバッチリ写ってしまいました。そこで今日は小さいサイズでいきます。写っている方が4名、あとDoBitcH さんと私、計6名でした。

 集まった方からパンフレットをいただきましたので、写真で紹介します。日付順に。
DSCF3983.jpg


DSCF3982.jpg
 主催:民主主義とくらしを考える会
 http://demolife.wpblog.jp/
 
DSCF3980.jpg


DSCF3984.jpg
 上のパンフレットの裏面です。

 本日は以上です。ご訪問に感謝します。

nice!(16)  コメント(10) 

内閣改造?首班が変わらなければ意味がない! [時事問題]


 民放各局、報道系各番組に呆れています。明日の内閣改造の予想に明け暮れてます。

 アベ政治は内閣を改造すればどうにかなるのですかね。問題の大半は総理自身にあったんじゃないですか?森友の問題は、昭恵夫人が親しくしていたところに、加計の問題は総理自身の腹心の友のところに特段の配慮をした。国民・文化人・有識者の間に反対の多かった特定秘密保護法も、安保法制も、共謀罪法も、総理自身が旗振り役でしたからね。
 アベ総理に愛想を尽かしている人が多いのではありませんか?支持率が顕著に下がってきたのもその表れでしょう。それをなんとか挽回しようとして内閣改造を総理はやるわけですが、そのお先棒を担いで、やれ誰は留任だの、誰は初入閣だの、女性閣僚はどうだの、サプライズはあるのか・・・など、何を期待して連日予想ごっこをしているのか、まったくもって呆れます。

 茶の間のみなが、知らぬ間に興味を持ってしまいますがな。そして、大臣になることがそんなにすごいことなのかと、尊敬の眼差しで見るようになってしまいますがな。
 大臣なんか偉くはないんだと言いたいわけではありませんよ。偉いか偉くないかは、なってから判断することであって、なること自体に価値があることではありませんがな。NHKなどは、どこ出身の誰が何大臣になったと、明日になると仰々しく報道するんですよ。そんな報道よりも、当たり前の活躍をするかどうか、なってからあとをしっかり報道してもらいたいものです。

 アベ総理に愛想を尽かしている者としては、内閣改造なんかに何の興味もありません。組閣できる地位に未だにあることに違和感を覚えます。

 久しぶりにレッドカード! 本日は以上です。

IMG_4718.jpg


nice!(12)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

VFP Japan のパンフレットのご紹介 [おしらせ]


 今日はVFP Japan のパンフレットをご紹介します。

 25日火曜日にVFP Japan から3通メールをいただきました。

 一通目は
【 7/22に行われた「日本と周辺地域の危機を読み解く」講演会
に、お忙しくて行けなかった方に朗報です!

本日 7/25の18時から下記のURLで、配信されます!!
急なお知らせで恐縮ですが、
無料で観れるのはおそらくこれっきり(配信後は有料視聴可能)
なので、興味のある方はお見逃しなく

以下のリンクからご覧いただけます。
IWJさんのご支援もどうぞよろしくお願いします♪
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

VFPジャパン事務局 】

というもので、拡散したかったのですが間がなく、大急ぎで自分だけは10分ぐらいでしたが拝見しました。講演の趣旨と雰囲気を知ることができました。

 二通目、三通目は
【 ・・・先日は7月22日の講演会をブログでご紹介いただきまして誠にありがとうございました。
お陰さまで多くの方にお越しいただき、良い勉強会となりました。・・・当会のパンフレットと会報(PDF)をお送りさせていただきます。
設立したばかりの当会を多くの方に知っていただけたら、という思いで、メンバーと試行錯誤しながら作成いたしました。
会報はメンバー限定でございますが、今回は特別にお送りさせていただきます。
・・・  
PS パンフレットと会報のファイル2つを添付しましたら、送信不可になりましたので、二つに分けてお送りします。
どうぞよろしくお願いします。

VFPジャパン事務局  N.Y.  】

 というわけで、25日にパンフレットと会報をPDFファイルでいただきました。これが素晴らしいので、どうにかしてブログで紹介しようと思案していました。
 結局PDFファイルを記事原稿に載せる方法はわからず、それならばと、素朴に、パソコン画面にフルスクリーンモードでPDFを開き、その画面をカメラで撮って載せることにしました。会員限定の会報は遠慮して、パンフレットのみをご紹介します。読みにくいとは思いますが、中身はいいですから、悪しからず・・・m(_ _)m
 A4、4ページなのでしょうか
DSCF3948.jpg


DSCF3952.jpg


DSCF3953.jpg


DSCF3951.jpg


 本日は以上です。

nice!(14)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -